スポンサーリンク

土用丑の日、うなぎの蒲焼、かさ増しレシピ!

うなぎとゴーヤーのスタミナ炒め19

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
今日は土用丑の日、土用丑の日といえばウナギ料理です。暑い時にはウナギをたっぷり食べてスタミナ補給!と行きたいところですが、ウナギは値段がお高いですよね。家族が多いので沢山買うと財布がツライ、今月はお財布が厳しいって時にはかさ増しレシピでいっちゃいましょう。過去記事で紹介したウナギの蒲焼を使ったかさ増しレシピを紹介させて頂きます。まずはウナギとゴーヤー、厚揚げを使ったかさ増しレシピです。

うなぎとゴーヤーのスタミナ炒め

材料 2~3人分
うなぎの蒲焼 1/2本 / ゴーヤー 大きめのもの1/2本(正味150g) / 厚揚げ 2枚 / 卵 2個 / にんにく 1かけ / 日本酒 小さじ1/2 /サラダ油 大さじ1 / 砂糖 小さじ1 / 塩 ひとつまみ / 山椒粉  適量

A 混ぜ合わせる
うなぎ蒲焼のタレ大さじ2 / 焼肉のタレ           大さじ1

作り方
1)ゴーヤーは縦半分に切り、ワタと種をとっておく。3ミリ幅に切り、水晒しして水気を切っておきます。

2)厚揚げは1cm幅に切り、にんにくは薄切りします。

3)卵はボウルに割り入れ、塩ひとつまみと砂糖を加えて混ぜておきましょう。

4)うなぎの蒲焼は1cm幅に切り、耐熱皿にのせ、日本酒小さじ1をかけてラップをかぶせ、電子レンジ500wで1分加熱します。

5)フライパンにサラダ油大さじ1/2をいれ強火にかける。熱くなったら③を加えて、固まりかけたら火を消し、さっと混ぜて炒り卵にします。別皿に取り出し、フライパンの汚れをキッチンペーパーで拭き取ります。

6)フライパンにサラダ油大さじ1/2とにんにくを入れ中火にかけます。にんにくの色が変わりはじめた所で、厚揚げ、ゴーヤーを加えて炒めます。ゴーヤーがしんなりしてきたら、Aをまわしかけ、水分が飛んでなじんだら火を消し、④と⑤を混ぜて皿に盛りつけましょう。お好みで山椒粉をふりかけてどうぞ~。

うなぎとゴーヤーのスタミナ炒め16

うなぎの蒲焼きと卵の組み合わせはとっても良くて、一緒に食べると元気が出ます。これにゴーヤーが入りますからスタミナが付かないわけがない?って料理です。蒲焼のタレと焼肉のタレで味付けするのでゴーヤーも食べやすく、ほろ苦さがいいアクセントになって食欲が出ますよ~この週末にお勧めのレシピです。

次はうなぎの蒲焼きを使った丼を紹介しましょう。ウナギの皮焼きを使った柳川を作り、それを丼飯にのっけます。ドジョウの柳川ならぬウナギの柳川丼です。


うなぎの蒲焼で柳川丼

材料 2人分
うなぎの蒲焼 1/2尾 / 卵  3個 / ごぼう 80g / にら 1/4束 / 山椒粉  適量
丼飯             2杯

A:割り下
和風だし 1カップ / しょうゆ、みりん、日本酒 各大さじ2 / 砂糖  大さじ1


作り方
1)ゴボウはタワシで洗って泥を落とし、ピーラーで3~4cm位の長さに薄くむき、水につけて晒しておきます。にらは3cmに切ります。鰻の蒲焼きは1cm幅に切っておきましょう。

2)フライパンにAと、ザルにあげ水気を切ったごぼうを入れて強火にかけます。沸騰してきたらとろ火にし、フタをして3分加熱します。

3)3分経ったらフタを外し、にら、鰻の蒲焼きを入れます。卵を溶いて3/4量を流し入れ、少し固まってきたら残りの卵液を流し入れます。

4)卵が好みの具合に固まったら汁ごと丼飯にのせます。お好みで粉山椒をふって頂きます。

鰻柳川丼12

うなぎの蒲焼をごぼうと一緒に卵でとじることで、鰻がふっくら、とろりとなって美味しいです。にらも入れてますから、食べると、より一層元気が出ます。そして、ごぼう、にらと一緒に卵でとじますので、1人分作るのに鰻1/4尾で大丈夫です。夏のスタミナ食にお勧めです!

丼の後はうなぎの蒲焼きでチャプチェ風の炒めものは如何でしょう?本場物のチャプチェは太い春雨を使いますが、日本で普通に売ってる春雨でも美味しく作れます。ポイントは干し椎茸をつくとこです。戻すのに一晩かかりますが、干し椎茸を入れると美味しくなりますよ!



うなぎの蒲焼で春雨炒め

材料 2~3人分

うなぎの蒲焼 1/2尾 / 春雨 60g / 卵 2個 / にら 1/2束 / 干ししいたけ 大なら1枚、小なら2枚 ※1 / にんじん 1/4本(50g) / 玉ねぎ 1/4個(50g)  / ごま油 大さじ1 / 塩、砂糖、白いりゴマ 適宜 / 糸切り唐辛子 適量

A
うなぎのタレ 大さじ2 ※2 / 焼肉のたれ 大さじ2 / 日本酒  大さじ2 / 干し椎茸の戻し汁 大さじ3 / 一味唐辛子 お好みで

※1干ししいたけは前日から水につけ戻しておく
※2鰻のタレのかわりに焼肉のタレだけで作っても構いません。

作り方
1)鍋に湯を沸かし、春雨を茹でて戻します。戻ったらザルにあげておきましょう。

2)にらは5cmに切ります。干ししいたけは水につけて戻し、皮と軸を薄く切ります。にんじんはせん切り、玉ねぎは薄切りにしましょう。

3)うなぎの蒲焼は7mm幅に切り、耐熱皿にのせ、日本酒大さじ1/2をかけてラップをかぶせ、電子レンジ500wで1分加熱します。

4)卵をボウルに割り入れ、砂糖、塩をひとつまみ加えて溶きます。フライパンにサラダ油少々(分量外)を入れて強火にかけ、熱くなったら卵液を入れて炒り卵にし、取り出しておきます。

5)同じフライパンにごま油を入れ中火にかけます。玉ねぎ、にんじん、干ししいたけ、春雨の順に加えて炒め、Aを加え、汁気がなくなったら、にら、③、④を混ぜて皿に盛り、白いりゴマ、糸切り唐辛子を散らしてできあがり。

鰻チャプチェ51

ウナギの蒲焼きで作る、チャプチェ風春雨炒めです。ウナギのタレと焼肉のタレで簡単に、しかも美味しく作れます。春雨が主体なので材料費が安いのも嬉しいとこです。干し椎茸は上等のを使うと高いので、割れたのとか安く売ってるのを使うといいですよ。

最後にうなぎの蒲焼を使った蕎麦寿司を紹介させて頂きます。蕎麦寿司は茹でた蕎麦を巻き寿司のように巻いたもので、穴子の蒲焼きを具に使うことが多いです。これをうなぎの蒲焼で作れば不味いはずがありません。うなぎの蒲焼きを節約しつつ、洒落た料理を作れます。

ウナギの蒲焼でそば寿司

材料 4人分

うなぎの蒲焼 1枚 / 蕎麦 2束 / 長芋、キュウリなど 適宜 / 全形海苔  4枚 / ごま油 小さじ1 / ワサビ、甘酢しょうが 適宜 / 寿司酢 大さじ3     

A 玉子焼き材料
卵 3個 / 砂糖 大さじ1 / 日本酒 大さじ1 / マヨネーズ 小さじ1 / 塩 1つまみ / 刻み葱  大さじ1 / サラダ油 適宜

作り方

1)蕎麦を茹でます。茹で上がったらザルに取り冷水でヌメリを取ります。冷めたら水気を切り、ボウルに入れて寿司酢とごま油小さじ1を混ぜたらザルにあげておきましょう。

2)卵焼きを焼きます。Aを混ぜ合わせ玉子焼きフライパンで焼いてください。焼けたらマキスで巻いてしばらく冷ましておきましょう。粗熱が取れたら1~2センチ角に切っておきます。

コツは→だし巻きの作り方を参考にどうぞ。

3)長芋もしくはキュウリを10ミリ角位の棒状に切っておきます。うなぎの蒲焼きは日本酒(分量外)をほんの少しかけ、電子レンジであたためたら1cm幅に切ります。

4)全形海苔はコンロの直火で軽く炙り、マキスの上に広げます。手前に卵焼き、うなぎ、キュウリもしくは長芋をのせます。その向こうに味付けした蕎麦をのせてください。蕎麦は左右に広げるようにしてのせましょう。向こう側4~5センチを残してのせてください。手前から、きゅっ、きゅっと巻いていきましょう。最後は海苔の合わせ目が下に来るようにするといいです。巻いたら、このまま5~10分おき、馴染ませると海苔が水分を吸い、しまってきます。

5)フライパンに、ほんの少しのごま油をたらし(分量外)、巻いたそば寿司を軽く炒めます。軽くでいいです。全体を炒めたらキッチンペーパーで巻いて余分な油を吸い取ります。1本を8カットし、皿に盛り付けて完成です。

t鰻蕎麦寿司19

ウナギの蒲焼きで作る蕎麦寿司です!見た目上品でお客様のおもてなしにも使えるし、寿司酢を使うのでお弁当にもお勧めです。

ウナギの蒲焼を使ったかさ増し料理、いかがでしたでしょうか?下のリンク先の料理もお勧めです。


  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p  本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

鰻ニラ玉1
ウナニラ

うざく6
うざく

ゴーヤーうざく風13
ゴーヤーのうざく風



人気ブログランキングへ  


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。