スポンサーリンク

トマトの冷汁丼 、 梅雨を乗り切るレシピです。

トマト冷汁丼09

人気ブログランキングへ 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は蒸し暑かったですよ~昨日が梅雨冷で少し肌寒かったので尚更、暑かった!こういう日が続くと段々、食欲が落ちてきます。そんな時にピッタリなレシピの紹介です。
私の地元、佐賀県みやき町は米作り、麦作りが盛んな町なんですがトマトのハウス栽培も盛んなんですよ。みやき町のトマトは全国的に評価が高く、中央で人気商品になっています。今日のレシピは、そのみやき町産トマトを使ったレシピです。トマトの冷汁丼をつくりました。
冷汁は言わずと知れた宮崎県の郷土料理。冷たい味噌汁で、夏場の暑気払いに食べる食べ物です。この冷汁を筋肉料理人風にアレンジしました。

冷たい味噌汁?味噌汁にトマト?!?(゚Д゚)ハァ?


って思われるかもしれませんが大丈夫です。
皆さん、学生時代、夏場にお腹をすかせ家に帰り、腹の虫をなだめる為に冷蔵庫の冷たい味噌汁を飲んだ事ありませんか?汗をかいて家に帰り、お腹をすかせて飲む冷たい味噌汁の味を思い出しませんかあ~

(・∀・)あれはしみじみ美味しいものです。
    東海林さんがご自身のエッセイでそう書かれておられます。
    わたくしも心から同意するものです。


そして、もう一つのポイントたるトマトです。
「味噌にトマトはどうしても許せん!」
そう言われる方もいらっしゃるでしょう。
しかしですよ、心を開いて食べてみてください。
心を開いてよかった~と思えますよ。
実を言うと味噌汁とトマトの相性はカナリ良い方だと思ってます。
トマトの酸味がカギで、熱い味噌汁の場合、トマトと汁を馴染ませる為、しっかり目に火を入れるといいです。トマトにしっかり火が入ると、トマトの酸味が心を開き、味噌汁と仲良くなります。
冷汁の場合、加熱しません。だから火を入れて仲良くさせる訳にはいきませんが、その代わり時間が全てを解決してくれるんです。最初、味噌汁とフレッシュなトマトは余所余所しく互いを否定していますが、時間が経つにつれ心の壁を開いて手をつなぎます。この、味噌汁とトマトが馴染む頃が食べごろです。最初は他人だった味噌汁とトマトが仲の良い友人になっていますよ。翌日にはべたべたの恋人同士になってるかも?

今回はこの意外に美味しい、トマトの冷汁を丼の冷飯にぶっかけ、冷汁丼にして頂きます。
本文に入る前に、お米もついでに紹介します。
佐賀県は米どころ、いろいろな品種のお米が作られていますが、昨年秋から新品種が仲間入りしました。佐賀県が開発した「さがびより」がそうです。

枝豆と南瓜のカレーそぼろ飯05 さがびより

「さがびより」は現在、みやき町でも生産されています。美味しいお米ですので、皆さん、食べてみてくださいね。

そんじゃ~ドーンっと(σ´∀`)σ行ってみよう!!

トマトの冷汁丼      作り方とレシピ

材料         4~6人分

トマト        1個 200g位
キュウリ       2本 200g位
豆腐         1/2丁
乾燥ワカメ        5g
アジの干物        2枚
刻み葱         適宜

出し汁        2カップ(400cc)
味噌         120g
すりゴマ       大さじ2杯
おろし生姜      小さじ1~3杯 お好みで

冷飯          お好みの量

※味噌の量はお好みで調整してね。


①まずはキュウリのイボを包丁でこすりとります。薄くスライスしてください。これをボウルに入れ塩をふりかけます。キュウリの重量の2%位で、キュウリ2本なら小さじ1杯弱です。塩を振ったら手で揉みましょう。しばらく置くとしんなりして水が出ますので、また混ぜてください。15分ほど置いたら水を捨て、汁気を手でギュッと絞ってください。こうする事でキュウリの青臭さをおさえます。

トマト冷汁丼02 トマト冷汁丼03


②トマトは1センチ位の角切りにしましょう、皮はつけたままでも湯むきしてもかまいません。お好みでどうぞ。
湯むきとはトマトの先っちょに包丁で少し切れ目を入れ、沸騰した湯に入れると皮がぺろりとむけます。これを冷水に落とすと簡単に皮がむけます。

トマト冷汁丼01

乾燥ワカメは説明書通りに戻し、食べやすく切ってください。

豆腐は厚手のキッチンペーパーで包み、水切りしましょう。


③アジの干物をグリルで焼いてください。しっかり火を入れ、焼けたら身をほぐします。
身は細かくほぐし、小骨と皮を取り除いてください。

アジの干物の代わりに鮭フレークをフライパンで空炒りして使ってもいいです。塩分がある場合がありますので、後で味付けを調節してください。

あじと大根の冷汁風うどん7


④味噌とすりゴマを混ぜ、スプーンでよく練り、アルミホイルの上に薄く広げます。これをオーブントースターもしくはグリルで焼き、軽く焼き目をつけてください。
味噌は焼けはじめると焦げるまで早いので、焼き具合をよく見ながら焼いてください。焦げすぎると苦くなるので注意してね。

あじと大根の冷汁風うどん5 あじと大根の冷汁風うどん6


⑤焼いた味噌を出し汁で溶いてください。味噌濾しを使い溶かすといいです。これにお好みでおろし生姜を加え、①のキュウリを手で固く絞って(味見して塩気が強い時は水で洗ってから絞ってください)加えます。
トマト、ワカメほぐしたアジも加えます。水切りした豆腐は粗く握りつぶして加えましょう。

だし汁はお好きな出汁で結構です。イリコ出汁でもいいし、カツオ出汁でもいいです。インスタントの出汁でもいいですよ~インスタントの場合は塩気がある場合がありますので、その時は味噌の量を調節してください。
一番だしの取り方は→一番だしの取り方

トマト冷汁丼06

このまま30分は冷蔵庫で馴染ませてください、できれば1時間以上です。時間が味をよくしてくれます。
味が馴染んだだら、丼に盛った冷飯(少なめがいいなあ)に冷汁をぶっかけてください。お好みで小葱を散らし完成です。

トマト冷汁丼08

まあ、黙って食べてみてください。
これからの暑い季節、冷たい冷汁丼をかきこむ幸せを味わう最適の季節になります。
汗だくの体にすうっと入りスタミナ源になってくれますよ。生姜も入れるんで温度的には冷たい食べ物ですが、血行が良くなり体にいいと思います。時間が馴染ませる味を試してくださいね。

(・∀・)そんじゃまた明日です。


家飲みのお供に! 「傑作おつまみレシピ」



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!




スポンサーリンク

コメント

SATOKO

高校の時
教わっていた数学の先生がトマトの味噌汁が好物って言ってたんです。
私はもちろん「え~~~?!」と驚いたのですが、
「いや、おいしんだよ~」と、語る先生。

レシピもわかんないし、その前にキュウリのスープで失敗していた私はトマトの味噌汁のトライすることなく、「今に至る」
のですが。

筋肉さんが教えてくれるのなら、作ってみてもいいかも。と、思いました。
トマトのスープは普通に食べてるわけだし。
冷製スープならもっといいかも。
ああ、やっぱりキュウリも入れるのですね。
だまされたと思って食べてみよう~!

筋肉料理人

SATOKOさん、こんにちは~
そーですか~
高校の先生が食べてらしたんですね。
トマトの味噌汁が微妙って方は、煮込み時間を長くするといけますよ。
煮込むと角がとれますから。
そして暖かい味噌汁より冷たい味噌汁の方がより美味しいと思います。
冷汁には旨みの元の鯵の干物を入れるんで、これも効きますね。

流離いの料理人

こんにちは
はじめまして

冷たい味噌汁も不思議ですが
具材のトマトも不思議です

サッパリした感じなのでしょうか?

占い師mecha

↑こんにゃくにコメントしようと
~思いましたが、これは暑い中で食指が湧きますね。
(^▽^)/トマトの酸味と胡麻と生姜と冷たい味噌。
もっと暑くなったら作ります(^^ゞ
魚も入ると1つで完璧な1食ですね☆

筋肉料理人

通りすがりさん、こんにちは~
はい、さっぱりした感じなんですが、
このレシピではアジの干物でコクを出していますから、
しっかり味の味噌汁に爽やかさを入れた感じになります。
暑い夏の暑気払いにいいですよ。

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
これは正直、美味いですよ!
梅雨が明けて、お日様がガンガン照りだしたら作ってみてください。
ソートーいけますよ。
いっぱい作っておいて翌日食べると更に美味しいですよ。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ