スポンサーリンク

うなぎの蒲焼で柳川丼

鰻柳川丼05

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
今日も暑かったですねえ。
今日は佐賀市内のスーパーモリナガ本庄店にサガテレビ元気モリモリテレビの生放送に行って来ました。生放送は苦手なんですが、スタッフの皆さんが、大変、良くしてくれるので、何とか毎回、努めさせてもらってます。で、今日作った料理がこれです。鰻の蒲焼きを使った柳川丼です。土用丑の日が近いので、うなぎの蒲焼を使ったレシピってリクエストを頂きました。ですが、今、鰻は高いでしょう。だからどうかなあと思ったんですが、暑い夏に鰻で夏バテ防止は、皆さん、思うとこですから、高い鰻を有効に使おう!そう思ってこのレシピにしました。

柳川鍋は江戸前の料理で、本当はドジョウを使います。開いたドジョウが柳の葉に似てるから柳川鍋と聞いたことがありますが、本当かは定かじゃありません。江戸の昔、ドジョウと牛蒡は精のつく料理と考えられていました。江戸時代、中期まで鰻はドジョウより下の食べ物だったらしいですが、江戸も中期を過ぎ、末期になると、鰻を好んで食べるようになったらしいですね。本来の柳川鍋のドジョウを鰻にかえたものが、鰻の柳川鍋で、それを丼仕立てにして、みzつばの代わりにニラを使い、更に元気の出るレシピにしました。


そんじゃ~さっそく~(σ´∀`)σ行ってみよう!!


材料 1人分

うなぎの蒲焼         1/4尾
卵              1.5個
ごぼう            40g
にら             1/8束
山椒粉            適量
丼飯             1杯

A割り下
和風だし         1/2カップ
しょうゆ、みりん、日本酒 各大さじ1
砂糖           大さじ1/2


作り方

①ゴボウはタワシで洗って泥を落とし、ピーラーで3~4cm位の長さに薄くむき、水につけて晒しておきます。にらは3cmに切ります。鰻の蒲焼きは1cm幅に切ってください。

鰻柳川丼01
鰻柳川丼02



②小さなフライパンにAと、ザルにあげ水気を切ったごぼうを入れて強火にかけます。沸騰してきたらとろ火にし、フタをして3分加熱しましょう。

鰻柳川丼03


③3分経ったらフタを外し、にら、鰻の蒲焼きを入れます。卵を溶いて3/4量を流し入れ、少し固まってきたら残りの卵液を流し入れましょう。

鰻柳川丼04


④卵が好みの具合に固まったらフライ返しですくい、丼飯にのせまs。お好みで粉山椒をふって頂きます。


鰻柳川丼12

鰻柳川丼17


うなぎの蒲焼をごぼうと一緒に卵でとじることで、鰻がふっくら、とろりと美味しくなります。にらも入れてますから、食べると、より一層元気が出ます。そして、ごぼう、にらと一緒に卵でとじますので、1人分作るのに鰻1/4尾で大丈夫です。夏のスタミナ食にお勧めですよ!

  



(・∀・)そんじゃまた~

グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票


スポンサーリンク

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。