スポンサーリンク

卵黄の醤油漬け 、 漬けたれに漬けました。

t卵黄醤油漬け3

 人気ブログランキングへ

こんにちは、筋肉料理人です!
まずは大震災で被災された方にお見舞いを申し上げます。
未だ救出されていない方が膨大な人数、いらっしゃいます。
一刻も早く救出されることを心より祈っております。
そして、現場で懸命に救出活動に当たっておられる全ての皆様、とても大変だと思いますが、救出を求めている方にとって、皆さんだけが頼りです。私たち一般人にはできない仕事です。どうか、頑張ってください。

私たち一般人に出来る支援ですが、一番必要なのは義援金の募金だと思います。募金は郵便局でできるし、セブンイレブン等でもできます。悲しいことに募金詐欺がちらほら出ているようなので、信用できる機関、団体に募金してくださいね。
物を直接送る支援については、被災地では必要とされる物資が刻々と変わっていくそうですので、自分で直接送ることはせず、都道府県の窓口で必要とされるものを確認し、求められるものを窓口から送るようにしましょう。



未だに救出されない方がいる中、料理ブログを再開するのは如何なものかとも思いますが、人は生きてる限り食べないといけません。ニュースを観ながら、親子、家族で被災者の方を気の毒と思いつつ三度三度、ご飯を食べていました。被災された方が、早く暖かい食卓を囲める日が来ることを祈りつつブログ再開します。

久しぶりに卵黄の醤油漬けを作りました。
先月のことですが「鯛漬けの菜の花ちらし寿司」って料理を作りまして、その時に「漬けたれ」を多めに作ったんですよ。漬けたれは刺身などを漬け込むタレで、しょうゆ、みりん、日本酒、昆布で作ります。これに練りゴマ(ゴマペースト)を混ぜると、博多の郷土料理「ごまさば」のタレになります。
このタレに卵黄を漬け込みました。
卵の黄身を醤油に漬けるとどうなるかっていうと、水分が吸いだされゼリー状になるんです。そして、水分が出る代わりにタレの味がはいり、もともと旨味たっぷりの卵黄が大人の珍味になるんですよ。正直、おこちゃま向けの料理でない大人の酒のつまみです。白ごはんやお茶漬けにのっけてもいいけど、やっぱり酒の肴かなあ~物が卵黄なだけに沢山食べるものではありません。ほんのちょっと食べるのが嬉しい酒の肴です。

漬けたれの作り方

まずは下の動画をご覧ください。
漬けたれの作り方と応用料理をのせております。

 鯛漬けの菜の花ちらし寿司

深めの鍋にみりん、日本酒を1/2カップづつをいれ、中火にかけます。沸騰させてアルコールを飛ばす。(この時、鍋に火が入らないように注意。もし、火が入ったらコンロの日を消し、蓋をして消しましょう)アルコールが飛んだら少し煮詰め、しょうゆ(たまりか刺身しょうゆ)を加え、一煮立ちしたら火を消します。昆布5gくらい入れて、昆布の旨味を入れます。余った漬けたれは瓶に入れて冷蔵しときましょう。翌日、翌々日には、もっと美味しくなってます。


t卵黄醤油漬け6 t卵黄醤油漬け5



卵黄醤油漬けの作り方


超簡単です。
湯のみなどに漬けタレをいれ、卵黄を落とすだけ。

t卵黄醤油漬け1

後はラップし、冷蔵庫で一晩から二晩寝かせると水分が吸い出されて、卵黄の色が黄色からあめ色に変わっていきます。お好みのところで皿に盛りつけていただきます。卵黄には表面に白身が残っていることがあり、その時は表面に膜があるので取り除いて盛りつけるときれいです。盛りつけるときは大葉を敷いたり、山芋のとろろなどの上に盛ったりすると、とてもいいですね。

t卵黄醤油漬け2

t卵黄醤油漬け4

料理ってほどのものじゃありませんが、酒飲みの心をくすぐる酒の肴です。
今回は漬けたれで作りましたが、醤油の原液そのままとか、醤油にみりんや日本酒を少し(2~3割)いれたり、甘いのが好きな人は砂糖を醤油と1:1で混ぜるとか、ニンニクや生姜のすりおろし、タカノツメを混ぜてもいいですよ。お好みで作ってください。
タレの再利用は、もう1回くらいならそのまま使えますが、水分が多くなってきますので、火を入れたり、ある程度のところで煮魚や炒め物の味付けに使うといいでしょうね。


被災された方、救助作業に携わる方、原発で命がけで復旧作業をされている方々。
まだまだ辛い大変な日々が続くと思いますが、早く落ち着いてあたたかい食卓を囲めるよう、心からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

コメント

ひよこ

ちょうどこういうタレを作ったところです。
ナイスタイミング!!
しかもこういうの、家族全員好きなんです。ごはんの友に大人気間違い無しです。
ところで4人前作ったら卵白がたくさんあまっちゃいますがその利用法ありますか?
卵白料理がありましたらあわせてお願いします。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
ひよこさん、こんにちは~

以前、白身だけで玉子焼きをつくったことがありますよ。
カマボコみたいでした。
カルカンなどつくると良さそうですね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.