スポンサーリンク

猪肉のタバスコ焼き、ジャークポーク風

ジャークポーク12
 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
先日、知り合いから頂いた猪の肉でジャークポーク風の料理を作りました。ジャークポークはジャークシーズニングという調味料を使ったジャマイカ料理。すっぱ辛くてメッチャ美味いんです。とってもワイルドな料理なので猪にも合うかな?とやってみたら美味しかった!猪の肉でなくとも、豚もも肉、牛もも肉、鶏もも肉でも作れますので、やってみようって時はそれらのお肉で試してください。

猪肉のタバスコ焼き、ジャークポーク風

ジャークポークは豚の肉をジャークシーズニングに漬け込んで焼きます。ジャークシーズニングは業務用スーパー、通販で手に入ります。今日のレシピではタバスコ、オールスパイスを使ってジャークシーズニング風の味付をしました。この手作りジャークシーズニングは作って冷蔵できますので、ちょっと多めに作っておいてもいいかもです。

材料2人分
猪もも肉かたまり(豚もも肉かたまりでも) 250g
塩                    小さじ1/2
長ねぎ        20g(もしくは玉ねぎ)
にんにく       1/2かけ
イカの塩辛      小さじ1(もしくはアンチョビーペースト小さじ1)
ブロッコリー、プチトマト、レモンスライス、マヨネーズ 適量

A
レモン汁       大さじ1/2
タバスコ       小さじ1
ケチャップ      小さじ1
オリーブ油      小さじ1/4
GABANオールスパイス<パウダー> 小さじ1/4
GABANブラックペパー<パウダー> 小さじ1/8

作り方

1)猪もも肉に塩を振ります。
豚もも肉、牛もも肉などを使う時は、厚みが2~3㎝位のものを買ってきてください。


2)漬け汁を作ります。
長ねぎ、にんにくは細かいみじん切りにしてください。もしくはすり鉢ですりおろしてもいいです。いかの塩辛もみじん切りして混ぜます。

タバスコチキン24
タバスコチキン25
タバスコチキン26

みじん切りしたらボウルに移して、Aのレモン汁、タバスコ、ケチャップ、オールスパイス、ブラックペパー、オリーブ油を加えて混ぜます。

タバスコチキン31
タバスコチキン32


3)ポリ袋に1)のお肉と2)の漬け汁を入れ、手でもんだら一晩、冷蔵庫で馴染ませませます。鶏もも肉で作る場合は30分ほど室温でなじませるといいですが、猪、豚、牛なら一晩なじませるのがお勧め。


4)馴染ませた肉を250℃に調節したオーブンで20分焼きます。焼きあがったら10分ほど休ませてから薄く切ります。皿に茹でたブロッコリー、プチトマト、マヨネーズ、レモンスライスと一緒に盛り付けてできあがりです。

ジャークポーク11

ジャークポーク10


「猪肉のタバスコ焼き、ジャークポーク風」の完成です~一般に固い、臭いと言われる猪肉ですが、ワイルドなジャークポーク風のローストはバッチリ合います!漬け汁の効果で肉が柔らかく、ジューシーになりました。子どもや嫁さんが喜んで食べました。豚もも肉や鶏もも肉で作っても美味しいので、それらのお肉でお試しください。

関連レシピ


鶏レバーでジャークチキン02 鶏レバーのタバスコ焼き、ジャークチキン風

タバスコチキン16 オーブントースターでタバスコチキン

鶏レバーのタバスコオイル煮37 鶏レバーのタバスコオイル煮

ジャークチキン新29 簡単手作りジャークチキン風

手羽先でジャークチキン22 手羽先でジャークチキン

鶏もも3色オーブン焼き17 鶏もも肉のオーブン焼き、三種類の味で 

人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。