スポンサーリンク

手作りさつま揚げ

手作りさつま揚げ23

 人気ブログランキングへ



こんにちは、筋肉料理人です!
先週末、発売になりました「旨い!ビールつまみ」、今日には全国の書店さん、一部のスーパー、コンビニに並んでいると思います。見かけたら中身を見てやってくださいね。

  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p  掲載レシピ数144 本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

今日のレシピも新刊発売にちなんでビールがいける料理です。さつま揚げを手作りしました。

さつま揚げ

「さつま揚げ」は鹿児島の郷土料理、向こうでは「つけ揚げ」って言うらしいですが、ちょっと甘目のしっかり味がついていて、独特の食感で美味しいさつま揚げは、そのまま食べても料理に使っても美味しいものです。こちら佐賀、福岡方面では魚の練り物を茶色く揚げたものを「天ぷら」と言います。うどんに入ってる丸天やごぼう天も「天ぷら」です。どちらかと言えば、九州北部では天ぷらのほうが身近で、さつま揚げの方がちょっと高級品ってイメージですね。さつま揚げと天ぷら、どこが違っているかと言えば、さつま揚げには豆腐が入っていて、味付が甘めでしっかりしているところでしょう。だから天ぷらとは食感が違うし、出来たてはそのまま食べるのが一番と思わせる美味しさがあります。そのさつま揚げですが、自宅でも意外に簡単に作れます。魚のすり身と水切りした豆腐、フードプロセッサーがあれば簡単です。

カナヤマ(シイラ)

昨日ですが、魚屋さんでお安いカナヤマを見つけました。カナヤマは地方名で、シイラというのが正しい名前。こちらではカナヤマ、マビキって名前で売られてることが多いです。こちらでは皮をひいた切り身で売られていることが多く、フライやムニエルにすることが多いです。ハワイで食べるマヒマヒって魚もこれだっと思います。

手作りさつま揚げ31
手作りさつま揚げ32

これが1尾で380円!メッチャ安かったので即買いです。最初はバター焼きにでもしようかと思ったんですが、たっぷり身が取れる筈なので、半身はさつま揚げ、残りの半身をフライにしました。
シイラの捌き方ですが、最初に表面を包丁でこすり、ヌメリを取ってから、ハマチと同じ捌き方でさばけます。こちらの記事が参考になると重いますので、ご覧ください。→ハマチの刺身、しゃぶしゃぶ、さばき方
捌いたら卵が入っていました。これは煮付けにします。

手作りさつま揚げ33

捌いて皮、腹骨まで取った状態、半身で500g程あります。

手作りさつま揚げ36

半身は切り身にしてフライにします。

手作りさつま揚げ37

残った半身500gを使い、さつま揚げを作ります。

材料 4人分

魚の切り身※1          500g
焼き豆腐※2            350g

おろし生姜、練りからし、ワサビ、刻みねぎ、一味唐辛子、しょう油   適宜

A
溶き卵               1/2個
おろし生姜            小さじ1
片栗粉               大さじ2
薄口しょうゆ            小さじ1
塩                  小さじ1
砂糖                大さじ2
うま味調味料           小さじ1/4
こしょう               少々
サラダ油              大さじ2

※1 ここではシイラの切り身を使っていますが、アジ、いわし、鯖など、お好みの魚でどうぞ。
※2 水切りが簡単になるように焼き豆腐を使っています。木綿豆腐に重石をして水切りしてから使ってもいいです。その場合は量を少し増やします。

作り方

1)焼き豆腐は手で粗くほぐし、ザルに入れて水切りします。


2)魚の切り身は包丁で小さく切り、フードプロセッサーに入れます。水切りした焼き豆腐、Aを加えて滑らかになるまで回しましょう。フードプロセッサーに一度に入らない場合は、何度かに分けて回します。

手作りさつま揚げ38
手作りさつま揚げ39
手作りさつま揚げ42
手作りさつま揚げ40
手作りさつま揚げ44
手作りさつま揚げ45

味付はレシピの分量で大丈夫と思いますが、この状態で少量のタネを耐熱ボウルに入れ、電子レンジで加熱して固めてから味見をしましょう。


3)タネを170℃の油で揚げます。手にサラダ油(分量外)を塗り、大さじ3~4杯分のタネを取って小判形に形を整え、油にそっと落とします。

手作りさつま揚げ48
手作りさつま揚げ47

慣れないと種を入れる時、油はねが怖いんですが、逆に怖がらず、油スレスレから入れてやるとはねません。

手作りさつま揚げ50

途中、何度か返しながら濃い目のきつね色になるまで揚げます。

手作りさつま揚げ52

揚がったら、油切りを敷いたバットに立てて置き、油を切ったら出来上がりです。
皿に盛りつけ、素揚げしたししとう、茹でたオクラ、薬味類を添えて頂きます。

手作りさつま揚げ12

手作りさつま揚げ17

手作りさつま揚げ30

「手作りさつま揚げ」の完成です~
食べてみると、しっかり、さつま揚げの味がします。本当は青魚を混ぜると味が深くなりますが、これはこれで十分美味しい。シイラは白身ですが脂がのってるし、旨みも強く、油を使った料理と相性がいいからでしょう。出来たてのアツアツもいい感じでしたが、30分ほど休ませると味が落ち着いてきて更にいい感じになりました。手作りさつま揚げは意外に簡単、美味しいですよ。市販のすり身を使ってもいいと思うので、是非、挑戦してみてください。

  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p  掲載レシピ数144 本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

関連レシピ

シイラのマスタード焼き22 
シイラのマスタード焼き

鰯の塩焼き18
 鰯の塩焼き

鰯のベーコンパン粉焼き33 
いわしのベーコンパン粉焼き

しいら西京焼き長芋胡瓜酢13 
しいら西京焼き

マビキ、シイラのバター照焼39
しいらバター照り焼き

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。