スポンサーリンク

ぶりのかぶと焼き 

ぶりかぶと焼き08

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
先日、記事にした「ぶりのごまだれ漬け、ぶりのごまだれ漬丼」はぶりの半身をさばいて作りました。半身だったので中骨と頭が残っています。どちらも一緒にあら煮という方法もありますが、頭はかぶと焼き、中骨は厚揚げと一緒に煮物にしました。まずはかぶと焼きの作り方です。

ぶりのごまだれ漬け01

上の写真が今回使ったぶりの半身です。ご覧のとおりの大きさで、でかいです。これの頭とカマを焼きますが、このサイズだと魚焼きグリルには当然、入りません。ですが大丈夫です。今どきの家庭用電子レンジにはオーブン機能がついたものが多いです。電子レンジのオーブン機能を使えばぶりのかぶと焼きだろうが、マグロのかぶと焼きだろうが焼けます!

ぶりのごまだれ漬け03

上の写真が身を切り取り、中骨は小さく切り、カマと頭が右端にあります。これに塩を振り、250℃に設定したオーブンで20~25分焼けばOK!

まずは下処理でカマの部分の皮についてるウロコを取ります。ブリやカンパチにはウロコが無さそうですが、実は細かい鱗があります。これをスプーンや金タワシでこすり落とします。

ぶりかぶと焼き13

カマのウロコを落としたら、頭とカマに日本酒をふります。日本酒を振ったら全体に塩をふって15分ほど馴染ませます。馴染ませるときは冷蔵庫に入れずにおき、魚の温度を室温にあげます。塩の量は魚の重量の2%位になりますが、頭は少し少なめにしたほうがいいでしょう。

ぶりかぶと焼き14

塩をふってしばらく置くと水が出ます。キッチンペーパーでポンポンと軽く叩くようにして水気を吸い取ります。

塩をなじませている間にオーブンを予熱します。オーブントレイにクッキングシートを敷いて頭とカマの皮を上にしておきます。そして、カマに付いている胸鰭と腹鰭を水で湿らせて塩を分厚く塗りつけます。こうすることで焼いてる途中、ヒレが焼け落ちません。

ぶりかぶと焼き15

焼きあがったら皿に盛りつけます。大根おろしとレモンを添えて完成です!

ぶりかぶと焼き05
ぶりかぶと焼き10

ぶりのかぶと焼きの完成です~焼くのに時間がかかるから、お店で注文すると結構な値段になると思いますが、家庭で作ればお安く楽しめますよ。このサイズの頭も魚に力を入れてるスーパーなら置いてあるところもあると思います。見つけた時、挑戦してみてください。オーブンに入れとくだけだから簡単ですよ。肝心の味は抜群です!カマの脂の乗った身、頭の後ろのふっくらした身、目の周りのゼラチンも最高!私は魚好きなので、最後は骨格標本みたいになりました。



  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p  掲載レシピ数144 本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

関連記事

鮪かぶと焼きにんにく風味15
鮪かぶと焼きにんにく風味

よこわマグロかぶと焼き03
ヨコワマグロかぶと焼き

しいら西京焼き長芋胡瓜酢13 
しいらの西京焼き

赤魚味噌漬け31 
赤魚の味噌漬け焼き

赤魚みりん漬け41 
赤魚のみりん漬け焼き

太刀魚豆板醤焼き40 
太刀魚豆板醤焼き

フライパン鯵の塩焼き33 
フライパン鯵の塩焼き


人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。