スポンサーリンク

太刀魚の蒲焼き丼

太刀魚蒲焼丼30

人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀県は朝からいい天気でしたよ。
とってもいい具合に晴れて、日向にでたり、車に乗ったりすると暑いほどでしたが気温自体は低く、建物の中にいるとひんやり肌寒かったです。明日もいい天気のようですから、山に行って花見とかいいかも?ドライブに行きたい気分ですねえ。

今年は鰻の稚魚が不漁らしく、昨年からウナギのお値段がうなぎのぼり。お店に並んでるうなぎの蒲焼が高くなり、お口に入りにくくなりました。で、今日のレシピはうなぎの蒲焼がなかなか口に入らないので、太刀魚の蒲焼を作り、鰻丼風の丼にしてみました。

鰻の美味しさが何処にあるかというと、とろりとした肌理の細かい、脂の乗った身にあると思います。コラーゲンたっぷりなので、お店で売ってる蒲焼はかたいけど、再加熱すると柔らかくなるのはその為。太刀魚も実はとても脂の乗った魚で、身の半分以上が脂肪分。そして身の肌理が細かいから、焼き魚にすると身がとろりとしますよね。これを蒲焼き風にすれば、きっと美味しいはず!今日はフライパンで簡単蒲焼を作り、太刀魚の蒲焼き丼にしますよ~


そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!


太刀魚の蒲焼き丼   作り方とレシピ

材料 1人分(大盛りです、女性なら2人分)

太刀魚           200g切り身 ※
鶏皮            30g
長ねぎの葉         10センチくらい
塩、小麦粉         適宜
刻み海苔          適宜
山椒粉           適宜
木の芽           1枚

タレ材料※
醤油            大さじ2 さしみ醤油と濃口醤油を1:1
みりん           大さじ2
日本酒           大さじ2
砂糖            大さじ2
水             大さじ2
昆布出汁の元        小さじ1/5
おろし生姜         小さじ1/4

※たまたま冷凍の大きな切身を使っていますが、普通サイズの切り身でもいいですよ。冷凍じゃないほうが美味しいです。

※市販の蒲焼のタレを使ってもらってもいいです。


太刀魚蒲焼丼01

作り方

①タレの材料は予め混ぜておきます。

太刀魚の切り身は中骨にそって切り、骨を外して下さい。

太刀魚蒲焼丼02

太刀魚蒲焼丼03

腹骨も切り取ります。

太刀魚蒲焼丼05

太刀魚蒲焼丼06

太刀魚の捌き方は過去記事で詳しく紹介していますので→「太刀魚のおろし方」をご参考にどうぞ。動画も用意しています。

おろしたら、軽く塩をふりかけ、焼く直前に小麦粉を薄くまぶします。



②フライパンに鶏皮(細く切っておく)を入れ中火にかけます。

太刀魚蒲焼丼07

長ねぎの葉も加えて炒めます。

太刀魚蒲焼丼09

気長に炒め、脂が出てきたら太刀魚を皮の方から焼きます。

太刀魚蒲焼丼11

切り身を横から見て、半分くらいまで火が入ったら、フライ返しで返しましょう。

太刀魚蒲焼丼13

火力をやや強めにし、しっかりと焼き目をつけます。

太刀魚蒲焼丼15
太刀魚蒲焼丼16

太刀魚に焼き目がついたら、いったん取り出します。

太刀魚蒲焼丼17


③フライパンには脂が沢山出ているので、キッチンペーパーで適当に拭き取ります(ある程度脂を残すことで旨みが入ります)。

太刀魚蒲焼丼18

脂を拭いたらタレの材料を加えて強火にかけましょう。

太刀魚蒲焼丼22

沸騰したら太刀打をを戻し、タレを馴染ませます。

太刀魚蒲焼丼23

太刀魚に色がついたら丼飯の上にのせましょう。
(鶏皮はのせません。とっておいて、これはこれで酒のツマミにして下さい)
丼飯には刻み海苔をたっぷりのせておきます。

太刀魚蒲焼丼24 太刀魚蒲焼丼25

残ったタレを中火で煮詰め、とろみが付いたら太刀魚と丼飯にまわしかけて下さい。
粉山椒をふり、木の芽を手のひらにのせ、パンと叩いて(香りをだす為)のせたらできあがり。


太刀魚蒲焼丼56

太刀魚蒲焼丼66


「太刀魚蒲焼き丼」の完成です~
とろりとして肌理の細かい太刀魚と、鶏皮の旨み、太刀魚の旨みが入ったタレがかかった、ご飯!マジウマです。太刀魚のいいところは、なんといっても肌理の細かい旨みが凝縮された身です。これがとろりとして、タレを吸ったご飯と合う合う!!画像の丼は御飯の量が300g位はあるでしょうが、もう、一気に食べちゃいましたね。

このレシピのタレは鶏皮と太刀魚、昆布出汁で旨みを入れ、長ねぎの葉、しょうがで香りを入れています。鶏皮、長ねぎ、しょうがを使うのは焼鳥のタレを簡単に作るときの方法です。鰻丼のタレなら、本当は頭や骨を焼いてから煮込んで出汁にするんですが、家にはありませんからね。冷蔵庫にあった鶏皮を使いました。

今回使った太刀魚は冷凍輸入もの、南米産って書いてありました。生の近海物と比べると、デカイので料理しやすいですが、味はやっぱり近海物の方がいいようです。太刀魚の蒲焼き丼が美味い事は分かったんですが、他にも蒲焼き風丼で旨い魚は?と思うと、アブラガレイとかカラスガレイの切り身ではどうだろう?なんて思います。脂ののりは申し分ないので、後は身の質ですね。太刀魚みたいにきめ細かくないから、そこがどうなるかってとこです。そのうち、作ってみましょう。


(・∀・)そんじゃまた~




このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票




kinniku_cover.jpg 筋肉料理人のかんたん! 絶品おつまみ (e-MOOK)

 
筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は長らく売り切れ状態で、古本に高値がついてご迷惑をおかけしていました。その後、重版されまして、現在、コンビニエンスストアで新品が買えます。書店さんにも遅れて配布される予定です。

通販はセブンイレブンのセブンネットショッピングで購入できます。お急ぎの方はこちららどうぞ。



スポンサーリンク

コメント

リック

いつもワクワクしながら拝見しています!
これは美味そうですね~~!太刀魚の蒲焼は盲点でした~。夏から秋にかけては大量に太刀魚を釣って帰るので、レシピのひとつに加えてみますね。

瀬崎

これは、おいしそうですね。
でも、スーパーで見かける太刀魚は、「冷凍物」しか
ないですね。魚屋に行ってみます。
後、鳥皮で調理をするのは、知りませんでした。
今度、やってみます。
ありがとうございます。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
リックさん、こんにちは~

ブログを見てくれてありがとうございます。
太刀魚の蒲焼は九州なら大分で食べられます。
お安くて美味しいですね。
釣り物ならもっと美味いですよ。
大きめのが釣れた時にどうぞ。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
潮崎さん、こんにちは~

太刀魚は地域性があるんでしょうね。
九州では普通に生の刺身用が売っています。
冷凍物は大きいので、この料理にはむいてますよ。
鶏皮を使ったのは旨みを入れるためで、
焼鳥のタレみたいなトロリとした旨みが出ますよ。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ