スポンサーリンク

しっとり鶏むね肉のユッケ風、簡単温泉卵の作り方

鶏むね肉のユッケ風温玉のっt04

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
きょうの料理は鶏むね肉を使ったユッケ風の料理です。鶏むね肉をユッケ風に?と言うと、鶏むね肉を生で食べるのか!と思われるかもしれませんが、ご安心ください。鶏むね肉を一口大に切り、加熱しても固くならないように下処理し、それを茹でたものをユッケ風のタレで頂きます。これが激ウマなんです。今回は茹でて水気を絞ったにらと、15分で作れる簡単温泉卵を一緒に盛りつけるので、更に美味しく食べられますよ。

ブログランキング投票にご協力をお願いします。投票による不利益は一切ありません。
人気ブログランキングへ


ユッケといえば昔は生の牛肉のユッケでしたが、ユッケタレは魚や他の食材との相性が良く、色々なアレンジが効きます。私は魚の刺身が好きなので、色々な魚の刺身をユッケタレで食べてみましたが、赤身から白身まで、白身はちょっと勿体無いですが、美味しく食べられます。きょうの料理は鶏むね肉を一口大に切り、叩いて繊維を潰し、片栗粉、日本酒、薄口しょうゆ、おろし生姜を揉み込み、これをお湯で茹でて熱が通ったら冷水で冷まし、水気を切ります。このやり方で料理した鶏むね肉はツルッとして柔らか、しっとりして、あっさり美味しいです。これをわさびしょう油で食べると、いくらでも食べられる!ってくらいなものなのですが、今回はユッケたれ、温泉卵、茹でて水気を絞ったにらと合わせます。まずは作り方動画をご覧ください。



しっとり鶏むね肉のユッケ風、簡単温泉卵の作り方

材料 2人分

鶏むね肉 1枚(300g) / 卵 2個 / にら 1束 / 刻みねぎ 適宜

A
片栗粉 大さじ2 / 日本酒 大さじ2 / 薄口しょうゆ 大さじ1/2 / おろし生姜 小さじ1/4

B:ユッケたれ
コチュジャン、しょう油 各大さじ1 / 酢、砂糖、ごま油 各大さじ1・2 / おろしにんにく 小さじ 1/4~ / 白いりごま 大さじ1

作り方

1)温泉卵を作ります。
小鍋に500mlのお湯を入れ、火にかけて沸騰させます。沸騰したら火を消し、水道水100mlを入れます。ここに冷蔵庫から出した卵をお玉を使ってそっと入れます。入れたらフタをして13分(M玉)~14分(L玉)置きます。

15分で作れる温泉卵3315分で作れる温泉卵35
15分で作れる温泉卵3615分で作れる温泉卵37

13~14分経ったら冷水につけて冷ませばできあがりです。

最短、15分で温泉卵を作れます。鍋の厚み、その時の季節(気温)で仕上がりが変わるので、何度か作ってると自分の好みの具合に作れると思います。この方法で作った温泉卵は卵白がとろりと固まり、卵黄は少しかたくなった程度でほとんど生です。箸で割ると卵黄が流れ出してきます。この位のかたまり具合に仕上げると、トッピングにした時、馴染みがよくて美味しくなりますよ。


2)鶏むね肉は皮を取り、1cm厚、小さめの一口大に切ります。これを肉叩き、もしくは麺棒などで肉の繊維が潰れるくらいに叩いてボウルに入れ、Aを加えて鶏むね肉が水分を吸い、水気がなくなるまで揉みます。皮は冷凍しておき、ある程度溜まったら鶏皮ぽん酢など作るといいです。レシピは→鶏皮のぴり辛ぽん酢

鶏むね肉ユッケ風65鶏むね肉ユッケ風66
鶏むね肉ユッケ風67鶏むね肉ユッケ風68
鶏むね肉ユッケ風69鶏むね肉ユッケ風70


3)鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら弱火にします。3)の鶏むね肉を1枚づつ広げて入れ、沸騰しないくらいの火加減で10分ほど茹でたら冷水で冷まし、冷めたらザルにあげて、しっかり水気を切ります。

鶏むね肉ユッケ風71
鶏むね肉ユッケ風72
鶏むね肉ユッケ風73


4)にらを茹でます。にらは根本を輪ゴムで縛ります。鶏むね肉を茹でたお湯で、にらを根本から入れて茹でます。根本が柔らかくなったら、全体をつけるといいです。みどり鮮やかになったら冷水に落として冷ましましょう。完全に冷めたら根本を左手に持ち、上から下に水気を絞ります。水気を絞ったら、そのまま4cm位の長さに切りましょう。

鰹のごまだれ漬けt17鰹のごまだれ漬けt18
鰹のごまだれ漬けt19鰹のごまだれ漬けt20
鰹のごまだれ漬けt22


5)ボウルに茹でた鶏むね肉とにらを入れて混ぜます。半分を皿に盛りつけ、中央に温泉卵をのせます。刻みねぎをちらし、お好みでユッケタレ(Bを混ぜあわせたもの)をかけて頂きましょう。

鶏むね肉のユッケ風温玉のっt03

鶏むね肉のユッケ風温玉のっt10

鶏むね肉のユッケ風温玉のっt16

鶏むね肉のユッケ風、温泉卵添えの完成です! あっさりしてつるつる、しっとり柔らかい鶏むね肉がユッケたれで刺激たっぷりに美味しく食べられます。茹でたにらは甘味があって、生のにらのような強い刺激が消え、たくさん食べられます。温泉卵つぶし、鶏むね肉、にら、ユッケたれと絡めながら食べるのがお薦めです。毎日食べたい!そう思えるような美味しい料理レシピです。







ぶりのごまだれ漬け12
ぶりのごまだれ漬け

鶏むね肉ユッケ風51
しっとり鶏むね肉のユッケ風

サーモンユッケ、ユッケ丼39 
サーモンの簡単ユッケ風 & サーモンの簡単ユッケ丼

ハガツオユッケ風06 
ハガツオのユッケ風

かつお刺身のりゅうきゅう43 
鰹刺身のりゅうきゅう

人気ブログランキングへ  






スポンサーリンク

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

筋肉料理人 藤吉和男

ご指摘ありがとうございます!
早速、修正させてもらいました。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。