スポンサーリンク

アジのにんにくなめろう

アジのにんにくなめろう17

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
きょうの料理はアジのにんにくなめろうです。刺身用のアジを味噌とみじん切りにしたにんにく、刻みねぎと一緒に包丁で叩いて作ります。旨味たっぷりのアジを味噌と一緒に叩くので、口に入れた瞬間に旨味が舌を直撃する!ってな感じに美味しいですよ。

ちなみにこちら九州は台風12号が接近中、昨日は台風の影響で魚が少なかったです。ですが、昨日はサガテレビさんの料理番組でアジの酒蒸しを作ってきました。

P9020033.jpg

昨日の午前中に刺身用のアジを仕入れ、野菜の下ごしらえをしてから14時前にスタジオ入りしました。作った料理はアジの酒蒸しで、昨日、記事にした「イトヨリのフライパン酒蒸し」とほぼ、同じ内容のレシピです。この料理は私のお気に入りのレシピなので、今までに何度もアレンジレシピを作っていて、手順に慣れきってるので緊張すること無く番組は進行、MCの鶴丸さん、花田さん、中川さんと会話しながら、快調に料理していたんですが、あまりに快調すぎて最後のトッピングを忘れたまま「完成です~」って言っちゃって、失敗したんです! そしたら、いいタイミングで中川さんがフォローしてくれて、なんとかフォローできました?

P9020047.jpg

中川どっぺるさん、フォロー、ありがとうございました。

ブログランキング投票にご協力をお願いします。投票による不利益は一切ありません。
人気ブログランキングへ


料理レシピに入ります。昨日はサガテレビさんの番組用にアジを仕入れました。テレビの生放送では、料理の製作時間を放送時間に合わせるため、差し替えが必要です。差し替えとは、例えば煮込みに15分必要なら、「材料を鍋に入れたら15分煮ます」「こちらが15分煮たものです」ってな感じで、予め15分煮たものを用意しておくんです。って事で1回、料理を作るのに2階分の材料がいります。これをリーハーサル用、本番用に2セット用意すればいいですが、きっちり2セットじゃ、アクシデントがあった時に困るので予備も用意して行きました。今日のレシピ、アジのにんにくなめろうは、予備に買っておいたアジを使って作っています。

なめろう

なめろうは房総半島沿岸に伝わる郷土料理だそうで、全国各地に似たような料理があるようです。アジやいわし、さんまやトビウオを味噌、薬味と一緒に包丁で粘りが出るまでたたいて作ります。青魚を細かく叩くので旨味を感じやすくなり、それに味噌の旨味(味噌の旨味はしょう油の旨味より遥かに強いです)が加わるので、口に入れると味蕾にガツンとくる旨味がでます。余りに旨いので、皿まで舐めてしまうから「なめろう」と言う名前だそうです。

そのなめろうですが、刺身用のアジ、いわし、さんま、トビウオ、他にもブリやカツオ、サーモンでも作れます。刺身を買ってきて味噌、薬味と一緒に叩くだけだから簡単に作れます。そして、魚の捌き方を練習するとき、アジやいわし、さんまを刺身用にさばいたけど失敗した・・・ボロボロになった・・・そんな時は「なめろう」にするといいですよ。

下のレシピはアジをさばいて作っていますが、魚屋さんに刺身用にさばいたものが売ってますので、それを使って作ってもいいです。

アジのにんにくなめろう

材料 2人分
アジ(刺身用) 2尾 / にんにく 1かけ / 刻みねぎ 大さじ4 / 味噌 小さじ4~お好みで / 卵黄 2個 / 一味唐辛子 適宜

作り方

1)アジを刺身用にさばきます。刺身を作る際の衛生上の注意は→「さんまのなめろう」をご覧ください。

アジはウロコを落としてから流水で洗い、ゼイゴを切り取ります。エラとワタを取り除き、三枚におろします。詳しくは記事下の動画と「アジ丼、ごまアジ、アジのさばき方とアジ丼の作り方動画」をご覧ください。

アジのにんにくなめろう01 アジのにんにくなめろう02


2)アジの皮をむきます。腹骨を切り取る前に、身の肩口(頭がついていた方の上側)から皮をむきましょう。皮をむいたら腹骨を切り取り、血合いにある小骨を骨抜きで抜きます。

アジのにんにくなめろう03
アジのにんにくなめろう05

魚の鮮度が素晴らしくいい時はこのまま使いますが、さばくのに手間取っちゃったなあとか、身が少し柔らかいかな?って時は酢洗いしましょう。酢を水もしくは出汁で2倍に薄め、さばいた身をさっと洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。夏場は刺身がダレやすいので、酢洗いすると鮮度の心配が減ります。下の写真、酢洗いしてるので身が少し白くなっています。

アジのにんにくなめろう06


3)にんにくを細かいみじん切りにします。アジの身を細く切り、にんにく、味噌、刻みねぎと一緒に包丁でトントンとたたき、叩いては混ぜます。味噌は少なめに入れ、混ざってきたところで味見をし、好みの具合まで増やすといいです。うちでは麦味噌を使っていますが、お好みの味噌を使って大丈夫です。例えば韓国味噌のコチュジャンを混ぜても美味しいです。

アジのにんにくなめろう07 アジのにんにくなめろう08
アジのにんにくなめろう09アジのにんにくなめろう10
アジのにんにくなめろう11

なめろうは粘りが出るまで叩きます。粘りが出た後は好みの具合まで叩きます、私の好みは少し粗めに粒が残るくらいです。好みの具合になったら半分に分け、まな板の上で円盤状に整えます。これを包丁ですくって皿に移し、中央に卵黄を落とします。お好みで刻みねぎ(分量外)をちらし、一味唐辛子をふって頂きます。

アジのにんにくなめろう14

アジのにんにくなめろう20

アジのにんにくなめろう31

アジのにんにくなめろうの完成です! アジは小ぶりの青魚ですが、「あじ」と名前のつくほど美味しい魚、それを細かく叩いていますから、口に入れた瞬間に旨いです。それに味噌の旨味、味噌の臭み消し効果、にんにくの香りと刺激、一味唐辛子のピリ辛が加わりますので、本当に皿まで舐めてしまいそうになります。酒のつまみによく、これをどんぶり飯にのっけても美味しいですよ。


アジのさばき方動画です、参考にご覧ください。




私のレシピ本です。

  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)


 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)


関連記事





いわしのたたき、なめろう46
いわしのたたき、なめろう

さんのじ刺身、たたき、さばき方62
三の字、ニザダイなめろう

ぶりなめろう04
ぶりのなめろう

するめいかなめろう08
イカのなめろう

いわしもろ味噌なめろう05 
いわしのもろ味噌なめろう

このしろ三色たたき23 
このしろ三色たたき

中華味噌なめろう07 
中華味噌でなめろう

さんまのもろ味噌たたき26 
さんまのもろ味噌たたき

鯛もろみ味噌和えa21 
鯛もろみ味噌和え

スルメイカなめろう09 
真いかのなめろう

人気ブログランキングへ  



スポンサーリンク

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。