スポンサーリンク

新鳥栖駅開業記念レシピコンテスト & 手作りカッテージチーズ

サガン・カレー・ロールs14

 人気ブログランキングへ

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
皆様にビックなお知らせでございます。(僕的にはですが)
先日記事にしたサガン・カレー・ロールは来年開業予定の、新幹線新鳥栖駅開業記念レシピコンテストの為に作りました。先月末がレシピ提出の締切りで書類審査があっていたんですが、書類審査を通過しまして本選考に進みました~
書類審査を通りましたので24日、鳥栖市で開催される「第9回長崎街道まつり」でコンテストに参加してきます。コンテストでは試食による審査があるので、100名分!!の試食料理を用意します。試食には試食券が配られるそうで、試食券を持った方の投票と、長崎街道まつり実行委員会会長、鳥栖市観光協会会長、料理専門家による総合審査で優勝が決められるそうです。100名分の試食を用意するのは大変ですが、「長崎街道まつり」と同時開催ですので沢山の方が来られると思います。皆さんに「美味しい!」っていってもらえるように頑張ってきますね。お近くの方は是非食べに来てください。長崎街道まつりがあってますから、ドライブにもいいですよ。
当日のイベントについては鳥栖市観光協会のホームページを見てください。アクセスやイベント内容のお知らせがあります。
鳥栖市観光協会




トマトアスパラ焼きカレーうどん08

はじめてチーズを作りました。
昨日、記事にした「トマトとアスパラガスの焼きカレーうどん」はカレーうどんにチーズをのっけてバーナーで炙るんですが、せっかくの地場産レシピならトッピングのチーズも地場産でできない?って話になり、熟成させるチーズは無理だけど、フレッシュチーズならいける?とりあえずチャレンジしてみようか~って事で、自家製カッテージチーズ作りにチャレンジしました。テレビで農場の方が牛乳豆腐を作っているのを見たことはありますが、チーズ作りなんて当然、やった事がないからワクワクドキドキしながら作りましたよ。
最初、チーズを作ろうかって言われたとき、「どうやってつくんの?」って目が点になったんですが、牛乳ってタンパク質、脂肪分、各種ビタミン、カルシュームにミネラルで出来てるから、酢を加えるとタンパク質が凝固するんですね。豆乳にニガリを入れると固まって豆腐になりますが、牛乳は酢で固まってフレッシュチーズになるんだそうです。情報を仕入れ、ある方から本物牛乳を提供いただき、酢には地元産レモンを使って作りましたよ~


そんじゃ~さくっと(σ´∀`)σ行ってみよう!!


手作りカッテージチーズ        作り方とレシピ

材料

牛乳           1リットル できるだけ濃いの。
酢もしくはレモン汁    40~50cc

たったこれだけです!!
牛乳と酢、これだけで作れます。
出来上がるチーズの量は250g以上なので、手間はいりますがチーズを買うより安いです。これには、ちょっとびっくり!!


①まずは牛乳を温めましょう。
40度くらいでいいそうです。
(実は牛乳に生搾りを使ったので65度で30分、殺菌しました。しかし、よく考えたら酢を入れるので殺菌はいらなかったかなとも思えます。市販の牛乳に殺菌はいりません。)

トマトアスパラ焼きカレーうどん02 ←実は5リットル分作った。

トマトアスパラ焼きカレーうどん04 ←おっしゃ~41度。



②レモン汁を絞ります。
無農薬レモンでございます↓

トマトアスパラ焼きカレーうどん01 トマトアスパラ焼きカレーうどん03


③レモン汁を温めた牛乳に混ぜます。
様子を見ながら入れました。

レモン汁を入れるとだんだん固まってきます。

トマトアスパラ焼きカレーうどん05

固まり具合を見ながらレモン汁を加え、固形分がしっかり出たら漉します。


④サラシか厚手のキッチンペーパー(リード)をザルにかぶせ、そこに③を注いで水気を切ります。

トマトアスパラ焼きカレーうどん06

下の写真の左がチーズで、右のボウルに入ってるのがホエー(乳清)です。

トマトアスパラ焼きカレーうどん07

漉したチーズは少し食べてみて、酸味が強いようなら水で洗うといいでしょう。今回はボウルに水を入れ、その中にザルを入れて軽く洗いました。私的には酸味は好きなので洗わなくてもよかったです。

残ったホエーですが、これはとても栄養があるそうで、料理に使ったり、これを再利用してリコッタチーズが作れるらしい。情報を仕入れて挑戦してみたいと思います。

トマトアスパラ焼きカレーうどん09

出来上がったチーズは超ナチュラル!
これは体によさそうだ~って味です。サラダに使ったりしたらとてもいいでしょうね。職場の同僚の方が自宅で牛乳に生クリームを混ぜ、同じようにつくったらクリームチーズみたいになっていました。試食したらこれもいい感じでしたよ。自家製チーズは牛乳とポッカレモンがあれば簡単に作れます。30分もあれば作れるし、お金もかからないので試してみてください。面白いですよ~

(・∀・)そんじゃまた明日です。





このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

 人気ブログランキングへ

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!


スポンサーリンク

コメント

三十路オンナ

こんばんは!

そして、書類審査通過されたようで、
おめでとうございます♪

100人分、作るのは大変でしょうが、
頑張ってください♪

また、いい結果、楽しみにしています♪

占い師mecha

このカッテージチーズ(゚▽゚*)って
むか~し、千趣会の料理の本を定期購読していた時に、
(^^ゞ殆ど同じやりかたで作ったことがあったんですよ~。
しかし、この大量のレモンはすごい!

せいぜい2個くらいだった記憶があります。
自分で作ると感動もあって美味しいですよねー♪

レシピコンテスト、すごいです。
(^▽^)/着々と料理人の道を究めていますね☆

占い師mecha

・・・あ、イメージか
1リットルに・・という部分を思いっ切りすっ飛ばしました。
自分の過去の記憶も、そんじゃ~いい加減ぽいですね(^^;
大体、この量の果汁だとどんだけ~、作れるんだ?ってことに。
(××)大変にしつれーしました☆

筋肉料理人

三十路オンナさん、こんにちは~
ありがとうございます~
今日、さっそく、リハーサルをしましたよ~
コンテストで全力を尽くせるように頑張ります!

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
実は5リットルなんですよ~
要は固まり具合を見ながら加えるのが正解みたいですね。
そして、出来れば少なめにし、水洗いをしなくていいように、
これが大事じゃないかな?と思いました。
それと温度が高いと反応しやすいみたいだから、
温度の管理が大切でしょうね。
高すぎても低すぎてもいけないみたいです。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.