スポンサーリンク

「お寿司」 1 握り寿司と太巻き

握り02

皆さん、こんにちは~

先週の日曜日、家族のリクエスト(子供と嫁さんの)で寿司を握ったんですよ。
ご飯を5合炊いて酢飯にし、全部寿司にしました。
下手な寿司ですが写真も取りましたので記事にします~
筋肉料理人流の握り方って事でみてね!!

正しい寿司の握り方は寿司屋さんのサイトを見てください。


ん・ん~~~~

寿司の記事なのにトップ画像は何故にティッシュ?

実はこのティッシュも寿司と関連しているんです。


握り寿司とティッシュの関連について(爆)
握り02

1)ティッシュを2~3枚用意します。
握り03

2)3分の1位に折りたたみます。
握り04

3)箸から丸めて行きます。
握り05

4)テープで止めます。
握り06

5)ちっとでかすぎるけど、完成!!

これ、何に使うの?

勘の良い方は気付かれたでしょう。
これを使って「握り」の練習をするんですよ。

手先の器用な方はイキナリ酢飯を握っても寿司の形になるでしょうが、普通は
中々、寿司の形にならない物です。
そこで、寿司の形にしたティッシュや木片を常時左手に持って、手に慣れさせるんです。
握り08

私が今の仕事(飲食のバイトの方ね)をはじめた頃に、これを持っていました。
当時は刺身や寿司は担当外(素人親父のバイトだから当然だけど)でしたが、
一応練習しといた方がいいって事で練習してたんですよ。
と言うのも定期的に「寿司食べ放題」みたいなイベントがあって、その時に
「シャリ玉」って言うシャリだけを寿司の形にした物を大量に作り置きしておくんです。
それを寿司に握っていたので、「シャリ玉」作りの仕事が回ってきてたんですね。

この「シャリ玉」作りも寿司を握る練習になりました。
ご存知の通り、寿司の美味しさの1つにシャリの美味しさがあります。

おいしいシャリも硬く握ったのでは、美味しさは半減どころか不味くなります。
米粒と米粒の間に充分な空間を作り、口の中でホロホロと崩れてくれないといけません。
柔らかく握りすぎても駄目で、出来上がった寿司を摘んで食べれないようじゃ
話になりませんからね~

シャリ玉作りは練習になりました。

握り07


次回に続きます。
←ぽちっとオネガイシマス



携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

filth

こんにちわー

>おいしいシャリも硬く握ったのでは、美味しさは半減どころか不味くなります。
>米粒と米粒の間に充分な空間を作り、口の中でホロホロと崩れてくれないといけません。
>柔らかく握りすぎても駄目で、出来上がった寿司を摘んで食べれないようじゃ
話になりませんからね~

これ、確かに大切ですよね。寿司も、おにぎりとかも。
このシャリの話で一番俺が好きな話が、漫画「美味しんぼ」であったのですが、
昔はやったような頑固なおっさんがやっている寿司屋で主人公の山岡さんがここの寿司は食べる価値がないとまでいいきって、そこの親父を名人が握る寿司屋へ連れて行って旨い寿司を食べさせたうえで、大学でレーザーメスかなんかで寿司を真っ二つにして断面を見て、「あんたの寿司はおごりでつぶれちまってるんだよ」って。おっさんが「俺をこんなところまで連れてきて説教して、何がしたかったんでぃ」といったら、「ただ、、言わずにはおれなかっただけさ」と山岡さん。可愛そうなくらいのやっつけっぷりですが、寿司が口の中でホロリとくずれるのは?というのをわかりやすく説明してくれた面白いお話でした。

ブ~ビィ

こんばんわ~っ。筋肉料理人さん!
じつは高校のときのバイトは寿司屋でした。
出前でしたけど、魚好きなオレとしては水槽で泳ぐ魚。
ネタになるいろいろな魚を見るだけで楽しいモンでした。

うちでスシパーティーなんかしたら楽しいでしょうね~っ。
娘にもスシダンゴ握らせてあげたいなぁ。

ポン太

ご飯で練習するのだと思っていました
こんなもので練習するなんて想像もしませんでした。
ふ~ん…って感じですね。

Sarhto

[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
ティッシュで握りの練習うですか~~
こんどやってみようかなぁ~
おすしにぎりごっこw
@(・ェ・)@φメモメモ

応援ポチ凸とな

筋肉料理人

いらっしゃいませ~
filth さん、こんにちは~
「美味しんぼ」読んでましたね~
その寿司屋の話も記憶にありますよ。
あの漫画は善玉と悪玉がはっきり別れていて面白かったです。
レーザーメスで切るなんて、今なら「ためしてガッテン!」でやりそうですね。

ブ~ビィ さん、こんにちは~
寿司屋でバイトですか~魚好きにはいいバイトですね。
>うちでスシパーティーなんかしたら楽しいでしょうね~っ。
楽しかったですよ。
下の子供も一緒に握ったんですが、
出来上がったのは巨大な手毬寿司風でした^^
それでも、美味しそうに食べてましたよ。

ポン太さん、こんにちは~
練習の仕方の一例と思ってくださいね。
練習の仕方は色々あると思います。
これでも、結構手が慣れてくるんですよ。

Sarhto さん、こんにちは~
>おすしにぎりごっこw
初めは本当に「握りごっこ」ですね~
握りになるには時間がかかりますよ。
家族で握りごっこは結構楽しいかも?
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.