スポンサーリンク

ぺペロンチーノ風ソーメンチャンプルー   作り方とレシピ

赤帯ソーミンチャンプルーt1
人気ブログランキングへ 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。
皆さん、お元気ですかあ~
こちら佐賀県は今日も梅雨の中休みです。
昨日等は入道雲が出たりして、もう夏!?って感じでした。
今月に入って商売の方が暇です!!(´∀`|||)
危機的状況で拙いなあと思いつつ、ブログ更新できる時間が取れるのは有難い複雑な気分です。
夜の居酒屋バイトも平日はとっても暇、こちら佐賀県は農繁期で暇なのは仕方ないんですが、昨晩は近所でイベントがあったらしく、めっちゃ鍛えられました。バタバタと暴れるように料理して何時の間にか11時過ぎって感じ、久々に疲れましたね。
疲れたときには疲労回復効果のあるゴーヤーレシピいっちゃいましょう。
とっても美味しい佐賀県産赤帯ゴーヤを使った、ぺペロンチーノ風ソーミメンチャンプルーです。
ソーメンチャンプルーは沖縄の郷土料理ゴーヤーチャンプルーのバリエーション的な料理ですね。
ゴーヤーチャンプルーはゴーヤーと豆腐が入ってますが、ソーミンチャンプルーは素麺と野菜、沖縄じゃスパム缶が入るのかな?
今回作ったのはソーミンチャンプルーっぽい料理って事で、味のポイントにニンニク、鷹の爪、ツナ缶、オイスターソースを使ってます。過去記事で作った赤帯ゴーヤチャンプルーとほぼ同じ味付けです。

赤帯ソーミンチャンプルー18

お味は勿論ですが、色目、見た目も重視して作ってます。と、言うのもこれは㈱アグリさんから頂いた赤帯ゴーヤを使って作ったレシピ試作品なんです。だから味は勿論ですが、見た目が綺麗じゃ無いといけなかったんですよ。

(・∀・)最初ね~コチュジャンでパンチのある味付けにしようと思ったけど、
    コチュジャンを使うと色がですね~濃くなっちゃうんでこれにしました。


素材はゴーヤ、玉葱、赤ピーマンを使い、これで緑、白、赤でしょう。これにプラス炒り玉子で黄色。
赤、黄、緑、白です。あとは黒が入れば完璧なんですが、ゴーヤの緑が鮮やかなんで、それでよしとしました。
赤黄緑、これが入ると見た目が華やかになるから試してみてね。

赤帯ソーミンチャンプルー19 そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


ぺペロンチーノ風ソーメンチャンプルー   作り方とレシピ

材料 1人分
素麺(乾麺)            70g
豚肉スライス            50g 
ツナ缶(オイルタイプ小缶)    1/2缶
玉葱                 1/4個 50g位
ゴーヤー               50g(中くらいのゴーヤ1/4個) 赤帯ゴーヤを使いました。
赤ピーマン              1/2個 
玉子                 1個
ニンニク               1かけ
鷹の爪                1本 種を取り除く(品種により辛さが違いますので、お好みで使ってください)
塩                   適宜
コショウ                適宜
花鰹                 小さいパック1袋(3~5g)
オリーブオイル           大さじ1と1/2杯

合わせ調味料
オイスターソース           大さじ1杯
薄口醤油               大さじ1杯
味醂                  大さじ1杯

赤帯ソーミンチャンプルー1

①素麺を湯掻きます。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、固めに素麺を湯掻きます。
これはソートー固めがいいです、長浜ラーメンで言うところのバリ固麺ですね。

赤帯ソーミンチャンプルー2

指定の湯で時間が2分なら1分弱でザルにあげ、冷水で手早く冷まし、麺のヌメリを麺をもんで取ります。
麺をもんでいると麺に腰が出てくるのがわかると思います。

赤帯ソーミンチャンプルー3

冷めたらザルにあげ、水気をよーく切ります。
水気を切ったらツナ缶(オイルタイプ)のオイル半分を回し掛け、菜箸で混ぜてツナのオイルを馴染ませます。
このまま暫く麺とオイルを馴染ませます。
こうすると炒めた時に麺が団子になりにくく食感が良くなります、そして下味にもなりますよ。
(・∀・)ここポイント1ですね。

赤帯ソーミンチャンプルー4


②野菜と合わせ調味料の準備をします。
ゴーヤーは半分に割り、スプーンでワタと白い部分をこそぎ落とします。
それを2~3mm幅にスライスしてください。赤帯ゴーヤはそのまま使っても大丈夫、ゴーヤーが苦手な方は塩もみするか、海水程度の塩水(水500ccに塩大さじ1杯)に15分晒した後、水気をぎゅっと絞って使います。

玉葱は細めのくし切りにして下さい。→赤帯ゴーヤチャンプルー

赤ピーマンは半分に割り種を取り出し、千切りにします。

ニンニクは皮を剥き包丁の腹で潰します。

鷹の爪はハサミでヘタを切り取り種を取り出してください。 

合わせ調味料は小さなボールに混ぜ合わせておいて下さい。オイスターソースはちょっと固いので他の調味料と混ぜ合わせておいた方が使いやすいです。


③炒り玉子を作ります。
玉子を小さなボールに割りいれ溶き玉子にします。(予めボールを湿らせると卵液がくっつきにくいです)
フライパンにオリーブオイル大さじ半分をいれ強火で加熱、油がサラサラになってきたら溶き玉子を注ぎ、上から見て半分位火が入ったら手早く掻き混ぜ、半熟の炒り玉子にしボールに戻しておきます。

赤帯ソーミンチャンプルー5 赤帯ソーミンチャンプルー6


④③のフライパンの汚れをキッチンペーパーで拭き取り、オリーブオイル大さじ1とニンニクをいれ中の弱火にかけます。
ニンニクを黒く焦がさないようにいい感じの焼き目をつけていきます。
(・∀・)ちょっと手間ですがここがポイント2番目です。
ニンニクに焼き目がついたら火をとろ火にし鷹の爪を入れます。
すぐにオイルに色がついて香りが出てきますので、香りが出たらニンニクと鷹の爪を取り出しておきます。

赤帯ソーミンチャンプルー7 赤帯ソーミンチャンプルー8


⑤再び火を強火にし豚肉から炒めていきます。

赤帯ソーミンチャンプルー9

豚肉をほぐしながら炒め、豚肉の半分くらいの色が変わったら玉葱スライスを加えます。
玉葱も混ぜながら炒め、玉葱の表面に油がまわったらゴーヤーを加えて混ぜながら炒めます。

赤帯ソーミンチャンプルー11 赤帯ソーミンチャンプルー12

ゴーヤーの表面に少し透明感がでてきたら赤ピーマンを加えて一混ぜします。
続いて湯掻いた素麺とツナ缶半分を加えて混ぜます。
火は強火のままです。
炒めながら、ざっと混ぜ、合わせ調味料と花鰹(削り節)、コショウを加えて混ぜます。

赤帯ソーミンチャンプルー13 赤帯ソーミンチャンプルー14

調味料が馴染んだら味見をし、味が足りなければ塩とコショウで味を調えてください。
火を消し、③の炒り玉子を混ぜて出来上がりです。
皿に小高く山のように盛り付けます。その時にゴーヤーの緑、赤ピーマンの赤、炒り玉子の黄色がバランス良く見えるように盛り付けてください。
最後に天辺にニンニクと鷹の爪をトッピングして出来上がりです。
ニンニクはこうして使うと匂いが気になる時は残す事が出来ます。

赤帯ソーミンチャンプルー22

彩り鮮やかなぺペロンチーノ風ソーメンチャンプルーの出来上がりです。
お味のほうは過去記事の赤帯ゴーヤチャンプルーと似た感じですが、こちらの方が相性がいいかもしれないです。
イタリアンな油使いと中華と和の調味料の組み合わせは、日本人好みの味の定番的なものだと思います。
ゴーヤーは苦味がありますが、オリーブオイルとツナ缶のオイルでマスクされ食べやすくなってます。ゴーヤーの苦味は塩で揉んだり、水晒しするより油多めで調理した方が食べやすくなるような気がします。
その時はヘルシーな油を選んで料理しましょうね。
そんじゃ~またです(・∀・)ノ~~~


 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!!


人気ブログランキング←投票お願いします。

スポンサーリンク

コメント

にゃこ

最近、主人が食欲なくて。
梅雨なのに夏バテ気味です。

でも、このメニューなら食欲増進してくれそう。
ニンニクパワーに頼ってみます!。

カゼノオ~

なるほどっ!
パスタの要領ですね!
DOM子もたまに素麺を炒めた様な感じのする
不思議な食べ物を出しますが
麺にオイルを混ぜる!
これが足らなかったのですよ!

筋肉料理人

にゃこさん、こんにちは~
おお~~そうでしたか!
ニンニクパワー&ゴーヤーのパワーで元気が出ますよ。
最近、毎日ゴーヤーを食べてますが体の調子がいいです。
ゴーヤーは凄い野菜ですよ。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
カゼノオ~さん、こんにちは~

そうです、パスタの要領ですね。
素麺の場合、どうしても麺がべたつきますので、
湯掻いた後にしっかり水切り、その後にオイルを絡める、
そのまま15分以上、できれば1時間くらい寝かせて馴染ませるといいですよ。

SATOKO

初夏ですね。
夏を先取りしたメニューですね。
いつもの素麺が沖縄&イタリアンのmixで不思議な一品に。
おいしそうです~♪
これは、やってみたいです。
たぶんビーフンよりおいしいんじゃないかな。
パスタだと、夏は、お湯をたっぷりぐらぐら火にかけるから暑いんですよ。
そうめんなら1~2分だもんね。

記事にも書かれていましたが、最近、写真のグレードが上がり、
なおかつ、写真映りのいいお料理ですね、これ。

PS.テンプレがまたかわっています。
おさかなさんカムバック!ですね。

筋肉料理人

SATOKOさん、こんにちは~
不思議だけど美味しいですよ~
油の使い方を工夫すると料理に深みが出ますね。
ここでは生ニンニクと鷹の爪を使っていますが、
イタリアンのガーリックオイルを使ってもイイですよ。

>そうめんなら1~2分だもんね。

そーなんですよ。
これは固めに湯掻くから1分も湯掻かなくていいです。
そして冷水で揉んだら水をよ~く切ってからオイルを絡めてください。
そしてオイルを絡めてからしばらく馴染ませてね。
そこがポイントみたいです。

テンプレ、元に戻しました。
元のを少し軽くなるように工夫してます。
あの努力は何だったんだ?って感じです。

占い師mecha

遅れましてございます(^^;
ゴーヤとニンニクでペペロンチーノなんですね。
(゚▽゚*)食欲が湧かない感じの時に最高です。
ソーメンって固ゆでするといろいろに使えますよね。
(^▽^)/赤帯ゴーヤってやっぱり食べてみたいです♪

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
ゴーヤと油は相性がいいですよね~
苦味がオイルでマスクされて食べやすくなりますよ。
それに栄養的にもオリーブオイルと脂溶性ビタミンはいいです~
ソーメン固ゆではいいですね!!使えます。
赤帯ゴーヤーはソートーお勧めですよ。
7月初旬には出回るそうです。

ton

おはようございます。
これは、わたしもやりますよ~~
パスタより早く湯がけるのでいいですよね★
筋肉料理人さんと似たようなレシピ作っていたなんて嬉しいです。

マヨネーズのきれいな線の作り方、勉強になりました。
一工夫でいろいろできるんですね。
料理しながら頭をフル回転させるといろいろなアイディアがでてきそうです。


>肩こりのための郷ヒロミさんお脚あげ腹筋のアドバイスありがとうございます。
びっくりされるでしょうが、
以前通っていたスポーツクラブのインストラクターの方に
「世にも珍しい筋肉のない人間」と言われました。
生まれて1度も腕立て伏せできたことないんです。
それで、筋肉のある男性が大好きなんです。。
病気にならないためにも日々精進で、頑張ります!

筋肉料理人

tonさん、こんにちは~
素麺って勝負が早くてイイですよね!!
tonさんもパスタ風に料理されていたとは嬉しいです。
マヨの線引きも便利ですよ。
こういう風に使うと便利だし、飾りになるし、マヨの量を減らせるんです。
そして、柚子マヨとかカレーマヨとか色々使えます。

体質的に筋肉が少ないんですね。
それは、急にハードな運動をしたらいけません。
少しづつ、少しづつ動かすようにしましょう。
私もこんな体してますが、どちらかといえば素質はあるほうじゃないんですよ。
何年も積み重ねてこのくらいです。
気長に気楽に運動しましょう。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.