スポンサーリンク

さざえの刺身とさばき方  動画

サザエの刺身y46

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
久々にサザエの刺身をつくりました。
魚屋さんに寄ったら、型のいいのが安かったので、思わず買っちゃいました!
貝類の刺身って旨いんですよね。私、大好きなんですよ。
貝類の中でもサザエは磯の香りと、コリコリした食感が命ですので、鮮度の良い物を選びたいです。

サザエの場合、刺身に切るのは簡単なんですが、殻からだすのが・・・・
そういう方も多いでしょう。
サザエを殻から出すのには、専用のナイフみたいな道具があって、これを使うとやりやすいです。ですが、これはスプーンの柄で代用出来ます。家にある古いスプーンを使うといいですね(新品は傷が付くので、勿体無い)。

サザエの刺身y04

サザエ選びですが、ある程度、大きなものがいいです。
どの程度大きなものかといえば、上の写真サイズ位なら割とさばきやすいです。
小さいと、身を取り出しにくいんですよ。
それと、上の写真みたいに手の上に乗せてグズグズしてると、サザエが警戒して蓋を閉じてしまいます。冷蔵庫に入れてると、低温のせいかフタが半開きになることが多いので、開いてるうちにスプーンの柄を差し込んで身を取り出します。

スプーンの柄を殻の螺旋の内側の方にサクッと挿して、殻にそって柄を回し、身を切り離します。

サザエの刺身y05

慣れたら超簡単なんですが、最初は結構難しいです。

サザエの刺身y07

身が取れました。
が、まだ殻の中に身の残りと、ワタが入ってます。

サザエの刺身y09

下の写真の人差し指で示した部分で、身と殻がくっついてますので、ここに人差し指を差し込み、指先で押してやると、ワタと身の残りがとれます。

サザエの刺身y11

下の写真みたいに指を差し込んで外します。サザエが小さいと、これがやりにくいんです。慣れるまでは大きめサザエを使ったほうがいいですよ。

サザエの刺身y12

とれました。

サザエの刺身y14

取り出したワタの先っちょ、螺旋状になってる部分と、反対側についてる身を切り取ります。

サザエの刺身y24

螺旋状のワタは熱湯に入れて、さっと湯がき、冷水で冷ましてください。

サザエの刺身y29
サザエの刺身y30
サザエの刺身y32 冷めたら水からあげます。

殻とフタも熱湯に通して殺菌しましょう。

サザエの刺身y34

熱を通したら、水で冷まします。

サザエの刺身y35

何気に貝類の殻って食中毒菌が心配なので、私は何時も煮沸してます。


次は身の処理です。

身には蓋がついてます。

サザエの刺身y16

包丁で切り取りましょう。

サザエの刺身y17
サザエの刺身y19 切り取ったフタは熱湯に通します。

身の方は、よく観ると口らしき部分があります。
口の中に、固いクチバシが入っているので、この部分をV字に切り取ります。

サザエの刺身y21
サザエの刺身y22

フタを切り取った身とワタから取った身に、たっぷりの塩をまぶします。

サザエの刺身y27

これを手でしっかりと揉んでヌメリを出し、流水で洗い流します。
ここで流水を使って洗うことで、ヌメリとともに、表面に付いているかもしれない細菌も流すんです。


洗ったら、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

皿に大根けん、殺菌したサザエの殻、大葉などを飾り、刺身を盛ります。

サザエの刺身y36

サザエの刺身を切るのは簡単です。
サザエの身を左手でまな板に軽く押し付けながら持ち、刺身包丁をまな板と平行に、まな板に添うように切り込みます。この時、包丁の背の方はまな板にくっつき、刃先が少し起きてる感じです。

サザエの刺身y37
サザエの刺身y38

サザエは滑りやすいので、指を切らないように注意してくださいね。
サザエの刺身は、薄く切り過ぎなのがコツかなと思います。
余りに薄く切ると、歯応えがなくなりますからね。

サザエの刺身y61

サザエの刺身y64


湯がいたワタも添えます。
サザエの場合は磯の香りが強いので、あればレモンスライスなどの上に盛りつけるのもいいですね。
磯の香りと、コリコリとした食感がたまらなくいいです。焼酎がいけましたよ。
テキストじゃわかりにくいと思いますので、下の動画もご覧ください。

(・∀・)そんじゃまた~




グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

スポンサーリンク

コメント

吉平

うまそーです。

筋肉料理人

Re: タイトルなし
吉平さん、こんばんは~
ありがとうございます!
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。