スポンサーリンク

スルメイカのゴロ焼き

スルメイカゴロ焼き80

人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
今朝のオリンピック開会式、観られましたでしょうか?私も観てましたよ、全部は観てませんが、やっぱドキドキ・ワクワクの開会式でしたね。ミスタービーンがいたのも笑ったし、これからの競技が楽しみ、期待が膨らみますね。

今日のレシピはイカを使った料理です。「スルメイカのゴロ焼き」をつくりました。トップ画像がそれで、見た目、普通のイカ焼きっぽいんですが、中にゲソと肝を入れてます。肝を一緒に焼くとゴロ焼きって名前になるそうです。スルメイカの新鮮なものは細切りの刺身、イカそうめんにすると美味いですが、スルメイカは肝も美味いんです!肝が美味いので、何時もは胴を刺身、ゲソと肝を炒めたり、ホイル焼きにすることが多いですが、胴を焼いても美味いんですよね。たまには違う料理にしてみました。

スルメイカゴロ焼き01

スルメイカの鮮度の見分け方ですが、鮮度のいいものほど赤黒い色をしています。上の写真のスルメイカは勝った時は黒々としていましたが、冷蔵庫に4時間ほど入れておいたら白っぽくなりました。これでも刺身で食べられる状態です。こんな感じで、イカって鮮度落ちが早いです。買ったら氷で冷やしながら持ち帰り、すぐに冷蔵庫に入れましょう。



そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!



スルメイカのゴロ焼き    作り方とレシピ

材料

スルメイカ(新鮮なもの)     1杯
エノキダケ            1パック
バター              10g
刻みネギ、一味唐辛子、しょうゆ、マヨネーズ 適量


作り方

①まずは胴からゲソを抜きます。
まな板の上に、スルメイカのエンペラがついている方を上にして置き、銅の裾から指を入れると、胴とゲソのつながった部分に指が当たります。ここを指で押して剥がし、ゲソを抜きます。

スルメイカゴロ焼き04
スルメイカゴロ焼き05
スルメイカゴロ焼き06

上手に剥がせば、肝も一緒に出てきます。上の写真の黄色い部分が肝。これは小さめですね。

ゲソを抜いたら胴についてる軟骨(軟甲)を抜き取りましょう


②次にゲソを裏返し、肝の上を見ると黒い墨袋があります。
これのゲソ側の端をつまんで、引っ張ります。

スルメイカゴロ焼き10

優しく引っ張ると墨袋を破かずにとることができます。もし破れたら流水で洗ってください。



③肝を切り取ります。

スルメイカゴロ焼き12

ゲソの目と目の間を包丁で切り開きます。

スルメイカゴロ焼き14
スルメイカゴロ焼き15

中央にあるのがクチバシです。これを摘みとります。

スルメイカゴロ焼き16


目の横に切れ目を入れ、目を押し出します。

スルメイカゴロ焼き17
スルメイカゴロ焼き18

目が取れました。少々、グロいですが、慣れたら簡単に処理できます。



④ゲソを②本づつに切り分け、ゲソの先の硬い部分を1cmくらい切って捨てます。

スルメイカゴロ焼き21
スルメイカゴロ焼き22

スルメイカの場合、ゲソについている吸盤に輪っか状の爪みたいなものがついています。これが固いので、スプーンなどでしごきとるか、包丁で吸盤ごと切り取ります。

スルメイカゴロ焼き03
スルメイカゴロ焼き23



⑤肝を一口大に切って胴の中に入れます。

スルメイカゴロ焼き29
スルメイカゴロ焼き30

肝を入れたらゲソを入れましょう。

スルメイカゴロ焼き33

ゲソを入れたらバターを入れます。

スルメイカゴロ焼き34

バターを入れたら、爪楊枝で銅の裾をとじましょう。

スルメイカゴロ焼き36
スルメイカゴロ焼き37


これをホイル焼きにします。



⑥アルミホイルを40cmくらい広げ、上に石突きを切ってほぐしたエノキダケを敷きます。その上にイカをのせましょう。イカの上にはバター5gをのせ、アルミホイルをとじます。

スルメイカゴロ焼き40
スルメイカゴロ焼き41

アルミホイルの綴じ方は過去記事→「イカワタのホイル焼き」をご覧ください。



⑦オーブントースターのトレイに⑥をのせ、10~12分焼きます。

スルメイカゴロ焼き43

焼き時間はオーブントースターのワット数で変わりますので、ホイル焼きの指定時間を参考に焼いてください。

焼けたら取り出し、食べやすく1~2cmの幅に切ります。

スルメイカゴロ焼き51

皿にエノキダケを敷き、上に切ったイカをのせ、刻みネギ、マヨネーズを添えます。お好みで一味唐辛子、しょうゆをかけて頂きましょう。


スルメイカゴロ焼き64

スルメイカゴロ焼き58

スルメイカゴロ焼き70


「スルメイカのゴロ焼き」の完成です!
見た目、普通のイカ焼きですが、中に肝とバターが入っているので、味付けなしでも美味いですよ。お好みでしょうゆをかけてもいいけど、少しでいいです。

イカを焼く場合、気をつけないといけないのは加熱のやり過ぎで、身が乾いて固くなることです。ホイル焼きの場合、焼き網で焼くより身が固くなりにくいので、失敗しにくいのがいいところですね。

スルメイカゴロ焼き85

中に肝、バター、ゲソが入っているので食べ応えがあります。
外はそれなりに固くなっていますが、中はとろけるようで、肝とバターの旨みがガツンと来ます。今の時期、ビールがすすみますよ。



(・∀・)そんじゃまた~






このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票




 kinniku_cover.jpg  筋肉料理人のかんたん! 絶品おつまみ (e-MOOK)

筋肉料理人の居酒屋ごはん帖は長らく売り切れ状態で、古本に高値がついてご迷惑をおかけしていました。その後、重版されまして、現在、コンビニエンスストアで新品が買えます。書店さんにも遅れて配布される予定です。

通販はセブンイレブンのセブンネットショッピングで購入できます。お急ぎの方はこちららどうぞ。



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。