スポンサーリンク

中華味噌で変わり「なめろう」

中華味噌なめろう03

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
昨日、嫁さんに買い物を頼んだら、気をきかせて鯵の刺身を買ってきてくれました。パート帰りに買ってきてくれたので、値引きシールの付いた、お買い得刺身ですね。私も遅い時間、スーパーに行って値引きシールを見ると、ついつい手が伸びちゃいます。夫婦して同じらしいです(^_^;) 昨晩は遅くまでパソコン仕事をしてたので、晩ごはんは11時過ぎになっちゃいまして、またまた嫁さんが気をきかせて、刺身を皿に盛りかえてくれたんです。刺身って皿に盛り変えるだけで気分が変わりますからね。そしたら、台所から「この刺身、いまいちかも・・・」という声が・・・・

嫁さん曰く、イマイチなので酢で締めようか?それともマリネ風に?と言うので、ものを見ると、酢で閉めるほどじゃありません。ならば、味噌と一緒に叩いて「なめろう」にすることにしました。「なめろう」は日本中各地に似た料理がある漁師料理で、鯵やいわし、かつおを薬味、味噌と一緒に叩いてつくります。これが、美味しいんです!あまりに美味しいから皿まで舐める、だから、「なめろう」なんて話も聞きます。青魚だけでなく、贅沢ですがカワハギ等の白身で作っても美味い、イカで作っても美味いです。新鮮で旨みが出た頃の魚で作ったほうが旨いに決まってますが、味噌を使うので魚のアラを隠してくれます。今回、中国味噌を使って「変わりなめろう」にしました!


中華味噌で変わり「なめろう」


材料

鯵の刺身          1パック(大きめのもの一尾分)
豆鼓醤(トウチジャン)   小さじ1弱
甜麺醤(テンメンジャン)  小さじ1/2
豆板醤(トウバンジャン)  小さじ1/4
大葉            2枚
長ねぎ           3cm
おろしニンニク、生姜    少々
ごま油           小さじ1/5

刻みねぎ、糸切り唐辛子、白いりゴマ、大葉(盛り付けよう) 適量

※中華味噌の量は味見しながら調節してください。

作り方

1)長ねぎ、大葉2枚はみじん切りにします。

2)まな板に鯵の刺身、刻んだ長ねぎ、大葉、おろし生姜、にんにく、豆鼓醤、甜麺醤、豆板醤、ごま油を一山にしてのせ、包丁でザクザクと切り、その後は混ぜながら、とんとんと叩きます。鯵の刺身が小さくなり、粘りが出てきたらOKです。

※最初は豆鼓醤、甜麺醤、豆板醤を少なめに入れて叩き、味見しながら追加してください。お好みの味にしてもらえばOKです。味見し過ぎて無くならないように注意してね。


3)皿に大葉を敷き、出来上がったなめろうを一塊にして盛り、白いりゴマ、刻みねぎ、糸切り唐辛子を散らしてできあがりです。糸切り唐辛子は辛くありません。色と香りがいいので気分が盛り上がります。今はチャック付き少パックが売ってますので、開封後は冷凍庫で保存してください。香りと色が抜けません。

下の動画は秋刀魚ともろみ味噌で作った、「もろ味噌たたき」です。これを、もうちょっと叩くと「なめろう」になります。参考にご覧ください。今年はまだ高いですが、秋刀魚で作っても美味しいです。



中華味噌なめろう07

中華味噌なめろう08

中華味噌で変わり「なめろう」の完成です~
何時ものなめろうとは、ちょっと違う、中華味噌テイストのなめろうです。
これって何気に旨いかも?
韓国味噌のコチュジャンで味付けしても美味しいのは知ってましたが、中華味噌でもいけますね!
秋刀魚が安くなったら、秋刀魚でも作ってみようと思います。

  



(・∀・)そんじゃまた~

グーグルプラスに大きな画像があります。→ G+筋肉料理人


このブログは料理ブログランキングに参加しています。
モチベーション維持の為、ランキング投票にご協力をお願いします。
下のバナーを押して頂くとポイントが加算されます。
投票による不利益は一切ありません。
超、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  
携帯の方は→人気ブログランキング投票

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。