スポンサーリンク

豚キムチチャーハン

t豚キムチチャーハン10

 人気ブログランキングへ

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日も佐賀県はいい天気ですよ。
私は店番ですが、嫁さん、婆ちゃん、お子様達は久留米市の石橋文化センターのバラフェアに行ってます。私は先週の日曜に行って写真を撮り、ネットでプリント注文(六つ切りで何と1枚100円!)。水曜に写真が届き、その写真を婆ちゃんに見せたら、綺麗って感動してたんで、それならホンモノを見に行ったほうがいいよ!ってな訳で嫁さん、婆ちゃん、子供、女性軍水入らずでバラ見物に行ってます。今日は快晴だから、日向は暑いでしょうけど、文化センターには鯉や亀、アヒルがいるから子供は大喜びしてると思います。

今日の記事は休日の昼飯シリーズで「豚キムチチャーハン」です。
豚キムチチャーハンはねえ、居酒屋料理の定番的メニューで、私がアルバイト料理人やってた頃、何回作ったかわからない?例えば年末とか忙しい時は腕を痛めそうになるくらい中華鍋を振りまくっていました。その位の人気メニューです。実際ね、キムチ系の料理ってお酒のツマミにいいし、ご飯をガッツリ食べたい時にも食欲が出る。商品として数えきれないほど作ったし、従業員(多くは学生バイトさん)の賄いにもチャッチャッと作ってましたよ。

お店でこの手のチャーハンを作るときは鉄の中華鍋を使い、強い火力のバーナーで短時間に作ります。ひとつ作るのに3分もかかりません。って言うか火力が強いんで、ゆっくりやってると焦げちゃう。私のブログみたいに途中経過の写真とってると間違い無く焦げます。でも、家庭用のコンロって火力がそう強くないですよね。我が家のコンロとか15年前の普通の家庭用だから、業務用と比べると感覚的には1/3位の火力です。業務用なら、あっという間に出来るチャーハンも、少し工夫して作らないといけません。今日のレシピは豚キムチチャーハンです。キムチって水分があるから、ご飯を炒めてキムチを加えると水っぽくなりやすいです。それで、ちょっと面倒ですが、具(豚キムチ)と玉子チャーハンを別々につくり、それを混ぜあわせて作りました。それと、家で作ったんで、フライパンは普通のテフロンコートのフライパンを使ってます。だから、鉄の中華鍋みたいに油ならしはしてません。鉄の鍋でつくる方は過去記事→ゴーヤーそぼろ焼飯をご覧くださいませ。


そんじゃ~さっそく(σ´∀`)σ行ってみよう!!


豚キムチチャーハン    作り方とレシピ

材料 一人分

かために炊いたご飯              200g
白菜キムチ                    80g
豚小間肉                     50g
長ネギ                        5センチくらい
玉子                         1個
ニラ                         葉を3本ほど
海苔                        全形のり1/2枚
しょうゆ                      小さじ1
みりん                       小さじ1
塩                          適宜
GABANブラックペパー              適宜
サラダ油                      大さじ1弱
ごま油                       小さじ1

t豚キムチチャーハン1

材料にかために炊いたご飯と書いてますが、普通に炊いたご飯なら大丈夫です。柔らかめに炊いたのは流石にちょっと辛い。冷ご飯でもいいですが、使う前に電子レンジで温めましょう。チャーハンは温かい御飯で作ったほうが上手くいきます。







作り方

①まずは材料の下ごしらえです。
キムチ、豚小間肉は一口大に切ります。
キムチは10gをそのままトッピングに使いますから、清潔な包丁、まな板、手で切ってください。

長ネギはみじん切り、ニラは1センチ位の長さに切ります。

海苔は1センチ角に切ってください。

玉子はボウルに割り入れ、しっかりほぐしてください。

しょうゆ、みりんは小さなボウルに混ぜあわせておきます。

t豚キムチチャーハン2


②フライパンは二つ用意してください。
まずは豚キムチを作ります。
フライパンにごま油を入れ、中火で豚小間肉を炒めます。豚小間肉の半分くらい色が変わったところで長ネギ、キムチ70gを加えて炒めましょう。焦がさないようにしっかりと炒め、水分が飛んできたら合わせ調味料の半量を加えて炒めてください。水っぽさが無くなったらOKです。

t豚キムチチャーハン3


③玉子チャーハンを作ります。
別のフライパンにサラダ油を入れます。強火で加熱し、サラダ油がサラサラになってきたら、溶き卵2/3量を入れます。
玉子が少し固まってきたら木べらで一混ぜし、温めたご飯を入れます。木べらでご飯を切るように混ぜましょう。
木べらで切りながら(ご飯のカタマリをほぐしながら)炒める感じです。火力を強火にあげます。
残りの卵液を2~3回に分けて回しかけて下さい。かけては混ぜます。こうすることでご飯粒の表面に玉子の膜ができます。玉子の膜ができるとパラパラの炒飯になります。

t豚キムチチャーハン4

だいたい、ほぐれたなあってとこでいいです。


④②の豚キムチに③の玉子チャーハンを混ぜましょう。
強火で加熱しながら混ぜます。
炒めながら合わせ調味料を回しかけ、更に炒めます。
途中、海苔とニラを加えてください。

t豚キムチチャーハン6 t豚キムチチャーハン7

混ざって、パラパラ感が出たところで味見です。
塩とGABANブラックペパーで味を整え皿にもります。
残しておいたキムチをトッピングして完成です。


t豚キムチチャーハン9

筋肉料理人の居酒屋風豚キムチチャーハンの完成です。
キムチのスパイシーな味と香りがしっかり炒めることで更に美味しくなります。
玉子チャーハンを別に作ったのでパラパラ感もあり、ちょっと本格的かなって気分を味わえますよ。
こうして具を別に作ると、例えば2人分3人分を一緒に作るとき、良い状態に作りやすいです。
仮にご家庭で4人分つくるとしましょう。
豚キムチは4人分一緒につくり、玉子チャーハンは2人分づつつくるって手があります。こうすれば、多人数分でも美味しく作れますよ。
もう一つおまけです。
今日のレシピではフライパンを二つ使って作ってます。
テフロンやフッ素加工のフライパンは新品のうちはいいですが、1年も使っていると痛んできますよね。こういう時には新しい方のフライパンで玉子チャーハンを作り、古い方のフライパンで豚キムチを作るといいです。何故にそうするかといえば、パラパラの玉子チャーハンを作る方が難しいからです。玉子料理などのくっついてほしくない料理用に新しいフライパンを使うといいですね。


(・∀・)そんじゃまたです~




このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

 人気ブログランキングへ

関連記事

簡単わかめスープ ← ご飯物と一緒にどうぞ

  チキンライス、オムライスの作り方

  ガーリックライス

  あんかけ炒飯

  シシリアンライス


ガーリックライス・オクラ入り


新筍焼き飯

ゴーヤーそぼろ焼き飯

坦々枝豆チャーハン

土鍋海南鶏飯

スポンサーリンク

コメント

占い師mecha

これは美味しくないはずがないですねー。
(^o^)丿何故かキムチって好みの人には、
いろいろと活躍してくれますね♪
2つフライパン用意の意味が分かりました(^ー^)

まかない課長

こんにちは~(^O^)/
家庭の弱い火力にはイラッとくる事が
よくあります。
特にIHでフライパンふるような料理する時に
設置面から離してふろうとすると、
ピーピーピー・・・
はぁ~・・ってなっちゃいます(^_^;)

yuchan

おひさしぶりですぅ~

相変わらずおいしそうですぇ~

しかも親切なレシピ付き

私も師匠にならって、新規居酒屋の厨房に入っています。

連日満員で、うれしい悲鳴です。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
占い師mecha さん、こんにちは~

そうですよね~
キムチは好きな人にはすごい味方ですよね。
私は結構、食べてますよ。

筋肉料理人

Re: こんにちは~(^O^)/
まかない課長さん、こんにちは~

IHは気を使いますね~
新しい型には鍋振り出来るのもありますけどね。
陳さんが食育フェスタで使ってた、業務用中華IHは凄かったですよ。
すごい火力でした。
あれは使いこなしたら凄そうでした。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
yuchanさん、こんにちは~

居酒屋ヘルプ中ですか?
それはお疲れ様です~
連日満員ってすごいですね~
今時無いですよ。
余程の人気店なんですね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ