魚料理と簡単レシピ

筋肉料理人 藤吉和男の魚料理、簡単料理、おつまみ、筋トレ食の作り方とレシピ、魚のさばき方を初心者にもわかりやすいよう、画像、動画を使って詳しく解説しています。鶏むね肉を使ったアイデア料理も必見です!
スポンサーリンク
___

豚軟骨と大根の柔らか煮


豚軟骨と大根の柔らか煮04



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は快晴!とってもいい天気でしたよ。
昨日夕方近く、お隣の城島町を通ると蔵開きがあっていました。城島町は酒蔵の町で、沢山の酒蔵があるんです。たくさんの人がいて、思いっきり後ろ髪ひかれましたが、用事があったので通過しました。。。。今日も行きたいと思いつつ仕事があり断念。来年は行く!!

まだまだ寒い季節が続きますね。寒い季節にぴったりの酒肴、「豚軟骨の柔らか煮」です。
豚軟骨は骨付きカルビの先っちょの方、肋の軟骨部分で、生ではかたいですが、長時間煮込むとプルプルになります。これが酒のツマミにピッタリなんですよ。牛すじ煮込みとはまた違ったプルプルで、作るのがちょっと手間なんですが、作った後は酒を飲むのが楽しみってやつです。

肉の部位的に軟骨ですから、牛筋のように長時間煮込まないといけません。しかし、長時間煮込むってのも、かまどを使ってた昔と違ってエコじゃない。圧力鍋でサクっとにました。大根も一緒に煮たんですが、最初から豚軟骨と一緒に煮ると、大根が先に煮崩れちゃうかもしれないので、はじめに豚軟骨だけ日本酒と水で煮て、ある程度柔らかくなった所で大根を加えて、もう一度、圧力をかけました。圧力をかけるのと、小さめに切ったから、大根は皮付きのまま。しかも、下茹でなしです。一緒に煮るのが豚軟骨だから、大根の臭みが気になる事は無いとおもいます。それに、皮付きで使うと材料まるごと使えるし、栄養的にも良さそうな気がしますしね。



そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!


豚軟骨と大根の柔らか煮    作り方とレシピ

材料 4人分

豚軟骨(煮込み用)     360g
大根              400g 1/2本弱
生姜              ひとかけ
長ねぎの葉           20センチ
刻みねぎ            適宜
しょうゆ            大さじ4
みりん             大さじ4
砂糖              大さじ2~4 お好みで
日本酒             150ml
水               150ml 
お好みでタカノツメなど入れてもいいです。

練りからし           適宜

P2113078.jpg


作り方


①圧力鍋にサラダ油大さじ1を入れ、豚軟骨を強火で炒めましょう。

P2113081.jpg

色が変わったら日本酒と水を入れます。

P2113084.jpg

煮立ったら、軽くアクをすくいます。

P2113087.jpg

アクをすくったら長ねぎの葉と生姜(瓶の底などで、軽く潰して入れる)を入れます。

P2113088.jpg

蓋をかぶせ、圧力をかけますよ。

P2113091.jpg

我が家の圧力鍋はフィスラーです。高圧側に調整し、圧力が上がってから20分、加熱します。火力は圧力が上がるまでは強火で、圧力が上がったら弱火です。


②圧力をかけている間に大根を切ります。
大根はたわしで洗い、皮ごと切りますよ。
縦に十字に切り、4等分。
これを一口大の乱切りにします。

P2113092.jpg




③①を20分、圧力をかけたら、鍋ごと水で冷やします。

P2113096.jpg

圧力が落ちたら蓋を開け、長ねぎの葉と生姜を取り出し、大根を加えます。

P2113098.jpg

しょうゆ、みりん、砂糖を加え、煮立てます。
煮立ったら、脂を残してアクをすくいます。
脂は後ですくうので、ここではある程度残しておきます。

P2113102.jpg

もう一度フタをして圧力をかけます。

P2113091.jpg

15分、圧力をかけ、その後、予熱で15分火を入れます。



④圧力鍋を水で冷まし、フタを開けると、こんな感じ。

P2113115.jpg


中身を広口の鍋に移します。
アクと、脂とりにリードをかぶせ、弱火から中火で煮汁を煮詰めて行きます。

P2113117.jpg


ここで、煮汁の水分をほとんど飛ばし、濃い味にしたい時は③で砂糖を多めに入れて下さい。煮詰めない時は砂糖少なめです。

好みの加減に煮詰めたら、

P2113118.jpg


小鉢に盛り付け、刻みねぎをちらし、練りからしを添えて完成です。


豚軟骨と大根の柔らか煮07

豚軟骨と大根の柔らか煮01

豚軟骨の柔らか煮の完成です~
いや~柔らかく煮込んだ豚軟骨に大根は美味いですね。
どちらも酒に合いますよ。
豚軟骨はプルプル、トロトロになってるし、皮付き大根は皮まで柔らかくなってますが、皮の食感がのこり、大根の旨みが、しっかり残ってますよ。作るのに小一時間かかりますが、豚軟骨と大根が1時間でここまでなれば十分でしょう。圧力鍋、サマサマです。

残った豚軟骨は後日、丼になる予定です。豚軟骨丼もうまいだろうなあ。

(・∀・)そんじゃまた~


豚足煮込み31 トロトロの豚足煮込み

 豚軟骨と大根のピリ辛味噌煮込み

豚軟骨と大根の旨煮レシピ2 豚軟骨と大根の旨煮、煮玉子付き



このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票



 
僕のレシピ本、筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は長らく売り切れ状態で、古本に高値がついてご迷惑をおかけしていました。今月、重版されまして、現在、コンビニエンスストアで新品が買えます。書店さんにも遅れて配布される予定です。

通販はセブンイレブンのセブンネットショッピングで購入できます。お急ぎの方はこちららどうぞ。









スポンサーリンク





こんばんは~
美味しそう!
相変わらず良い写真ですね~。
ところで、新しい本はいつ発売ですか?
[ 2012/02/12 21:01 ] [ 編集 ]
(^▽^)/おめでとうございまーす。
本、出たらブログにも掲載しますか、教えてくださいねー。
豚軟骨はやや弱いですがアレンジして肉だけで勝負します(笑)。
[ 2012/02/12 23:03 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは~
まかない課長 さん、こんばんは~

ありがとうございます~
カメラと照明が新しくなりました。
かなり、いいです!
新しい本は3月17日発売です。
出たら、宜しくお願いしますね。
[ 2012/02/13 21:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
占い師 mecha さん、こんばんは~

ありがとうございます~
もう、感無量ですよ。
豚軟骨じゃなくて豚ばらでもいいでしょうね。
[ 2012/02/13 21:18 ] [ 編集 ]
はじめまして。
魚料理は苦手なので参考にさせて頂いています。

●かわはぎの煮つけ
ちょっと薄味かなと思いきや
とても上品な味に仕上がり
自分で作ったとは思えないほど上出来でした。

●さばの煮付け
レシピ通りの時間を気にしながら煮付けたら
最後の煮汁を煮詰めるまでもなくなくなりました。
鯖はふっくら艶やかに煮え
こちらもびっくりするほどの仕上がりでした。

まだまだ自分で使うことの無いような魚料理があり
どれから作ろうか楽しみです。

豚の軟骨といいますと、喉の部分しか知りません。
こちらで使われている軟骨はどの部分ですか?
[ 2012/03/10 13:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
柚子さん、こんばんは~
初めまして。

色々、試して頂きまして、ありがとうございます。
鯖の煮付けは色々なところでやりましたが、
けっこう、喜ばれます。
気に入ってもらえて良かったです。

豚軟骨は、喉と肋の部分があります。
このレシピの軟骨は肋の先の方(スペアリブの先のほう)ですね。
[ 2012/03/10 19:41 ] [ 編集 ]
シンプルで旨い
2度目作りますが最初から簡単うまい!
男の手料理感、楽しいですな。
[ 2014/10/31 11:17 ] [ 編集 ]
Re: シンプルで旨い
宮前さぶさん、こんにちは~
ありがとうございます。この料理、私も好きなんです。酒がいけますよね。
[ 2014/10/31 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ツイッター
プロフィール

筋肉料理人 藤吉和男

Author:筋肉料理人 藤吉和男
藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

筋肉料理人のレシピ本
フルブラ!&料理サプリ!


レシピブログ
来場者
検索、ブログ内検索
キーワードを入れて検索、ブログ内検索ができます。

 
カスタム検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索



カテゴリ