スポンサーリンク

キスの天麩羅 6 骨センベイも一緒に揚げちゃうぞ~

キス天麩羅08

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
キスの天麩羅、6回目です~
姉御さんから頂いたキス、やっと天麩羅に揚げますよ~(・∀・)ナガカッタネ


←ぽちっとオネガイシマス


手順 ①鍋に油を入れ火にかける。
    175~180度で揚げます、天麩羅衣を落として下まで沈まずに浮かんでくるくらい。
    (・∀・)100円ショップで温度計買ってきてもいいかも。
    ②骨センベイを揚げる。175度くらい、泡が出なくなるまで。  
    ③ネタに小麦粉をよくまぶす。←天麩羅衣の乗りがよくなる。
    ④天麩羅衣につけて水分の少ないものから揚げる。
    ⑤盛り付け

ざっとこんな感じです。



「キスの天麩羅 骨センベイ付き」

       (σ`・∀・)σ行ってみよう!!

(・∀・)暑い季節食中毒が多くなってます。
    天麩羅は火を使う料理なので食中毒の心配は無いと思われるでしょうが、
    付け合せの大根など生で使う食材があります。
    それらに他の食材、調理器具から菌が付くことがあるかもしれません。
    キッチン周りは清潔にね!!
    食材はこまめに冷蔵庫にしまいましょう。


1)鍋にサラダ油を入れ火にかけます。
  鍋は油をケチって小さめの片手鍋を使いましたが、天麩羅鍋を使った方が
  揚げやすいです。

  (・∀・)天麩羅鍋があったら天麩羅鍋を使ってね。
      油の量が多い方が油の温度が下がらないので揚げやすいです。
      小さい鍋を使う時は少しずつ揚げましょう。
      中華鍋があれば中華鍋もいいですね~
      中華鍋の丸底は熱が伝わりやすいから温度調節がしやすいです。

2)キスの骨を骨センベイにします。
キス天麩羅43

  布巾やキッチンペーパーで水分を拭き取り、竹串を画像のように刺して
  形を整えます。
  
  (・∀・)串を刺さずに、油に入れてから菜箸で形を整えてもいいよ。
      頭が左向きで弓なりに尾鰭が上向きになるようにします。
キス天麩羅49

  180度の油で揚げます。
  上の画像のように激しく沸騰しています。
  
  骨を入れたら火を強くします。

  (・∀・)油の温度は天麩羅衣を菜箸で落とし、底に着く前に浮いて来るくらい。
キス天麩羅51

  揚がって来ると泡がだんだん出なくなってきます。
  ここで火は弱めます。
  頭からポツポツ泡が出るくらいになったらOKです。

  (・∀・)水分が無くならないとサクサクにならないの。
キス天麩羅52

  揚がったらリードを敷いた皿に取り、軽く塩を振ります。

キス天麩羅53

3)天麩羅を揚げる前にカスを掬って脂をきれいにします。


キス天麩羅50

4)ネタに小麦粉をまぶします。
 
キス天麩羅54

5)水分の少ない物から揚げます。
  キス→野菜類ね。
  油の温度が変化しないように少しずつ揚げた方がいいです。

  (・∀・)上の画像は欲張って揚げてるのでコンロの火は全開です。
      上げる量によって火力を調節しますし、ネタを入れた直後は 
      油の温度が下がるので火を強くし、水分が粗方飛んだら
      火を弱めますよ~


  キスは高めの温度(強火)で一気に揚げて、野菜はちょっと長めに揚げてます。
  玉葱なんかは少し焦げかけた位が好きですね~

  油に入れて泡が収まってきたら、ひっくり返して上面にも火が入るようにしますよ~

  揚がったかどうかの判断は泡の出方と衣の状態で判断します。
  泡がプツプツと小さくなったら揚がってますね。

  (・∀・)衣がサクットしてたほうがイイですよね!!


6)揚がったら盛り付けです。
拡大してねキス天麩羅55

  玉葱から楊枝を抜き、骨センベイを立たせる為の台にしています。
  骨センベイにキスの身、野菜類を立てかけました。
盛り付けのイメージは「アジの姿造り」と同じですアジ32


  |||・∀・)実は大葉を揚げるのを忘れてまして、緑が入ってないです。
      季節柄、オクラやシシトウを揚げて緑も入れると綺麗です。
       盛り付け的には大葉も加えて野菜を右手に纏めた方が良かったですね。
      (今更遅いけど)


  大根おろしと生姜を添えて完成です!!



(・∀・)千葉県は外房のキスの天麩羅、とっても美味しかったです。
    送ってくれた「姉御丸のCatchi&Get 」の姉御さん、ありがとう!!

←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)
オマケ~

天汁の作り方。

昆布10センチ位の表面を布巾で拭いて1リットルくらいの水に漬け、2~3時間置いておきます。
(時間が無いときは鍋に水から入れて中火にかけ、沸騰する前に昆布を引き上げます)

昆布出汁600cc、醤油100cc、ミリン100~150を火にかけ沸騰させます。
沸騰したら火を止め花カツオ(鰹節)20g位を入れ10分ほど置き漉して完成!!
鰹節を使わない時はカツオ本だしを少し入れて代用します。 
    

スポンサーリンク

コメント

ネコヴィッチ

おお!
なるほど、骨せんべいあのように竹串を刺せば
弧を描くように揚げられますね!どうやればあんなふうになるのかと思ってました♪
お料理するの結構好きなんですがまだまだ勉強不足です。
100円ショップに油に入れられる温度計って売ってるんですか?
探しに行って見ます~(゚▽゚*)

龍山マスター

こんばんわ!
イメージはアジの姿造りを・・・
筋肉料理人さんのブログは盛りつけまで丁寧に教えてくれるので
ホント参考になりますよね。
盛りつけって意外と困って、なんとなく自分のセンスで決まってしまうので
たまに他の人の盛りつけ見て、なるほど・・・って自分の盛りつけ見直したりしてます^^

ZENRA-MAN

カラッ!と揚がった骨はイイねッ!!!
美味そうですw

三毛猫

うわっ!
これはダメですわ~~ヨダレがでます!
私、キスの天ぷら、だ^~~いすきなんです!!でも夏は薄着になるからダイエットしてるんですよ・・凄い誘惑!!まけちゃいそうです・・

ブ~ビィ

こんばんは。 筋肉料理人さん。
骨せんべい。 カルシュウムたっぷりで美味しそう。
でも、骨柔らかくなりますか?

おもちゃのひろくん

うぉーっ!食べたーい!
またまたマジ旨そう~!
見事な盛り付けですねー!
骨せんべいも串に湾曲させてるのが芸術的です!
一度、筋肉料理人さんの作る料理を食べてみたいです!

にゃん

e-266いいですね!食べてみたい♪揚げたてを

トマトのテンプラ初めて見ました~。

アタシはアイスのテンプラが好きです♪

筋肉料理人

ネコビッチさん、こんにちは~
そうそう、串を刺すと形が整うんですけど、
串を抜くのにコツがいります。
串を刺したまま盛ってもいいかも?
串無しでも菜箸で形を整えれば良いんですけどね。

筋肉料理人

龍山マスターさん、こんにちは~
盛り付けは悩みますよね~
私も本やネット、他の職人さんの仕事を見習って練習してます。
私もマスターのレバ刺しとか勉強させていただいてますよ。

筋肉料理人

ZENRA-MANさん、こんにちは~
小魚の骨センベイは美味しいですよね~
捨てるのは勿体無いですよ。
これ、少し干してから揚げると、もっとサクットなるんですけどね~

筋肉料理人

三毛猫姉さん、こんにちは~
>でも夏は薄着になるから
ええ~そんなに薄着してるんですかあ~
悩殺されますね~
試験、お疲れ様でした~

筋肉料理人

ブ~ビィさん、こんにちは~
骨は柔らかくはなりませんよ。
水分を飛ばしてセンベイみたいにするんです。
ウナギの骨センベイみたいな感じですね。
小魚の骨は美味しいから試してみては?
骨センベイだけ手を入れて作るなら、塩をして一晩くらい干してから揚げると、
更にサクサクになりますよ。

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
>骨せんべいも串に湾曲させてるのが
このあたりは結構、工作感覚なんですよ。
私、柄を書いたり工作するのが好きだったから、
こんな仕事が性に合ってるようです。

一度、みなさんとオフ会をしたいですね。

筋肉料理人

にゃんさん、こんにちは~
トマトの天麩羅は美味しいですよ~
アイスの天麩羅も美味しいよね~
天麩羅って何を揚げても美味しいですよね!!
ピザの天麩羅はどうですか?

たか

テンプラ食べたい・・
筋肉料理人さん、こんにちは。
カリ、パリ、ジューシーそうですね^^
自宅でテンプラをしないので、今度チャレンジしてみたいと思います^^/
ではまた遊びに来ます^^/

筋肉料理人

たかさん、こんにちは~
やけどに気をつけて料理してね!!
自分で揚げる天麩羅は美味しいよ~

桂木

美味しそうですね。。。

筋肉料理人

桂木さん、こんにちは~
ありがとうございます!!
刺身には特別、力を入れてますので、
お褒めの言葉を頂くと嬉しいです。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ