スポンサーリンク

鯛あらと春雨のスープ煮 作り方とレシピ

鯛あらと春雨のスープ煮14
人気ブログランキングへ 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。
皆さん、お元気ですかあ~
今朝は肌寒かったですね。佐賀は、ここ数日、天候不順で今日も風が強く、日が差したり曇ったりの天気です。
日がさしている間はあったかいけど、日がかげると寒いです!!
先週が暑かったらギャップがすごいですね、ただ、肌寒かったおかげで朝の筋トレは汗をかかずに住みました。

こう寒いと暖かい物が食べたくなります。
鯛のあらを使って鯛あらと春雨のスープ煮を作りました。
ちょっと前にですね、はるはるさんのブログで鯛あらとエビの中華春雨スープを見て美味そうだなあって思ってたんです。
幸い、鯛あらは冷凍してるのがあるし春雨もある、冷凍のベーコンもあるんで材料も大丈夫。

魚のあらを使ったスープを作るとき、気になるのは魚の生臭さでしょう。
鯛の吸い物を作って「生臭くなっちゃった・・・」って事、ありませんか?
生臭さをおさえるには霜降りをしましょう。
霜降りってのは魚に熱湯をかけ、表面だけにさっと火を入れること。
冷水ですぐに冷ます事で表面だけを固めます。
この処理をすることで旨みを封じ込め、生臭さをおさえる事ができます。
霜降りをする、しないで臭みが全然違いますから試してみてね。

鯛あらと春雨のスープ煮12 そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


鯛あらと春雨のスープ煮       作り方とレシピ

材料二人分

鯛のあら            1尾分
生シイタケ           2枚
長ねぎ             1本
春雨               60g 
厚揚げ             1パック         
ベーコン             50g

水               800cc
日本酒             50cc
コンソメ              1個         
薄口醤油           大さじ半分杯  
塩               小さじ1杯 
昆布茶            茶さじ2杯  
ポン酢            大さじ1杯  
コショウ            適宜
生姜              1かけ分の皮

鯛あらと春雨のスープ煮1

  
①鯛あらの下処理をします。
鯛あらは頭を半分に割り、中骨は3~4つに切り分けます。
(魚屋さんで切り分けてある物を買いましょう)
バットに並べ軽く塩を振り(全体に)15分ほど水出しします。

水出ししたら霜降りです。
鍋にたっぷりの湯を沸かします。ボールに氷水も用意します。
頭は湯に3秒漬け、冷水で冷まします。
中骨は表面が白くなったら冷水にとります。

鯛あらと春雨のスープ煮2

冷水で冷ましたら表面の汚れ、ヌメリを手でこすり落とします。
頭はうろこを取り除き、エラの付け根、目の裏辺りにある血の固まりを取り除きます。

鯛あらと春雨のスープ煮3

頭の割り方、霜降りのやり方は「鯛の潮汁の作り方」に写真つきで紹介してますので、そちらをご覧くださいませ。


②鍋に水800ccを入れ沸騰させます。
沸騰したら日本酒と霜降りした鯛のあらを入れてください、火加減は強火です。

鯛あらと春雨のスープ煮5

再び沸騰したら、鍋底から軽く泡が立ち上がるくらいの火加減で10分煮ます。


③その間に春雨、野菜の下準備をしましょう。
春雨は湯掻き柔らかく戻し、冷水で洗い、ぬめりを取ってざるにあげます。
シイタケは石突きを切り取りスライスします。
長ねぎは白い部分を斜めにスライス。
ベーコンは薄く切り一口大に。
厚揚げも一口大に切ります。
長ねぎの青い部分5センチくらいを斜めに薄く刻み、水に晒しておきます。
生姜は洗って皮を剥いてください。


④2の鍋に調味料、シイタケ、厚揚げ、長ねぎ、生姜を入れ7~8分煮ます。

鯛あらと春雨のスープ煮6

野菜に火が入ったら春雨も加えましょう。

鯛あらと春雨のスープ煮7

春雨に色がついてきたら塩コショウで味を調えて出来上がりです。
深めの皿に盛り付けてください。

鯛あらと春雨のスープ煮11

すこし、コショウを利かせたほうが美味いですね。
味付けは潮汁よりカナリ濃い目、春雨や厚揚げが入るんで濃い目の方が良い感じです。
今回はやっていませんが具を取り出したあと、スープに水溶き片栗粉でとろみをつけてかけたら、もっと暖まるスープになりますので、冬場はとろみつきがお勧めです。


そんじゃ~またです(・∀・)ノ~~~



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!!


人気ブログランキング←投票お願いします。

スポンサーリンク

コメント

ちどりん

鯛の旨味を春雨に吸わせるのはいい考えですね!
私もさっき、飛び魚の中骨でお澄ましつくったいましたw
お刺身にしたあとの骨がもったいなくて・・・。
どこまでも貧乏症・・。
この鯛の春雨スープは飲むってより食べるって感じですか?

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

筋肉料理人

ちどりんさん、こんにちは~
添うそう、飲むってより食べる感じですね。
だから春雨を多目にしてます。
飛魚のお澄ましもいいですね。
骨はもったいないですよ。
丁寧な仕事する店は骨も干してから骨煎餅にしてますよ。
干してから揚げるとサクサクです。

筋肉料理人

秘密のコメントさん、こんにちは~
例の施設の件でしょ、やっと片付いたみたいですね。
周辺の方々が心配してましたが、解決してよかったです。
その施設まで私の自宅から車で20分くらい、
近くは無いんですが安心できます。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.