スポンサーリンク

こってり美味しい、ホルモン味噌炒め

ホルモンピリ辛味噌炒め06t
 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
昨日に続いてまたビールがいける料理の紹介です。生ホルモン、シマチョウを味噌炒めにしました!

ホルモン味噌炒め

今日のレシピは生のシマチョウを味噌ダレに漬け込んで焼きます。生ホルモンを使いますから材料がとても大事です。できれば国産牛がいいというか、国産牛の生シマチョウがいいです。材料が良ければ後は簡単、美味しいホルモン炒めが作れます。

普通、ホルモン炒めって下茹でして脂をおとした白ホルモンを使うことが多いと思いますが、鮮度のいい国産牛のシマチョウには美味しい脂がついててこれが美味しいところです。焼くと脂がでますので、もやしとにらを一緒に炒めてやって脂を絡めるともうめちゃ旨ですよ。脂を絡めて食べるようなものだから、当然、カロリーは凄いけど、毎日食べるものじゃありませんからね。たまには美味しいのを食べましょう。それでも脂はちょっとって方は下茹でして作るといいですよ。

材料2人分

生牛シマチョウ      200g
もやし          1袋(200g)
にら           1束(100g)
長ねぎ          10㎝
タカノツメ        1/2本
塩            適量
タカノツメ        1/2本
サラダ油         小さじ2

A
味噌         大さじ2
しょう油、砂糖    各大さじ1
日本酒        大さじ2
おろし生姜、おろしニンニク 各小さじ1
黒こしょう      小さじ1/4
片栗粉        小さじ1

作り方

1)長ねぎは細かいみじん切り、タカノツメは種を取り細かい小口切りにします。Aと一緒にボウルに入れて混ぜ、シマチョウを加えて混ぜ、15分ほど馴染ませます。

ホルモンピリ辛味噌炒め13ホルモンピリ辛味噌炒め14
ホルモンピリ辛味噌炒め15ホルモンピリ辛味噌炒め16


2)にらは5㎝位に切っておきます。


3)炒め用のフライパンにサラダ油を入れ強火にかけます。煙が出る直前まで熱くしたら、にら、もやしの順に入れてさっと炒めあわせ、もやしに透明感がでたら皿に移します。高温の鍋にニラから入れることで香りを出します。

ホルモンピリ辛味噌炒め19
ホルモンピリ辛味噌炒め20
ホルモンピリ辛味噌炒め21



4)同じフライパンに1)のシマチョウをいれて中火で焼くように炒めます。

ホルモンピリ辛味噌炒め22

熱が通ってくると脂が出てくるので、適度に熱が通ったところ(シマチョウにまだ脂が残っている状態)で3)の野菜を戻し入れます。さっと混ぜたら皿に盛ります。結構な脂が出ているので、野菜とホリモンをすくって皿に盛り付けるといいです。

ホルモンピリ辛味噌炒め05t

ホルモンピリ辛味噌炒め12t

ホルモンピリ辛味噌炒め10t

「ホルモン味噌炒め」の完成です~
ふわふわの脂がのったシマチョウは、口に入れると味噌の風味とともに濃厚な脂の旨味が口に広がり、これぞホルモン!って感じです。シャキシャキとした食感のもやしと香ばしいニラにも旨味が乗っているので、とても美味しく食べられました。まさにビールのつまみ!って感じですね。


関連レシピ

ホルモン塩麹炒め24 牛ホルモンの塩麹炒め

ホルモン焼きそばキャベセン13 ホルモン焼きそば・キャベセンのっけ

塩ホルモン焼きソバa13 塩ホルモン焼きそば

もつ煮込みa02 牛もつ味噌煮込み、じゃがいも入り

もつ煮込み丼01 もつ煮込み丼、漢丼!

牛乳もつ鍋09 牛乳もつ鍋、食べやすいもつ鍋です。

胡麻味噌もつ鍋03 ごまみそもつ鍋

人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。