スポンサーリンク

親子丼

t親子丼1

 人気ブログランキングへ

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は曇り。時々、小雨が落ちる天気でした。
冴えない天気の中、店番してましたが、天気同様、景気も冴えませんねえ・・・・
こんなに不景気が続いたらどうなるんだろう?
私は基本、自営業者なので(自営の調子がわるいんで料理人やらNPO勤めやらやってます)、この不景気は深刻ですよ。住んでるのが佐賀県だから、景気に関しては特に厳しいですねえ。これからどうなるんだろうと不安になりますよ。

不安になっても腹は空く。。。。。。
腹減りさんの昼飯には丼物でしょう。
親子丼を作りましたよ~

親子丼はね~居酒屋でアルバイト料理人やってた頃、よく作ってました。
大鍋に10人分とか作るんですが、最初の頃に食べる人は具が沢山あって豪華なんだけど、最後の方は具が減って、おまけに玉子もボロボロに固まって悲惨な状態になってるんですが、忙しい時間が過ぎたあと食べる賄いは、しみじみ美味しかった。居酒屋じゃ肉じゃがが定番料理だから、肉じゃがの残り汁を使った他人丼とか美味しかったですねえ。
居酒屋時代は賄いに作ってたんですが、家じゃ親子丼担当は嫁さんです。実は今まで家で親子丼を作ったことがなかった。久々に自分で親子丼を作りましたよ。

親子丼を美味しく作るコツは、

☆一人分づつ作る。
☆玉子をとくとき、混ぜすぎない。
☆玉子に火を入れすぎない。
☆だし汁をしっかりとる。

この辺かなと思います。
一人分づつ作るのは、火のはいりを均一にするためですね。
玉子を溶くとき混ぜすぎないのは、混ぜすぎるとふっくら仕上がらないから。
火を入れすぎないのは、ぼそぼその食感にならないように。
だし汁をしっかり取ったほうが美味しいので、昆布と鰹のだしに、干し椎茸の戻し汁など入れるとバッチリ!ですが、いつも出汁を取るのは大変だから、インスタントの出汁でもいいですよ。
玉子に火を入れすぎずに、いい感じの半熟にするのはなかなか難しいです。卵液を2度入れするといい感じになりやすいですね。


そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


材料 一人分

鶏肉             70g
玉ねぎ            1/4個
三つ葉もしくは小ネギ   適宜
玉子             2個

だし汁            100cc
醤油             大さじ1
みりん            大さじ1
砂糖             大さじ1/2~1
日本酒           大さじ1

丼飯             200g
海苔             1/4枚(全形の1/4)

t親子丼4







作り方

①玉ねぎは皮をむき、縦に薄く切りましょう。
鶏肉(腿肉を使いました)は皮をむき、2センチ角に切り、ボウルに入れ日本酒をかけておいてください。
玉子は常温に戻しボウルに割り入れ、軽く混ぜておきましょう。
三つ葉、もしくは小ネギは2~3センチの長さに切ってください。

t親子丼5



②親子丼用の鍋か小さなフライパンにだし汁、醤油、みりん、砂糖を入れて煮立てます。
煮立ったら鶏肉と玉ねぎを入れてください。煮立ったら火加減を軽く沸騰するくらいに落とし、鶏肉に火を入れます。火を入れますが、入れすぎないように注意です。

t親子丼6


③鶏肉にもうすぐ火が入るなあって時に、フライパンの中央に卵液を1/2回し入れます。火力を強くし、沸騰して卵液の底のほうに火が入ってきたら、菜箸でそおっと1~2回、切るような感じで混ぜます。その後、鍋の外側付近に残った卵液を回し入れますが、少し残してください。ほんの少し卵液を残し、仕上げに使います。三つ葉、もしくは小ネギを散らしてください。

t親子丼7



④フタをして5秒ほど沸騰させたら火を消し、1分くらい余熱で火を入れます。
蓋を開け、残った卵液を回しかけ、もう一度フタをし、30~60秒蒸らしてください。



⑤丼飯に海苔をちぎってのせ、④をすべらせるようにのせて完成です。


t親子丼2

ガッツり親子丼、完成です~
いや~腹がへったときの昼飯に大盛り親子丼は実に力強いですね。腹ペコの心を和ませる安心感に満ちてますよ。今日のレシピは九州風に甘口、濃い目の味付けです。関東方面の方は砂糖なしでもいいかもしれないです。その時は醤油の量を少し減らすといいでしょう。
この親子丼、久しぶりに作ったんで失敗しました。玉子をちょっと解きすぎてます。白身と黄身がはっきり分かれてるくらいの状態で作ったほうがふんわり美味しく仕上ります。作るときはご注意を。それと、このレシピはガッツり大盛りです。少食の方なら2人分近くありますので、参考にしてやってください。

(・∀・)そんじゃまたです~



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

 人気ブログランキングへ

ありがとうございますm(_ _)m
皆さんから頂いた応援、励ましがブログを続ける動機になっております。



関連記事

簡単わかめスープ ← ご飯物と一緒にどうぞ
チキンライス・オムライス
Hotな夏ガーリックライス
他人丼 
豚キムチチャーハン
あんかけ炒飯
シシリアンライス
牛丼



スポンサーリンク

コメント

占い師mecha

↓牛もつシチューも捨てがたいですが、
(゜▽゜*)親子丼は結構作るので、
割とシンプルながら卵の時間なんかに手間取りますよね。
でも(^-^)間違いなく美味しいのと、
1度覚えれば簡単なのでナイスですね☆

筋肉料理人

Re: タイトルなし
占い師mechaさん、こんにちは~

玉子料理はシンプルなだけに難しい面もありますね。
そちらの味付けは甘いですか?
それとも甘さひかえめでしょうか?

ぺろりん

こんばんは~
私は甘めの味付けがダメですので
こちらの丼系の味付けは正直好きではありません!
だからすき焼きも自分からはまず食べないですよ~
(甘いのが好きだった親の影響?)

筋肉料理人

Re: こんばんは~
ぺろりんさん、こんにちは~

九州は甘いですからね~
甘いのが苦手な方には辛いでしょう。
好みって本当に難しいですね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.