魚料理と簡単レシピ

筋肉料理人 藤吉和男の魚料理、簡単料理、おつまみ、筋トレ食の作り方とレシピ、魚のさばき方を初心者にもわかりやすいよう、画像、動画を使って詳しく解説しています。鶏むね肉を使ったアイデア料理も必見です!
スポンサーリンク
___

2013.11.22 12:54 |カテゴリ:ブリ・ハマチ・イナダ・ヤズコメント(2)

ぶりのなめろう


ぶりなめろう04

 人気ブログランキングへ



こんにちは、筋肉料理人です。
寒くなると魚屋さんでブリの刺し身をよく見かけるようになります。この時期、美味しいいブリの刺身を[なめろう」にしてみました。

ぶりのなめろう

なめろうは房総半島周辺の郷土料理で有名ですね。魚を味噌、ねぎ、生姜、大葉等の薬味と一緒に粘りが出るまで叩いたもので、皿まで舐める程美味しいからなめろう。等と言われています。アジやイワシ、サンマ、トビウオ等、青魚で作る事が多いですが、刺身で食べる魚なら何を使っても美味しいので、お好みの魚を使ってもらえればと思います。

なめろうを美味しく作るコツですが、やっぱり第一は新鮮で美味しい刺身を使うこと、そして味噌もお好みでいいので美味しい味噌を使うこと、薬味は多めのほうが美味しいかな。味噌に関しては「もろみ」を使ってもいいと思います。

先ほど、新鮮で美味しい刺身を使うことと書きましたが、実は「なめろう」ってイマイチの刺身を美味しく食べる方法でもあります。濃い味をつけられるので、元の味を隠しちゃう面もあるからです。その辺はシチュエーションで使い分けって感じでしょうか。あら隠しの時は味噌にコチュジャン、テンメンジャン、トウバンジャン等混ぜても美味いです。

当然ですが「なめろう」は刺し身ですので衛生管理には気をつけてください。台所回り、手は清潔にして、食材の常温放置はしないようにしましょうね。とにかく刺身の温度をあげないようにしましょう。

材料 1人分
ぶりの刺身        75g(刺身パックでいいですよ)
長ねぎ          茎を5~7cm
大葉           2枚
生姜           1/2かけ(8g)
にんにく         1/4片(2.5g)
味噌           大さじ2 お好みで味見しながら入れてください。

カイワレ大根       1/2パック
卵黄           1個


※ゆずやレモン等の皮の表皮を切り取り、細かく刻んで混ぜても美味しいです。

ぶりなめろう18 ぶりなめろう19 ぶりなめろう20 ぶりなめろう21


作り方

1)生姜、ニンニクは小さなみじん切り、長ねぎ、大葉はやや大きめのみじん切りにします。

ぶりなめろう24
ぶりなめろう26
ぶりなめろう28


2)まな板の上にぶりの刺身、1)の薬味、味噌をのせ、包丁でトントンと叩きながら混ぜていきます。

ぶりなめろう29
ぶりなめろう30

粘りが出るほどに叩いて混ぜます。たたき具合はお好みでいいです。私の場合、少し粒が残ってるくらいが好きですね。味噌の量もお好みで調節してもらっていいです。材料欄に書きましたが、ゆずやレモンの表皮を刻んで混ぜると爽やかになるし、一味を混ぜればピリ辛になります。薬味は夏場ならみょうが等もいいですね。

好みの具合になったら盛りつけです。
皿に3cmに切ったカイワレ大根をしき、上に盛ります。中央に卵黄を落としてできあがりです。

ぶりなめろう16

ぶりなめろう09

ぶりなめろう13

「ぶりのなめろう」の完成です~
これはお酒がいけますよ!
そして、お酒もいけますが、ご飯にも合います。
丼にしてもいいですし、丼飯を酢飯にするのも私は好きです。

過去に作った「なめろう」に関連する料理

いわしもろ味噌なめろう05 いわしのもろ味噌なめろう

このしろ三色たたき23 このしろ三色たたき

中華味噌なめろう07 中華味噌でなめろう

さんまのもろ味噌たたき26 さんまのもろ味噌たたき

鯛もろみ味噌和えa21 鯛もろみ味噌和え

スルメイカなめろう09 真いかのなめろう

人気ブログランキングへ  


スポンサーリンク





毎日拝見させていただいております。ぶりをなめろうにしようと思ったことはありませんでした。いろんな青魚で作ってなめろうとさんが焼きの食べ比べしても面白そうですね。ところで、料理の写真はご自身で撮られているんですか?なめろうみたいな料理だと刻む→手を洗う→写真撮る→刻むみたいな感じで忙しそうだなと思った次第です。
[ 2013/11/23 03:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
芋さん、こんにちは~
ブリでなめろうもなかなかです。
色んな魚で作って、ちょっとずつ食べ比べるのは楽しいと思います。
私、白身でも作るんですが、美味しいですよ。
ウスバハギをなめろうにしたのも美味しかったです。
その時は湯がいた肝も一緒にたたきました。
写真は嫁さんや子供に撮ってもらうこともあります。
刺身の場合は多いですね。
[ 2013/11/23 11:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ツイッター
プロフィール

筋肉料理人 藤吉和男

Author:筋肉料理人 藤吉和男
藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

筋肉料理人のレシピ本
フルブラ!&料理サプリ!


レシピブログ
来場者
検索、ブログ内検索
キーワードを入れて検索、ブログ内検索ができます。

 
カスタム検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索



カテゴリ