スポンサーリンク

  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~アジのなめろうでございます。「なめろう」はアジやイワシ、トビウオ等の背が青い魚を包丁で粘りが出るまで叩き、味噌や葱、大葉、茗荷、生姜などを混ぜた料理です。調理法としては「アジのたたき」等と似ているのですが、違うのは「粘りが出るまで叩く」事と、味噌で味をつけるところですね。鰺の梅肉たたき「なめろう」って名前が面白いんですが、粘りがあるからって説と、美味しいんで皿まで舐... 続きを読む
  • ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~新玉葱チャンプルーでございます。新玉葱をゴーヤチャンプルー風に豚肉、豆腐、卵と一緒に炒めました。実は親戚が農家やってまして新玉葱を大量に頂いたんです。大量消費しないといけないんで取り合えず、ちゃちゃっと炒めることにしました。ゴーヤチャンプルーや野菜炒めのコツは強火でサッと加熱する事だと思ってます。強火でさっと火を入れたいから、野菜の切り方も火が入りやすいように、素材別、... 続きを読む
  • ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~youtube動画「WALKING TOUR」の紹介です。はぎぞうさんの「ボクナゾ@なぞなぞポエム」で見て激しく感動したので転載させていただきます。皆さんご存知の「千の風になって」、テノール歌手・秋川雅史さんが歌われています。私のお墓の前で 泣かないでくださいそこに私はいません 眠ってなんかいません千の風に千の風になってあの大きな空を吹きわたっています秋には光になって 畑にふりそそぐ冬はダ... 続きを読む
  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~今月は月初めにブログタイトルを「魚料理と簡単レシピ」にかけかえたんで、魚レシピ行きます!!「鮭のムニエル」でございます~いわゆるバター焼きですね。先日、冷蔵庫をあさってたら冷凍の鮭を発見!!嫁さんに、「これって塩鮭?」って聞いたら、塩じゃないって言うんで、この日の酒の魚は「鮭のムニエル」に決定しました。この手のフライパン物の魚料理は、塩コショウして小麦粉をまぶし焼く... 続きを読む
  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~しめ鯖のやまかけでございます。今回のは市販のしめ鯖に長芋のとろろをかけただけ。メッチャ簡単なんですけど美味いんです。私、しめ鯖は半殺しくらいが好きで(酢が余り入ってない奴)、酢の強いのはイマイチ苦手なんですが、やまかけにすると酸味が柔らかくなって美味しく頂けるんです。作り方はとっても簡単。市販のしめ鯖と、長芋トロロを用意します。(大和芋トロロの場合は出汁で少し伸ばす... 続きを読む
  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~「小鯛のとろろ蒸し」でございます~前回の「小鯛の酒蒸し」に続いて蒸し物レシピです。(・∀・)何時もの如く、同じネタで引っ張ります!!「小鯛の酒蒸し」は小鯛を丸ごと酒蒸しにしました。今回はすりおろした長芋をかけて蒸しますので、小鯛を3枚におろして、小骨も抜いて作ります。(・∀・)ノ 「おもちゃのひろくん」、骨が無いから食べやすいですよ。材料は1人分     小鯛     3枚... 続きを読む
  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~前回、処理した小鯛を酒蒸しにします。過去記事→ 「小鯛の酒蒸し まずは下処理 」酒蒸しってのは下処理した魚、貝類、鶏肉等を昆布の上に乗せ、酒、塩をふって蒸す調理法で、出来上がったのを醤油、ポン酢などで頂きます。ポン酢で食べる場合は「ちり蒸し」って名前になるようです。今回、使う天然小鯛は臭みが少ないんで、酒蒸しにはバッチリの素材です。「小鯛の酒蒸し」材料  1人分    ... 続きを読む
  •   ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~今回は小鯛の酒蒸しでございます。先日、嫁さんにブログネタが欠乏してるんで、安い魚あったら買って来て!(・∀・)ノって頼んでたんですよ。そしたら、買って来てくれました。天然小鯛1パック98円!!(5匹入り)思わず やすっ!!(゚Д゚)y って叫びましたよ。鮮度もとても良い!!ただみたいな値段です。煮付け、唐揚げ用って書いてありましたが、小さいんで酒蒸しにすることにしました。酒蒸... 続きを読む
  •  ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~今回はフライパンで焼いたローストチキンレッグ(骨付き鶏腿肉)です。骨付きの鶏腿肉をタレに漬け、片栗の衣を付け、フライパンで焼きました。先日、嫁さんがパート先から冷凍の骨付き鶏腿肉を貰って来まして、( ´・ω・)ノ 大して良い肉じゃないけど何か良い料理法ナイ?って聞くもので、固い肉なら柔らかくなるような料理法が良い(例えば煮込み)。でも、気分は焼きだなあ~って事で、マリネしてか... 続きを読む
  • ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~筍の塩タレ炒めでございます。筍料理と言えば、まずは煮物ですよね→若竹煮そして前回、記事にした梅肉和え上の2つの料理には筍の柔らかい所を使いました。残った根元の方は固いので、小さく刻んで筍ご飯に使うと良いんですが、薄く切って炒めても美味しいです。今回は薄くスライスして、市販の塩タレで炒めました。筍料理って言うと日本酒ってイメージですが、塩タレで炒めるとビールにも、とても合う... 続きを読む
  • ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~前回の若竹煮に続き、筍レシピです。今回はタケノコの姫皮を使った「姫皮の梅肉和え」です。筍の姫皮は筍の先っぽの部分で、薄い皮が何重にも重なっている部分です。薄い皮が何重にも重なっているんで、十二単に例えて「姫皮」って言うらしいですね。何となく竹つながりで、かぐや姫を思い出しちゃいます。先っぽが姫皮ゆでた姫皮を切った所薄い皮が何重にも重なっていますね。ここは柔らかくて美味し... 続きを読む
  • ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~筍(たけのこ)の煮物、若竹煮でございます。若竹煮は旬の筍の香りを生かすように薄味で煮た煮物です。筍(孟宗竹)の旬は4~5月。4月も半ばを過ぎれば安く出回りはじめますので、手に入ったら是非、作りたい一品ですね。若竹煮    レシピ材料   筍         新鮮な物、皮付きの方が良い。     ワカメ       塩蔵のものを水で戻す。     木の芽       あっ... 続きを読む
  • この記事は、→魚料理  お刺し身  1  「柵(さく)取りまでの下こしらえ」 の続きです。現在、22位←人気ブログランキング∩・∀・) 皆さん、こんにちは~家庭で造る「お刺身」、基本の切り方です。刺身の切り方は大きく分けると「平造り」と「そぎ造り」があります。平造り平造りは最も一般的な刺身の切り方です。まな板に魚の柵を置き、柵の右から真直ぐに切ります。「平つくり」は「引きつくり」とも言います。これは包丁を真... 続きを読む
  • この記事は「魚のおろし方の基本2」の続きです。  ∩・∀・) 皆さん、こんにちは~魚料理と言えば、日本人ならまずは刺し身でしょう。「魚料理は鮮度しだい」ってレシピ本には必ず書いてありますが、正にその通りで鮮度が美味しさの決め手です。(魚によっては刺し身でも、2~3日熟成させた方が美味しい物もある) 鮮度が良ければ、焼き魚も、煮魚も蒸し魚も美味しい。しかし、鮮度の良い魚なら何と言っても刺身が1番だと思い... 続きを読む

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。