スポンサーリンク

淡竹の親子丼

淡竹親子丼21
 人気ブログランキングへ



こんにちは、筋肉料理人です!
先日、知り合いから頂いた淡竹(はちく)がまだまだあるので、親子丼に入れてみました。淡竹は柔らかくてアクが少なく、味が染みやすいのが特徴です。短時間で作る親子丼に入れても味のなじみがよく、美味しく食べられました。

淡竹の親子丼

まずは淡竹って何?って方は過去記事→「はちくの鶏そぼろあん」をご覧ください。淡竹は細いタケノコみたいな山菜で中国原産。山菜は色々ありますが採るのが簡単な山菜でもあり、大量にとれて、しかも下茹ですれば冷凍保存もできます。今の時期、淡竹を採って下茹でし、冷凍してる方も多いかと思います。

親子丼

親子丼は美味しいですよね~親子丼といえば鶏肉ですが、鶏肉ももも肉が好きな方、胸肉が好きな方、様々だと思います。このレシピでは鶏むね肉を小さめに切り、叩いて片栗粉をまぶして使いました。こうすることで鶏むね肉もしっとり美味しいです。

材料 1人分

鶏むね肉(皮なし)          70g
卵                    2個
丼飯                  1杯(200g)
淡竹(下茹でしたもの、水煮タケノコでも) 80g
玉ねぎ                 1/8個
万能ねぎ                4本
山椒粉                 適量
片栗粉                 小さじ1

A
出汁(和風)              1/2カップ
しょうゆ、みりん、日本酒      各大さじ1
砂糖                  大さじ1/2



作り方

1)Aを混ぜあわせておきます。


2)淡竹は小さめの一口大に切ります。玉ねぎはくし切り、万能ねぎは3㎝に切ります。

淡竹親子丼01淡竹親子丼02
淡竹親子丼04


3)鶏むね肉は15mm角位に切り、麺棒で軽く叩きいてボウルに入れます。片栗粉と1)を小さじ1入れて手でもんで馴染ませます。

淡竹親子丼06淡竹親子丼07
淡竹親子丼08


4)卵は軽く溶いておきます。

淡竹親子丼05


5)小さなフライパンに玉ねぎ、淡竹、1)を入れて火にかけます。沸騰したら3)の鶏むね肉を入れましょう。

淡竹親子丼03淡竹親子丼10
淡竹親子丼12淡竹親子丼13

再沸騰したら弱火にし、1~2分煮て鶏むね肉に熱を通します。熱が通ったら卵液の3/4を回しかけ、万能ねぎをちらします。

淡竹親子丼14

フライパンを軽く揺すりながら加熱し、煮汁が再沸騰して卵液の上の方も半熟になってきたら、残りの卵液を回しかけます。

淡竹親子丼16

残りの卵液をかけたら火を消し、丼飯にフライパンの中身をを滑らせて移します。ここでは思い切って一気に移すのがコツです。ためらいは無しでいきます。

淡竹親子丼17

おこのみで山椒粉をふっていただきましょう。

淡竹親子丼26

淡竹親子丼29

淡竹親子丼23

「淡竹の親子丼」の完成です~柔らかい淡竹が半熟卵、出汁と絡まり美味しく食べられます。鶏むね肉も下処理して使うので、しっとり柔らか。下処理に使った片栗粉で出しにとろみが付き、そこに卵液を入れるから、卵がふわふわになります。美味しいですよ!

関連レシピ

肉味噌丼09 温玉肉味噌丼

トステーキ丼21 親子チキンステーキ丼

ウインナーシシリアンライス27 ウインナーで朝シシリアンライス

いかシシリアンライス11 イカシタ!シシリアンライス

牛丼25 牛丼

スピード炒めカレーy24 スタミナ・スピード炒めカレー

トンテキ丼44 スパイシートンテキ丼

鯛めし66 鯛めし、土鍋で鯛の炊き込みご飯

太刀魚蒲焼53 太刀魚蒲焼き丼


人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。