スポンサーリンク

簡単手作りジャークチキン風

ジャークチキン新29

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日は私の新しいレシピ本「最高の晩酌つまみ ㈱宝島社文庫本」の発売日ですよ~皆さん、書店さんで見てくれましたかあ~こちら佐賀にも、もう出回っていて、書店さんに並んでるのを発見しました!やっぱ嬉しいですねえ、感無量ですよ。書籍の執筆って素人には結構大変なんです。頑張って作ったので書店さんに並んでるのを見たらねえ、ムネアツになりますね。

21 - 1 最高の晩酌つまみ

本屋さんに行かれたら、是非、探してみてくださいね!



本屋さんで著作を見つけたので、少々、興奮気味ですが、今日の料理行きます!
ジャークチキンを作りました。
ジャークチキンは以前、手作りジャークチキンと、ジャマイカ産本物ジャークシーズニングで作ったジャークチキン、両方作ってみました。本物ジャークシーズニングはなかなか便利で愛用していたのですが、在庫がなくなったので、手持ちのスパイスで簡単レシピを作ってみました。

レシピに入る前にジャークチキンって何?と思われる方もいらっしゃると思うので説明です。ジャークチキンはジャマイカ料理で、ジャークシーズニングと呼ばれる混合調味料でチキン、ポーク、魚などを漬け込んで焼く料理だそうです。チキンを漬け込んだものはジャークチキンで、ポークを漬けたものはジャークポーク、魚を漬けたものはジャークフィッシュというそうです。本物シーズニングを使って作ってみると、とってもスパイシーで辛いんですが後引く味で、癖になりそうな味です。炭火焼でバーベキューするときなどに作るとベストでしょう。本物ジャークシーズニングのラベルを見ると、エスカリオン、唐辛子、ピメント、ブラウンシュガー、黒こしょう、タイム、にんにく、酢、香辛料等と書いてあります。エスカリオンはネギのナカマらしいので長ネギで代用。唐辛子はあるし、ピメントはオールスパイスのことです。手持ちの材料で作れそうなので、やってみました!


そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!


簡単手作りジャークチキン風  作り方とレシピ

材料 2人分

鶏もも肉             2枚
ライム              1個※
レタス、クレソン         適量
プチトマト            2個
マヨネーズ、ケチャップ      適量


A
長ねぎ        1/2本 葉と茎半分づつ
にんにく       1かけ
塩          小さじ1と1/2
砂糖         小さじ2
ライム汁       大さじ2※
しょう油       小さじ1
オリーブオイル    大さじ1
オールスパイス    小さじ1
ブラックペパー    小さじ1
一味唐辛子      小さじ1
タイム        小さじ1/2※2

※なければレモンでもOK.
※2 なくてもOK


作り方

①鶏もも肉は包丁の先で全体を刺し、筋切りします。

ジャークチキン新06

筋切したらボウルに入れ、ライム1/2個分の果汁をかけ、馴染ませておきます。

ジャークチキン新07


②ジャークシーズニングを作ります。
Aの材料の、長ねぎとにんにくは細かく刻み、すりおろすか、フードプロセッサーにかけて、滑らかにします。

ジャークチキン新02
ジャークチキン新03

滑らかになったら他の材料を混ぜましょう。
一味唐辛子は小さじ1入れると、かなり辛いです。苦手な方は半分にしてください。

ジャークチキン新04



③鶏もも肉をビニール袋に入れ、②のジャークシーズニングを加えて口を閉じ、手で揉んで馴染ませましょう。

ジャークチキン新08
ジャークチキン新09

冷蔵庫で2時間~一晩馴染ませます。



④馴染ませたら冷蔵庫からだし、常温に30分置いて温度を室温に上げます。オーブントースターのトレイにアルミホイルを巻き、周囲に壁を作って(出てきた脂が溢れるのを防ぐため、火災予防です)、サラダ油を薄く塗ってから、鶏もも肉の皮を上にしてのせましょう。

ジャークチキン新10

オーブントースター(1000w)で10~15分焼きましょう。

ジャークチキン新11

様子を見ながら焼き、皮に美味しそうな焼き目がついたら加熱終了です。

ジャークチキン新12
ジャークチキン新13

オーブントースターから取り出し、5分ほど休ませて粗熱を取ります。
15mm幅に切って皿に盛りつけましょう。

ジャークチキン新15

手でちぎったレタス、あればクレソンなど、プチトマト、ケチャップ、マヨネーズを添えてください。仕上げに輪切りにしたライムを添えて完成です。

ジャークチキン新23

ジャークチキン新33

ジャークチキン新39

「簡単手作りジャークチキン風」の完成です~
ケチャップをつけながらか、ライムを絞って頂きましょう。
食べるとやたらとスパイシーで、ビールをおかわりしたくなるような味です。やっぱジャマイカ風ですから、ライムを絞ると、より気分はジャマイカ風。思わずジムキャリーのキューバン・ビート!!を思い出すような、海苔の良い味です。熱い日にビールにライムを絞って飲みつつ、食べたい感じです。

最高の晩酌つまみ

(・∀・)そんじゃまた~

グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。