スポンサーリンク

豆腐ステーキと鶏胸ピカタのフレッシュトマトソース    作り方とレシピ

豆腐ステーキ鶏ピカタトマトa03
人気ブログランキングへ 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は小雨模様ですが、雨のおかげでそれ程、寒くないので助かります。
今日も昨日に引き続きトマトを使ったレシピを行っちゃいます。
過去記事でつくった「チーズカリカリ豆腐ステーキ」と「鶏胸肉のピカタ」を盛り合わせ、これにフレッシュトマトソースをかけました。豆腐と鶏胸肉、トマト、オリーブオイルが主材料のヘルシーなのにボリュームがあるレシピで、付け合わせは湯掻いたホウレンソウを使っています。鶏胸肉は加熱するとパサパサになりやすいですが、玉子の衣をつけ、ピカタにすると水分が逃げないので柔らかく仕上がります。
美味しくてヘルシー、しかも、お安い材料を使っていますので、財布にも優しいレシピです。

そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!

豆腐ステーキと鶏胸ピカタのフレッシュトマトソース    作り方とレシピ

材料 4人分

鶏胸肉       1~2枚
木綿豆腐      1丁
玉子        1個
ホウレンソウ    1パック もしくはブロッコリー等
塩         適宜
こしょう      適宜
粉チーズ      大さじ1杯(玉子に混ぜる分)
粉チーズ      大さじ4杯(豆腐の衣に使う分)
小麦粉       適宜
マヨネーズ     適宜


トマトソース
トマト      200g
玉ねぎ       70g
ニンニク       1かけ
塩          小さじ1/2弱杯
砂糖         小さじ1/2杯
コショウ       適宜
オレガノ       小さじ1/4
ローリエ       1/2枚
オリーブオイル    大さじ2杯


①豆腐ステーキ用に木綿豆腐の水切りをします。
豆腐を縦半分、厚みを半分に切り、1丁を4カットします。全体に塩を振りかけてください。
塩の量はお握りにぱらぱらっとかける感じでいいです。
塩を振ったらバット、もしくは皿にのせ、重石をして水気を切ります。
チーズサクサク豆腐ステーキ2 → チーズサクサク豆腐ステーキ3
このまま15分以上水切りしてくださいね。
(・∀・)振りかけた塩には水を出す効果と下味付けの効果があります。
    重石の皿は豆腐がつぶれないくらいのを使ってね、重すぎるとつぶれるよ。



②フレッシュトマトソースを作ります。
過去記事→「だし巻きの手作りトマトソースかけ」と同じ要領でフレッシュトマトソースを作ってください。


③付け合わせの野菜を湯掻きます。今回はホウレンソウを使いましたが、他の野菜、ブロッコリーやジャガイモ、何でもお好きなものを使ってください。
ほうれん草を下茹でします。茹でる前に水に晒しておくと野菜に元気が出て、根元の泥が落ちやすくなります。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々を入れて沸騰させます。
塩の量は水1リットルに小さじ2杯くらいです。

チーズサクサク豆腐ステーキ4

根元の方から湯に漬け、茎が少し柔らかくなってから全体をつけます。
色が濃い緑になったらすぐにザルに移し冷水で冷ましてください。
冷めたら水からあげ、手で水気を絞ってくださいね。
水気を絞ったら5センチくらいの長さに切っておきます。
(・∀・)ほうれん草は根元が甘くて美味いから、
    泥がとれたら捨てずに食べましょう。
    湯掻く前に水に漬けとくと泥を落としやすいですよ。



④鶏胸肉を切ります。
鶏胸肉を一切れ20~25g位の大きさに薄広く削ぎ切りします。

豆腐ステーキ鶏ピカタトマト1 → 豆腐ステーキ鶏ピカタトマト2

削ぎ切りしたら、表裏両面に軽く塩胡椒を振ってください。


⑤まずは鶏胸肉のピカタから作りましょう。
ボウルに玉子1個を入れ、粉チーズ大さじ1杯を加え、よく混ぜてください。玉子の腰が無くなるまでよく混ぜます。
フライパンにオリーブオイル大さじ1杯(分量外)を敷き、中火で暖めてください。

豆腐ステーキ鶏ピカタトマト4

小麦粉をボウルに少量入れ、④の鶏胸肉煮小麦粉をまぶし、溶き卵に漬けます。
フライパンのオリーブオイルがサラサラになり、フライパンが温まったら火加減を弱火に落とし、玉子の衣をつけた鶏胸肉を焼きます。

豆腐ステーキ鶏ピカタトマト5

鶏胸肉同士がくっつかないように入れてください。弱火でじっくり焼きます。
玉子の衣の上面の端の方も固まってきたかな?ってところでひっくり返します。

豆腐ステーキ鶏ピカタトマト6

何度か返しながら綺麗な焼き目が付くまでじっくり焼いてください。綺麗な焼き目が付いたら皿に取り出しておきます。


⑥水切りした豆腐に粉チーズの衣をつけて焼きます。
チーズサクサク豆腐ステーキ6←拡大してね。
この豆腐は30分水切りしてます、30分で上の写真のように水が出ます。
水気をキッチンペーパーで拭き取り、塩は軽めに、ブラックペッパーは多めに振ります。
これに粉チーズと小麦粉の衣をしっかりとまぶします。
チーズサクサク豆腐ステーキ01
衣は豆腐全体にまぶしてね。

豆腐をフライパンで焼きます。
オリーブ油(分量外)を大さじ1杯入れ、中火にかけて油がサラサラになったら衣をつけた豆腐を入れてください。

チーズサクサク豆腐ステーキ7

豆腐を入れたらさわらずに1面1分目安でしっかり焼き目をつけてください。
時々、フライパン傾け、油をまわしてやるといいです。

チーズサクサク豆腐ステーキ8

こんな感じで全面に焼き目をつけます。
(・∀・)このまま食べても美味そうだよね~
焼き目がついたら盛り付けです。


⑦皿に豆腐ステーキ一切れ付け合わせの野菜、鶏胸肉のピカタを盛り付けます。
フレッシュトマトソースをかけ、マヨネーズで線を引いて出来上がりです。
マヨネーズはディスペンサーで細い線を引くと飾りになりますし、マヨの量を減らしてカロリーカットできて一石二鳥です。簡単ですので試してみてください→(マヨネーズの線引き→ディスペンサー →ビニール袋

豆腐ステーキ鶏ピカタトマトa01

豆腐ステーキ鶏ピカタトマトa04

串切りトマトの甘酢大根巻き、トマトとゴボウの炊き込みご飯豆腐ステーキと鶏胸ピカタのフレッシュトマトソースの出来上がりです!あっさりしたフレッシュトマトソースと豆腐、ピカタの組み合わせはヘルシーなのに美味しくて満足感があります。
加熱するとパサパサになりやすい鶏胸ですが、ピカタにすると柔らかく仕上がります。そして脂が少なくヘルシーですのでカロリー制限している時にも良いですね。オリーブオイルを使うので、その分のカロリーは乗りますが、オリーブオイルは動物性の脂肪と違って体にいいですからね。この位は食べても大丈夫でしょう。鶏肉に食べ応えが欲しいって方は鶏腿肉を使い、過去記事の「鶏腿肉のピカタ風」のように焼いてみてください。ボリューム、味、両方、満足して頂けると思います。
(・∀・)それでは皆さん、明日また、お会いしましょう。



家飲みのお供に! 「傑作おつまみレシピ」
お料理トレンド研究所、おうち居酒屋大研究



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!!

スポンサーリンク

コメント

リトちゃん♪

うれしいですっ^-^
ヘルシー胸肉のレシピ、
とっても参考になりますっっ
それに、おいしそうです!!!

夫婦共々、要注意なので、ぜひとも作りたいと思います。
 そうか。ピカタですね。
ヘルシーレシピ、ありがとうございます。

カゼノオ~

お早うございま~す♪
豆腐ステーキ!フレンチトーストみたいに綺麗な色ですね!
淡泊な味ですからどんな味付けにも合いそうですね。
ワインを添えて食べたくなります。


先日、とあるフォトコンに応募してみました。
最優秀の商品はPENなのです~
…が作品は在庫からという…|||(-∀-;)

占い師mecha

いいなー作ります♪
結構、手軽に出来そうですね(=^∇^)ノ
しかも、トマトソースが決め手ですね。
(^^ゞオレガノとローリエもあるのでやってみます。

筋肉料理人

リトちゃんさん、こんにちは~
そーです、ピカタですよ~
ピカタならパサパサになりにくいですからいいですよ。

筋肉料理人

カゼノオ~さん、こんにちは~
豆腐ステーキは粉チーズをつけて焼くといいですよ~
粉チーズでコクが出ますね。
フォトコンですか!
商品がPENなら私も応募したいですね~

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
手軽で美味しくていいですよ~
オレガノ、ローレスが決め手ですね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.