魚料理と簡単レシピ

痩せる/無料占/無料着ウタ
県民性診断/ニキビ/副収入
心理テスト/美白/敷礼金0円



記事の内容
*前へ | 次へ#

水切りヨーグルトのスモア 、 水切りヨーグルトの作り方
2015/09/30 12:00

画像

人気ブログランキングへ画像


∩・∀・)こんにちは〜筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ〜
今日は簡単スイーツレシピを紹介させて頂きます。マシュマロと水切りヨーグルトを使ったスモアです。

スモアはアメリカのキャンプデザートで、キャンプでは焚き火で焼いたマシュマロをチョコと一緒にクラッカーに挟んで食べるデザートだそうです。思えば映画のスタンド・バイ・ミーでマシュマロを焼いてるのを観たのがスモアを知ったきっかけだったような気がします。焼いたマシュマロはとろりとして美味しく、私もキャンプに行った時に何度も試しましたが、子供がとても喜ぶ味だと思いました。ですが、私にはちょっと甘いなあ〜ってのが本音でして、今日のスモアでは水切りヨーグルトをマシュマロと一緒にクラッカーにのせて焼きます。こうすると水切りヨーグルトの酸味が甘味をおさえてくれて、私でも美味しく食べられます。

水切りヨーグルト

水切りヨーグルトはプレーンヨーグルトの水気を切ったものです。作り方は簡単でして、ペーパータオルを敷いたザルにプレーンヨーグルトを入れ、一晩置くと水が出て固形分と水分に別れます。固形分が水切りヨーグルトで、水分がホエイ(乳清)になります。固形分の水切りヨーグルトはクリームチーズの酸味を強くしたような感じで、使い方はクリームチーズとほぼ一緒。同様に使うことができます。さっぱりした酸味で美味しく、クリームチーズより材料費が安くてローカロリーナノが嬉しいところです。

水切りヨーグルトの作り方

材料

プレーンヨーグルト

ボウルと大小のザル、ペーパータオル(リード)を用意します。

画像


ボウルの上に小さなザル、大きなザルの順にのせ、大きなザルにはペーパータオルを被せます。

画像
画像

ペーパータオルの上にプレーンヨーグルトを入れます。

画像
画像

このまま冷蔵庫で一晩、水切りしてもいいし、プレーンヨーグルトをペーパータオルで包み、上に皿を数枚のせて重石にすると2時間位で水が切れます。

画像

水が切れたら固形分はタッパーに入れて冷蔵保存します。

画像

水分の方はハチミツなど混ぜてドリンクにするのもいいし、私は焼酎を割るのに使ってます。水切りヨーグルトを使ったレシピ、スイーツは下の方にレシピへのリンクを掲載します。

水切りヨーグルトのスモア

材料 4人分

水切りヨーグルト 小さじ12 / マシュマロ 12個 / クラッカー 12枚

作り方

1)クラッカーに水切りヨーグルト小さじ1とマシュマロをのせます。

画像


2)オーブントースターのトレイに1)をのせ、オーブントースターでマシュマロに軽く焼き目がつくまで焼きます。

画像 

焼き目がついたらできあがりです。マシュマロは焼き目がつきはじめるとすぐに焦げるので、目を離さないようにして下さい。コゲると不味いです。

画像

画像

画像

水切りヨーグルトのスモアの完成です!オーブントースターで焼いたマシュマロは焼けると膨らんでまるまるとなります。それを見るとすぐに食べたくなりますが、すぐに食べると口の中を火傷しちゃいます。で、少し冷めたところで食べますが、冷めるとマショマロが縮んじゃうのがご愛嬌。でも、この状態でも中は熱々です。食べると焼きマシュマロのとろりとした甘さとバニラの香りが口に広がり、その後に水切りヨーグルトの酸味がきて甘味をおさえ、さっぱりとした後口を残してくれます。これなら甘いのが苦手な人も食べられるんじゃ?と思います。うちの家族は全員これが好きで、マシュマロ、クラッカー。ヨーグルトは常備状態です。お暇な時にでもお試し下さい。


画像画像 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)画像

画像
水切りヨーグルトとアンチョビのピザトースト

画像
餃子の皮で作るマシュマロタルト

画像
チョコマシュマロトースト

画像
マシュマロトースト

画像
ホエーとミニトマトのゼリー

画像
ほうれん草とヨーグルトのミニキッシュ

画像
フルーツブランデー・プルーン&クリームチーズとナッツのカナッペ

画像
まぐろとアボカド、水切りヨーグルトのわさび海苔巻き

画像 
水切りヨーグルトカナッペ

画像 
まぐろとアボカド、水切りヨーグルトのわさびしょう油かけ

画像 
アスパラと鶏むねのサラダ、水切りヨーグルトソース

画像 
黒豆煮の水切りヨーグルトカナッペ 

人気ブログランキングへ  





*前へ | 次へ#

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

ログイン


Powered By FC2ブログ