スポンサーリンク

新たまねぎでキムチ焼きうどん

キムチと新たまねぎ焼きうどん19

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日は寒かったですね。全国的に冷え込んだそうで、皆さん、風邪など引かないように注意してくださいね。

今、新たまねぎが旬ですね。水分が多い新たまねぎは辛味が少なく、生食が美味しいです。ですが、さっと炒めたり、焼いたりしても美味しいです。普通の玉ねぎなら火が入りやすいように薄く切るところですが、新たまねぎなら厚く切ってOK。意外に美味しかったりします。今日はキムチ焼きうどんに新たまねぎをたっぷり入れてみました。って言うか、実は野菜が切れてて、新たまねぎしか無かったんですよ。それで、新タマネギたっぷりの焼きうどんにしましたが、結果オーライ、新たまねぎが甘くて美味しかったです。


そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!


新たまねぎでキムチ焼きうどん   作り方とレシピ

材料 たっぷり1人分

うどん麺          1玉
豚こま肉          50g
たまご           1個※別のフライパンで目玉焼きにします。
白菜キムチ         80g
新たまねぎ         100g
ブナシメジ         1/4株
小ネギ           4~5本
削り節           1/2パック
塩、こしょう        適量
ごま油           大さじ1/2

A
コチュジャン        小さじ2
しょうゆ          小さじ2
日本酒           大さじ1
砂糖            小さじ1


作り方

①豚こま肉、白菜キムチは一口大に切り、新たまねぎは縦6等分のくし切りにします。
ブナシメジは石突を切り取り、ほぐしておきます。
小ネギは3cm位の長さに切っておきます。

Aを混ぜあわせておきます。


②うどん麺は電子レンジであたためておきます。(ゆで麺の場合電子レンジ500wで2分くらい。冷凍麺の場合は説明書の解凍時間あたためてください)


③フライパンにごま油を入れて中火にかけます。熱くあった所で豚こま肉をいれ、色が半分くらい変わったら白菜キムチ、ブナシメジを加えて炒めます。

キムチと新たまねぎ焼きうどん01
キムチと新たまねぎ焼きうどん02

白菜キムチの水分が飛んできたら、新たまねぎを加えます。

キムチと新たまねぎ焼きうどん03

さっと混ぜたら、うどん麺を加え、Aを回しかけます。
新たまねぎは炒め過ぎないほうが美味しいようです。

キムチと新たまねぎ焼きうどん06

強火にあげ、水分を飛ばすように炒めましょう。
タレの水気が飛んだら、塩、こしょうで味を調えます。
味が決まったら火を消し、小ネギを加えて混ぜたらできあがり。

キムチと新たまねぎ焼きうどん08

皿に盛りつけ、別に焼いた半熟目玉焼きをのせます。削り節を散らしてできあがり!

キムチと新たまねぎ焼きうどん24

キムチと新たまねぎ焼きうどん13

キムチと新たまねぎ焼きうどん09


新たまねぎでキムチ焼きうどんの完成です~
甘辛のコチュジャンで味付けした焼きうどんは美味しかったです。新たまねぎも違和感なしでいけましたよ。半熟目玉焼きを潰し、麺に絡めて食べると、よりコクが深まりますね。お食事のための料理なんですが、ビールが欲しくなるのは、焼きそばと共通の感覚でしょう。細かいとこですが、削り節のトッピングで一味変わります。回線をいれない場合は、削り節をのせたほうが美味しいですよ。

(・∀・)そんじゃまた~

グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.