スポンサーリンク

かつおの刺身 、 かつおのにらしょう油漬け丼

鶏じゃが朝定食06

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日の佐賀は夕方まで小雨、今はあがって冷え込んできました。暖房がいるかなって寒さです。私はまだ咳が残っていて、治るのには、もう暫くかかりそうです。

初鰹には速いですが、かつおの刺身を食べました。
今月、ある企画で、かつおを使った料理を紹介することになって、その試作をしたんですよ。試作費用は自腹(´;ω;`)なんですが、せっかくなら美味しいのを作りたいじゃないですか。朝一で魚屋さんをハシゴして鰹を探しました。最初に行った店にもあったんですが、小ぶりな鰹だったので、近場にある別の店に行ってみました。そしたら、そこにも同じ位のサイズの鰹が並んでいます。仕方ないなあ、これを買うかなあ~と思っていると、店のお兄さんが、おばちゃんに「奥から鰹持ってきて!」って言ってます。瞬間、ウサギの耳になった私は、おばちゃんに注目してると、奥の冷蔵庫から、鰹の大きな雄節(背中の身)を持ってきたじゃないですか!
思わず「それください!」と言いましたね。ですが、その節は2キロくらいはありそうな大きなもので、おばちゃんが「それ全部ですか?3800円くらいしますよ」、全部いいの?って感じで聞かれたので、半分買って来ました。

雄節の半分ですが、重さを量ると1.1キロ!!あります!

にらしょう油漬け丼01

皮付きの状態ですけど、刺身にしたら普通に10人分位になります。
しかも、お値段は1500円です!!
お兄ちゃんが半分に切って、重さも量らず「1500円!」って、言ってくれたので、超、お買い得な刺身になってしまいました。

この状態です。
皮がついたまま、血合いの骨も少し残っているので、まずは血合いの小骨を切り取り、その次に皮を切り取ります。

にらしょう油漬け丼03

そして、このままじゃ刺身に切れないので、刺身に切る前のサクにします。
この場合は上の写真の右端の方をまっすぐ切って、断面が三角のサクをつくり、残った身を縦半分に切って、断面が長方形のサク、2本を作ります。

にらしょう油漬け丼04

そして、表面の荒れてる所を切り取ったのが、右上に見える「切り落とし」です。切り落としは「なめろう」や「漬け」にするのがお勧めです。

この鰹は超がつくくらい鮮度が良かったので、リードで巻いて冷蔵庫で夜まで寝かせました。買ってきたのが午前中なので、6時間ちょっと寝かせたことになります。

にらしょう油漬け丼05
にらしょう油漬け丼06

サクにして寝かせることで、身が酸素に触れて色が良くなるし、少しは旨みが出てきます。
ここまでの処理を午前中にしたわけで、時間的にちょうど昼時になりました。
と言うことは昼飯には「切り落とし」を使った漬け丼でしょう!


にらしょう油漬け丼27



かつおのニラしょうゆ漬け丼

材料 1人分
かつおのさし身、切り落とし      80~100g
ニラしょう油※            大さじ2~3杯
卵黄                 1個
糸切り唐辛子             適量
刻み海苔               適量

※ニラしょう油の作り方は→海苔ラー油とにら醤油で冷奴、玉子かけご飯

作り方

①かつおの切り落とし、もしくは刺身を一口大に切り、ニラしょう油と絡めます。5~15分馴染ませましょう。

にらしょう油漬け丼07



②丼飯に刻み海苔を散らし、上に①をドーナッツ状にのせ、ニラしょう油もかけます。

にらしょう油漬け丼08

中央に卵黄を落とし、糸唐辛子を散らして完成です。

にらしょう油漬け丼11

「かつおのニラしょう油漬け丼」の完成です~
マジウマです!!
ただでさえ旨味の強い本鰹が、ニラしょう油の旨みでパワーアップしています。自分で作って、自分で撮影して食べたんですが、家族はすでに昼食後で食卓近くにいませんでした。一人静かに旨さを噛み締めていたのは、言うまでもありません。家族には晩御飯の時、刺身&企画のっ作品を食べてもらうので、我慢してもらいました~




というわけで、夜の部です。
まずは企画の試作品をつくり、家族に試食してもらった所、「めっちゃ美味い!」とのこと!
レシピの確認と味の確認ができたので、ホッとしました。この料理については、後ほど記事にさせてもらいます。試作が終わったら、余った鰹を刺身にしましょう。

鶏じゃが朝定食06

鰹や鮪、サーモンなど、身の軟らかい魚を刺身にする時は、厚めに切ったほうが美味しいです。

鶏じゃが朝定食01

まな板の上に、サクの厚みのある方を向こうにして置き、包丁を引くようにして切ります。

鶏じゃが朝定食02
鶏じゃが朝定食03

包丁の刃元から刃先まで長く使い、包丁を引くように切るといいです。
鰹や鮪は身が柔らかいので、実は切るのが難しいです。切れ味の良い包丁を使い、包丁を引いて切る。感じでやるといいですね。切った刺身は玉ねぎスライス、大葉を敷いた皿に盛り、わさびを添えました。薬味はお好みで、生姜、にんにく、辛子、何でもいいと思います。

鶏じゃが朝定食19

メチャウマな刺身でしたよ。
一晩寝かせたら、もっと美味くなりそうでしたが、この位が旨みと食べやすさのバランスがいいかもですね。先日、西日本文化サークルの料理教室の時食べたヤイトカツオも美味かったですが、本鰹は流石に美味いです。久々に美味しい本鰹を食べました。企画の試作で美味しい思いをしました(自腹ですが)。

(・∀・)そんじゃまた~

グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。