スポンサーリンク

鶏肉のガリマヨトマト煮

鶏肉のガリマヨトマト煮t34

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
きょうの料理は鶏肉のガリマヨトマト煮です。鶏もも肉と鶏レバーをガーリックマヨネーズで炒め、それをトマトの水煮缶詰で煮込みます。マヨネーズで鶏肉を炒める効果&酸味のあるトマトで煮込む効果で、鶏もも肉、鶏レバーがとても柔らかく仕上がります。また、鶏レバーは臭みが少なくなるようで、鶏レバーの匂いが嫌いな方でも食べやすいかもしれません。

ブログランキング投票にご協力をお願いします。投票による不利益は一切ありません。
人気ブログランキングへ



トマト煮に使うトマトですが、フレッシュ、水煮缶詰、どちらでも構いません。どちらでも構いませんが、缶詰のトマトのほうがお値段が安いので使ってます。缶詰の方はジュース分を含めて400gで100円位。フレッシュのトマトの半分以下の値段ですので、断然、お得に作ることができます。それと余談ですが、トマトは加熱したほうが栄養の吸収が良くなるそうで、しかも油と相性がいいそうです。鶏肉をマヨネーズで炒めて、その後にトマトで煮込めば一石二鳥と言うわけです。

鶏肉のガリマヨトマト煮

材料 6人分

鶏もも肉 2枚(500g) / 鶏レバー 400g / にんにくの芽 2束 / にんにく 2かけ / トマトの水煮缶詰 1缶 / 日本酒 1/2カップ / マヨネーズ 大さじ3 / 砂糖 大さじ3 / ウスターソース 大さじ2 / 塩、こしょう 適宜 

作り方

1)鶏もも肉は大きめの一口大に切ってボウルに入れます。塩小さじ1、こしょう小さじ1/3をふりかけ、手で揉んでおきます。時間がある時は30分、室温に置きましょう。

鶏肉のガリマヨトマト煮t01鶏肉のガリマヨトマト煮t02
鶏肉のガリマヨトマト煮t05


2)鶏レバーは下処理をして一口大に切ります。鶏レバーの下処理は過去記事→「鶏レバーのカレーヨーグルト焼き」をご覧ください。下処理して一口大に切ってボウルに入れます。これに塩、小さじ3/4、こしょう小さじ1/4位をふりかけ、揉んでおきます。これも時間ある時は15~30分、室温でなじませます。

鶏肉のガリマヨトマト煮t06


3)にんにくの芽は4~5cmに切り、にんにくは細かいみじん切りにします。トマトの水煮缶詰はミキサーかハンドブレンダーでペーストにしておきます。

鶏肉のガリマヨトマト煮t08鶏肉のガリマヨトマト煮t07
鶏肉のガリマヨトマト煮t09鶏肉のガリマヨトマト煮t10


4)炒め用フライパンにマヨネーズとにんにくを入れて中火にかけます。ここに鶏もも肉と鶏レバーを入れ、マヨネーズを絡めながら炒めます。鶏もも肉と鶏レバーの色が変わったら、にんにくの芽を加えて炒めます。


鶏肉のガリマヨトマト煮t11鶏肉のガリマヨトマト煮t12
鶏肉のガリマヨトマト煮t14鶏肉のガリマヨトマト煮t15
鶏肉のガリマヨトマト煮t16


5)にんにくの芽を入れて一混ぜしたら、日本酒、ペースト状にしたトマト水煮缶詰、砂糖を加えて混ぜます。沸騰したら中火と弱火の中間くらいの火加減にし、フタをずらして被せて15分ほど煮込みます。フタをずらして被せるのは水分を飛ばすためと、煮汁が飛び散るのを防ぐためです。

鶏肉のガリマヨトマト煮t18鶏肉のガリマヨトマト煮t20
鶏肉のガリマヨトマト煮t21

時々、混ぜながら煮込み、トマトソースが鶏肉とレバーに絡むくらいまで煮詰めます。煮詰めたら最後にウスターソースを混ぜてソースの味見をし、味が足りなければ塩をふって調節します。

鶏肉のガリマヨトマト煮t24
鶏肉のガリマヨトマト煮t25

味が調ったらできあがりです。

鶏肉のガリマヨトマト煮t38

鶏肉のガリマヨトマト煮t41

鶏肉のガリマヨトマト煮t28

鶏肉のガリマヨトマト煮の完成です! マヨネーズで炒め、トマトの水煮で煮込んだ鶏もも肉、鶏レバーはとても柔で美味しいです。そして鶏レバーは独特の匂いが弱くなっており、鶏レバーが苦手な方にも食べやすくなっていると思います。

このレシピのポイントはトマト水煮缶詰をミキサーにかけてから使うこと。砂糖を入れてトマトソースに甘味を入れ、最後にウスターソースを入れることで、ウスターソースに含まれるスパイスの香りを入れるところです。特別な材料は何も使っていませんが、とても美味しいレシピです。








鶏とごぼうのトマト煮カチャトーt24
鶏とごぼうのトマト煮

牛すじトマト煮込み02
牛すじトマト煮込み

豚肉とひよこ豆のチリトマト煮11
豚肉とひよこ豆のチリトマト煮

鯖缶とジャガイモのトマトチーズ22
鯖缶とジャガイモのトマト煮

鶏肝のトマト煮バターライス11 
鶏きものトマト煮、バターライス

砂肝トマト煮パスタ05 鶏肝のトマト煮パスタ


人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。