スポンサーリンク

キビナゴの手開き

リニューアル記事はこちら

→キビナゴ・きびなごの手開き リニューアル おろし方・さばき方

キビナゴのお刺身 菊花盛り風  



皆さん、こんにちは。

「マッチョな僕がチマチマとキビナゴを手開きしますよ」

それでは、ピカピカのキビナゴを手開きしましょう。

用意する物  包丁
       ボール
       爪楊枝
       氷
       キッチンペーパー
       盛皿


これからキビナゴを手開きする訳ですが、ちょっとした小道具を使うことで
開きやすくなります。

1)買って来たキビナゴを軽く水洗いします。
  (この時点でキビナゴのウロコは勝手に取れています)

2)洗ったキビナゴをボールに入れます。 
  氷を何個か投入し作業中に鮮度が落ちないようにします。

キビナゴ2

3)キビナゴを手に持ち頭を胸鰭の後で千切ります。
  (やりにくかったら、あらかじめ包丁で頭だけ落として置きます)
キビナゴ3

4)キビナゴを写真の様に頭(ついてませんが)を手前、腹側が右を向く
  様に持ち、爪楊枝を背骨の上に来るよう刺します。
  爪楊枝の先は背骨より少し深い位置まで刺し込みます。
キビナゴ4

5)刺した楊枝を頭方向に一気に引きます。
  これで腹開きが出来ました。
  (この時、内臓を取ります)
キビナゴ5

6)写真の赤線で囲んだ部分が背骨です。
キビナゴ6

7)背骨の下に楊枝を差込み頭の方向に引きます。
キビナゴ7

8)赤線で囲んだ部分が背骨です。
  背骨は尾鰭につながっていますので、背骨ごと尾鰭を取ります。
キビナゴ8

9)背骨と尾鰭が取れました。
キビナゴ9

  手前が処理済のキビナゴです。
キビナゴ1

10)背骨を取ったら軽く流水で流します。
   皿に並べますが、その前にまな板の上に清潔な布きんかキッチン
   ペーパーを置き、軽く水気を取ります。
   皿に並べます。並べ方は頭が外側を向くように、反時計回りに並べて
   行きます。
   一周したら内側にも同じように並べていきます。
   並べ終わったら中心部に刻み葱、赤おろし、おろししょうがを置いて
   「キビナゴの菊花盛」完成です。
   

完成したらラップで包み冷蔵庫で15分くらい冷やして頂きましょう。
ポン酢か刺身醤油で頂きますが、ポン酢の方が癖を感じず頂けるようです。

今回は200円で写真の菊花盛りが2皿取れました。
すっごい安上がりな上に、美味しくて上品な酒の肴が出来ました。

キビナゴは煮物にしても、フライにしても、から揚げ、天ぷら、何でも
行けますので、それらも試してください。
キビナゴはイワシの仲間だから栄養も満点、小麦粉にカレー粉を混ぜて
変わり揚げにすれば子供にも食べやすいですよ。

買いすぎた時は南蛮漬けにして保存しましょう。
(ピリ辛風味の南蛮、美味しいですよね)


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)
←ぽちっとオネガイシマス
 

スポンサーリンク

コメント

ミル

キビナゴの手開き
昨日はコメントありがとうございました。
うぅ~、きびなごピカピカしてて、ホントにおいしそうi-189
これだったら、自分で作れそうですよね。
たまに居酒屋で食べるきびなごの天ぷらもおいしいし。
今さんまがおいしい季節ですが、きびなごも、今が旬なのかな。

カズーオ

いらっしゃいませ!
どういたしまして。こちらこそコメントをありがとうございます。
湯坪温泉はいいところですね(道がちょっと判りにくいですが)
近くにあるローズガーデンキャンプ場も温泉(バラ湯)付きでいいですよ。

キビナゴの旬は夏ですね。まだちらほら有るようです。
10匹位練習したら上手に出来るようになりますのでトライしてみてください。

近々さんまのさばき方もやりますね。

Sarhto

[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
@(・ェ・)@φメモメモ
パパさんにやらせよう
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャ

ランキングポチ凸

カズーオ

いらっしゃいませ!
Sarhtoさん>
こんにちは。
毎度ありがとうございます。

>パパさんにやらせよう
ナイスです、パパさん、料理にはまるかもですよ。

ひよこ

はじめまして
おぉ~~、ありがとうございます。先日きびなごを捌くので苦労したところです。
きびなごはよく料理に使うので次からはこれを参考にさせていただきます。

すぐこの記事が見つかるようにトラックバックさせてくださいね。

筋肉料理人

こんにちは~
ひよこさん、こんにちは!
ひよこさんの菊花盛り、上手に出来てますね~
キーマカレーもおいしそうだし、
イワシの盛り付けも綺麗だし~
TB、こちらからも返させてくださいね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.