スポンサーリンク

豚軟骨と大根のぴり辛味噌煮込み

大根と軟骨のぴり辛味噌煮16

 人気ブログランキングへ

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は朝のうち雨模様で風がとても強かったです。
まるで嵐のように風が吹き、とても寒かったんですが、昼からはそれが嘘のように晴れて、暖かい日和になりました。天気予報を見ると、これから北日本方面が荒れるらしいので、そちらにお住まいの方は被害の無い様、ご注意くださいませ。

12月ともなると夜が寒いですね。
そんな寒い夜にぴったりの料理です。
豚軟骨と大根をピリ辛みそ味で煮込みました。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮02

豚軟骨は豚のアバラ、豚バラとか豚カルビの先端部分の軟骨とお肉の事で、居酒屋三などに行くと、たまにメニューにあります。よくある鶏の軟骨はひざ軟骨で、これは油で揚げると美味いですが、豚軟骨は煮こむと柔らかくなり、旨みも出て、とても美味しい物ですね。普通は醤油味で、豚角煮のような味付けをしてあるものが多いですが、今回は味噌+コチュジャンベースでピリ辛みそ煮込みにしました。
(・∀・)寒いと味噌味が温まりますからね。

作り方としては、ひたすら煮こめば柔らかくなるんですが、それではガス代が勿体無いし、時間も数時間はかかります。圧力鍋で時短しました。そして、一緒に煮る大根は皮ごと使っています。圧力を掛けるので、皮g付いていたほうが歯応えが残るし、味もいいように感じます。


そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


豚軟骨と大根のぴり辛味噌煮込み    作り方とレシピ


材料 3人分
豚軟骨        300g
大根         500g
長葱           1本

味噌         大さじ2~3杯
コチュジャン     大さじ1杯
醤油         大さじ1杯
砂糖         大さじ1~3杯
日本酒        50cc
水          500~600cc
昆布茶        茶さじ1杯

一味唐辛子      適宜

大根と軟骨のぴり辛味噌煮01

①まずは豚軟骨の下処理をしましょう。
たっぷりの水に豚軟骨を入れ、水から煮ます。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮03

沸騰してから5分から10分煮込み、アクと脂を出します。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮05

アクが出たらザルにあげ、流水で洗います。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮06


②大根はタワシで洗い、皮付きのまま一口大に切りましょう。
下の写真では大根を縦半分に割り、それを更に半分にし、一口大に切ってます。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮04

上の写真では大根の先の方を使っていますが、根元のほうが煮物にはいいかな。



③圧力鍋に大根と下茹でした豚軟骨を入れましょう。
日本酒50ccを入れ、具がひたひたに浸かる迄、水を入れます。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮07

強火にかけて沸騰したら、アクをすくい、蓋をしましょう。
ちなみに我が家の圧力鍋はフィスラーです。
もう、15年以上、20年位使ってるかも?
超、タフな圧力鍋です。
フィスラー 圧力鍋 ニュービタクイック 4.5L 「専用ガラス蓋22cm・蒸し器・三脚・料理ブック付き」 限定商品

大根と軟骨のぴり辛味噌煮08

圧力がかかったら火力を調整し、20分加熱してください。
20分経ったら火を消し、そのまま15分置きます。
圧力鍋の場合、圧力がかかっている間が加熱時間ですから、火を消してからの15分も加熱時間ですね。

15分、余熱で火を入れたら鍋を流水で冷ましましょう。
圧力が抜けたら蓋を開けます。

脂が浮いているので、穴あきお玉を使い、別鍋に具を移しました。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮09

ザルにリードをかぶせ、煮汁をこします。
こうすると、脂は軽いので、ある程度、脂がリードに残るんです。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮10


④鍋を火にかけます。
香りづけに長ネギの葉を少し浮かべました。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮11

昆布茶か昆布出汁を入れ、味噌で薄めに味付けします。これにコチュジャン、醤油、砂糖を加えましょう。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮12

この時点では薄い味にしておき、煮詰めて好みの味に調節します。
火加減は中火くらいでしいでしょうね。
ついでに長葱の茎もぶつ切りにしていれてます。煮込んだ葱は美味いですよね。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮13

好みの味に煮詰まったらできあがりです。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮14

濃い味にする場合は甘味を強くするといいですね。
トッピングに長ネギの葉を千切りにして水に晒し、みずけをぎゅ~っと絞ったものと、一味唐辛子をふっています。

大根と軟骨のぴり辛味噌煮19

大根と軟骨のぴり辛味噌煮17

今回、豚軟骨の形が崩れない程度に火を入れました。この位の火入れだと軟骨にコリコリした食感が残ってます。
味噌味の豚軟骨は結構、美味いです。
これって醤油味にすることが多いんですが、冬場には味噌味のほうがあってるかも知れませんね。大根の方は問題なく味噌味で美味いです。冬場にぴったりの酒の肴です。






(・∀・)ごちそうさま~
    そんじゃまた明日です。

豚軟骨と大根の柔らか煮01 豚軟骨と大根の柔らか煮

豚軟骨と大根の旨煮レシピ2 豚軟骨と大根の旨煮、煮玉子付き



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は絶好調発売中です!

スポンサーリンク

コメント

占い師mecha

仕事さぼってるワタシ(^^;
気分転換(って失礼ですよねー)に(^^ゞ
筋肉料理人さんのブログで夕飯ネタ拾いに来ました。
豚のナンコツって売っているんですねー。
かなり居酒屋っぽくて好きだな(゚▽゚*)

でも、うちの圧力鍋はド古いから重たいんですよ~。
タフな鍋は助かりますよね・・・(^ー^)v

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
居酒屋っぽいでしょう~
もうちょっと濃い味にすると、更に居酒屋風なんですがね~
圧力鍋はいいのを買うと長持ちしますね。
信じられないくらいもってますよ。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.