スポンサーリンク

ごまさば 、 市販のごまだれを使ったレシピ

ごまだれ、ごまさば10

人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日も佐賀県は快晴、いい天気&とっても寒かったです。今日は町内のふれあいサロンに行って来ました。何をしに行ってきたかというと、佐賀県在住の中国残留孤児の方々とのふれあいイベントで、本場の餃子を一緒に作って食べようってイベントです。教えてくれたのは馬(まあ)さんって方で、元々は清真料理(ちんじょんりょうり)を作られていた方です。聞きなれない名前ですが、中国に住む回族(イスラム、ムスリム)の方々の料理の一種だそうで、イスラム教の教義にのっとり、豚肉とか一部の魚、酒を料理に使わないそうです。だから、今日、習ってきた餃子は牛肉を使った水餃子でした。へええ~~と感心しつつ、そういえば新疆ウイグル自治区は完全にイスラム圏なんだなあと、中国って広いよなあと思いました。

PB251125.jpg PB251132.jpg

習ってきたのは上の水餃子と、「よりより」っていう中国のお菓子。油条みたいだけど、うす甘く味付けしてあり、薄力粉に砂糖、胡麻、サラダ油を混ぜて練り、低温の油であげてつくります。

PB251102.jpg

手作りのよりよりは市販品と比べると、柔らかくて食べやすく、とっとも素朴な味。水餃子も、あっさりしていていくらでも食べられる感じです。作り方は、しっかり習ってきたんで、忘れないうちに作ってレシピ化したいと思います。それまで、しばしのお待ちを。




早速、水餃子レシピといきたいところですが、今日は鯖の刺身を使ったレシピです。
材料が「鯖の刺身」って事で、九州以外の地域にお住まいの方には、とてつもなくハードルの高いレシピですが、鯖の刺身が手に入らない方は、カンパチ、ぶり、マグロ、サーモン、カツオなどの刺身で代用して下さい。どの魚を使っても美味いと思います。

九州は博多には「ごまさば」っていう郷土料理がありまして、マサバの刺身を特製のタレに漬け込み、仕上げに胡麻をまぶして頂きます。これが、素晴らしく美味いんです。私的には何が一番好きかと言われたら、ごまさばと答えます。先々週だったか、東京からこちらに移住してこられた方に鯖の刺身をご馳走したんです。その方は、鯖の刺身なんか食えるのか?と思いつつも、私が料理したから仕方なく食べたんだそうです。そしたら、自分の想像と違って、めちゃくちゃ美味しかったらしく、目がさめたような顔をして「鯖の刺身って、美味しいんだあ」とつぶやいていました。その美味しい鯖の刺身の、勧めの食べ方が「ごまさば」です。


ごまだれ、ごまさば01

鯖は刺身用の鮮度のいいものを使い、手早くさばきます。

ごまだれ、ごまさば02

なかなか、綺麗な身をしてました。

ごまだれ、ごまさば03

これの、血合いの小骨を抜き、一口大にぶつ切りにします。

ごまだれ、ごまさば04

鯖は基本的に身が柔らかくて脆い魚です。だから、カツオやマグロみたいに分厚く切るか、思い切って角に切ったほうが美味しい。ごまさばって料理はタレに漬け込み、漬けにするから味はしみます。ならば角に切ったほうがいいかなあと私は思います。

一人分の刺身70~100g位をボウルに入れ、市販のごまだれ(ごまドレッシング)大さじ1、さしみ醤油大さじ1、みりん小さじ1をかけ、よく混ぜあわせます。

ごまだれ、ごまさば05

混ぜあわせたら、冷蔵庫で30分寝かせて下さい。

ごまだれ、ごまさば07

適度に味がしみてる筈です。
鯖の刺身が手に入らない方は、上にも書いてますが、カンパチ、ぶり、マグロ、カツオ、サーモン等使ってつくるといいですよ。

味が染みたら盛りつけです。
皿に盛ったら刻みねぎ、刻みのり(多め、あれば味付きもみ海苔)、すりごま(もしくは、ひねりごま)をちらし、卵黄を落とします。卵黄は好みがあるので、お好みでのせてものせなくてもいいです。これにわさびを添えたら完成です。

ごまだれ、ごまさば13


市販のごまだれでつくる、「ごまさば」の完成です~
一口食べると、鯖独特の素晴らしいうま味が、海苔の香り、胡麻の香りと共に口の中に広がります。こういうのを食べるときは、是非、日本酒を用意してもらいたいです。旨口のどっしりした味わいの日本酒があれば、超幸せですね。「ごまさば」は、お店によって、タレが違い、あたり胡麻や練り胡麻で濃厚な胡麻の香りをつけてる店もあれば、タレには胡麻を使わず、すりごまやいりゴマをかけただけって店もあります。どちらが美味いかと言われたら、どちらも美味いと思います。自分で作るときは、好みの味を見つけると楽しいですよ。そして、酒の肴だけでなく、これでごはんを食べるのも美味いです。熱々のご飯で丼にしてもいいし、酢飯で海鮮ちらしにしてもいいですよ。お好みで楽しむといいですね。


鯖のさばき方は下の記事を参考にして下さい。
しめ鯖の作り方、鯖のおろし方




炙りしめ鯖寿司



(・∀・)ほんじゃまたです~






このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票



 
僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は長らく売り切れ状態で、古本に高値がついてご迷惑をおかけしていました。今月、重版されまして、現在、コンビニエンスストアで新品が買えます。書店さんにも遅れて配布される予定です。

通販はセブンイレブンのセブンネットショッピングで購入できます。お急ぎの方はこちららどうぞ。


スポンサーリンク

コメント

まかない課長

こんにちは~(^o^)/
ごまさば、美味いですよね~。
近海のしまったサバも良いですが、
済州島の脂ギットリのサバが好きです(*^_^*)

筋肉料理人

Re: こんにちは~(^o^)/
まかない課長 さん、こんにちは~

これからの季節、済州島の鯖はいいですねえ。
お値段は、しますが、美味いですよね。
味噌煮もいいなあ~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ