スポンサーリンク

シマアジ姿造り その⑦ 刺身に切って盛り付けます一

皆さん、こんにちは~

今回は刺身を切って盛り付けていきます。

画像Aシマアジ52


①の部分に右の背側の柵(サク)を使い厚めの「そぎ造り」。
②の部分に右の腹側の柵「そぎ造り」。
③の部分に左の腹側の柵「そぎ造り」。
④の部分に左の背側の柵を使い「平造り」。

以上の形に切って盛り付けますよ~


シマアジ姿造り その⑦ 刺身に切って盛り付けます一
画像はクリックで拡大できます

シマアジ54


1)画像Aの①の「そぎ造り」を切って盛り付けます。
  これには右側の背側のサクを使います。

画像は平目平目43


  上の画像は平目ですが、この画像を使って説明します。
  (このあたりから時間が無くなって写真を撮る余裕がなくなった)
  画像の刺身と同じ形でやや厚めに切ります。
 
シマアジ55

 
  画像のように右から左に並べていきます。
  その上に大葉を置きます。

シマアジ56


  2段目を並べます、並べ終わったら再び大葉を置きます。
  1枚目と2枚目の大葉は斜交いに置いています。

シマアジ57


  3段目を並べました。

  これで①の「そぎ造り」が出来ましたが、全体に位置が低すぎですね。
  もう少し高い位置に盛った方が良かったです。

シマアジ04


  スローな展開で申し訳ありませんが、今週末はちょ~~~と忙しいので
  次回に続きます。

←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

セラムシェフ

早く続きが見たい・・・(笑)
いそがしいのはいいことです!がんばって!
あっ!「夢バトン」やってみました(笑)

Sarhto

[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
すごいマメな作業だ…
でもこうすると同じ物でも美味しそうに見えますよね~

応援ポチ凸

寿司屋のおかみさん小話

はじめまして!
こんばんわ!履歴から飛んできました。
板前さんなんですね!
板前さんでありながら筋肉トレーニングをして、
むきむきな体をつくるのは大変な努力ですね。
うちの大将も、やってほしいなあ。(笑)
また遊びにきますね。どうぞよろしくです。

ブービィ

おはです。筋肉料理人さん。
基本はやっぱり扇形に並べるのが、美味しそうに見えるんですかね。
とても良い感じになりますよね~。
今日はこれからファミリーフィッシングに行ってきます。

筋肉料理人

いらっしゃいませ!
セラムシェフさん、こんにちは。
バトンありがとうございました。
漁師さんが夢だったんですね~
私も船の免許持ってますが博多湾の真中でビビッテいるヘタレです~
今日も忙しそうです。
忙しい理由ってのが何とも寂しいんですが、
不況で近所の同業者が廃業したからです。

Sarhtoさん、こんにちは。
結構マメな作業なんですよ。
工作が好きな人には向いているかも~
美味しく美しく見せるポイントがあるみたいですね~

寿司屋のおかみさん小話さん、こんにちは。
昨日、お邪魔しました。
砥石の話にうなずきながら読ませていただきました。
私は板前じゃ~ないですね~板前って言える修行をしていないから。
あくまでもアルバイト料理人です。
ここで魚の捌き方を書けるのも、普通の板前さんとちがって師匠や兄貴さんがいないからです。
チェーン店形態が生んだ異端児かも?

筋トレは自宅で出来ますので意外と手軽なんですよ。
おまけに必ずしも長時間のトレーニングをする必要がないんです。
板前さんに向いているかも?

ブービイさん、こんにちは~
扇型は「そぎ造り」を盛る時の今の私のスタイルです。
必ずしも扇潟がいいとは限らないと思います。
これから他の盛り方も記事にしていきますよ~

釣りですか~いいですね~
大漁を祈ってます!
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ