スポンサーリンク

いわしソテー・パセリソース

いわしパセリソース14

 人気ブログランキングへ

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
昨日はブログ更新を休んじゃいました。
昨日の午前中は職場のイベントで「凧つくり会」ってのがあって、うちの娘を連れて参加、午後からはヤボ用で帰宅したのが9時前。風呂に入ったらインディー・ジョーンズがあってるじゃないですか!思わず子どもと一緒にみて、気がついたら途中で寝てました。インディー・ジョーンズのシリーズは面白いですねえ。観てるだけで冒険心が沸いて来るって言うか、わくわくですよ。

今日の料理も鰯を使った料理です。
イワシを丸のままフライパンで焼きました。
イワシを加熱調理するとき、悩むのが内蔵をつけたま料理するか?それとも内蔵をとってしまうかです。前にも書きましたがイワシや秋刀魚はプランクトンを食べてるんで、胃の中には他の魚が入っていたりしません。(他の魚が入ってないから釣り針が入ってたりとかの心配がない→マトウダイの塩バター煮を見てね、腹に釣り針が入ってました)サンマの塩焼きって内蔵をつけたまま焼くでしょう、あれはその為ですね。そして内蔵には色んな栄養が詰まってるから、食べると体にいいんですよ。イワシも一緒です。新鮮なイワシなら内臓の臭みは少ないから、内臓ごと食べると体にいいし、内蔵をつけたまま焼くことで脂が落ちないから身も美味しいと思います。
とは言えまあ、イワシは好き嫌いがありますからね、苦手な方はワタを外して料理しても構わないと思います。


そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


イワシソテー・パセリソース     作り方とレシピ

材料 2人分
イワシソテー
イワシ             2尾 できれば刺身用がいいです。
塩               適宜 (小さじ1/2杯くらい)
コショウ            適宜
タイム             適宜 感想
ニンニク            2かけ
サラダ油            大さじ2杯
ミニトマト           4個

パセリソース
生パセリ            20g位 
オリーブオイル         大さじ4杯
塩               小さじ1/4杯
醤油              小さじ1/4杯
こしょう            適宜

いわしパセリソース2

①新鮮なイワシはウロコが付いていますので、流水で流しながらウロコをこすりとってください。
ウロコをとったらキッチンペーパーで水気を拭きます。
水気を拭いたら全体に塩、コショウ、乾燥タイムをふりかけましょう。タイムはスーパーに小瓶が売ってます。タイムはシソの仲間のハーブで、肉、魚の臭み消しに使われます。この後、ニンニクオイルでソテーするからない場合は使わなくてもいいです。

いわしパセリソース1

このまま15分位、冷蔵庫でなじませましょう。


②その間にパセリを刻みます。
茎も細かく刻みましょう。

いわしパセリソース3

ニンニクは皮をむき、包丁の腹で潰します。
ミニトマトはヘタを取って半分に切ってください。

いわしパセリソース4

このパセリをオリーブオイルで加熱してソースにします。
えええ~って量ですが、パセリはオイルで加熱すると癖がなくなるから大丈夫です。



③塩をふったイワシからは水が出ていますので、キッチンペーパーでくるみ、水気を拭き取ります。

フライパンにサラダ油(オリーブオイルでもOK)をいれ、中火でニンニクをフライにしましょう。

いわしパセリソース5

ニンニクに色が付いてきたらイワシを入れます。
イワシに触ると皮が剥げますので、触らずにフライパンを前後左右に傾けてアブラを回しながら、3分くらい加熱しましょう。火力は中火くらいかな。
途中、ミニトマトを切り口を下にして入れます。

いわしパセリソース6 いわしパセリソース7

イワシの表面に焼き目がついたら返しましょう。
ミニトマトも反します。
フタをして5分間蒸し焼きにしましょう。

いわしパセリソース8 いわしパセリソース9

焼けたらイワシとミニトマト、ニンニクを皿に移しましょう。
汚れたフライパンをキッチンペーパでふきましょう。だいたいでいいですよ~

いわしパセリソース10


④汚れを拭いたらオリーブオイルを入れ中火で加熱、パセリを加え、オイルとなじませます。

いわしパセリソース11

沸騰してきたら火を止め、塩、コショウ、醤油をたらしてソースの完成です。
皿に盛ったイワシにかけてできあがり!

いわしパセリソース13

いわしパセリソース15


筋肉料理人の「いわしソテーパセリソース」完成です~
わたしは新鮮ないわしが手に入ると、ついつい刺身で食べちゃう(前回の記事→なめろう)んですが、魚って本当は焼いたのが美味いんですよね~それも炭火の塩焼きが美味い。しかし、家で上手に炭火焼は、炭火熾しに1時間はかかります。その点、オイルを多めに使ったソテーは簡単で美味しいからいいですね。今回、内蔵付きで焼きましたから、ほろ苦いワタの味を十分に楽しみました。

関連記事
いわしとニンニクの芽バター醤油蒸し
秋刀魚のピカタ

(・∀・)そんじゃまた明日です。




このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



 僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖です。

スポンサーリンク

コメント

占い師mecha

ちょっとだけお久ぶりです
そっか、青魚ってこういう手もありますね(゚▽゚*)
簡単そうなので、パクリます!(笑)
風邪、やっと良くなってきましたか?
(^^;お疲れ様です~ホントに。

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
これは美味いですよ^
でも、鮮度が良くないと駄目ですね。
無理なく刺身で食べられる鮮度じゃないと美味しくないです。
風邪、治ってきましたよ~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。