スポンサーリンク

ハモ・鱧 2

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
「ハモ・鱧 今年はハモに初挑戦しました」の続編です。

鱧の骨切りは皮目を下にして1ミリ間隔くらいで皮1枚残して切り込むんですが、
これが馴れないとナカナカ難しい。
この時、初めて骨切りしましたが、皮を切るのが怖くて失敗しました。
鱧の骨は皮の際にもあって、これを切るには、本当に皮1枚残す感じで切らないといけない。
切れ目を開いて皮が綺麗に見えてないといけません。
皮1枚残すと言うより、皮に切り込む感じで切らないといけないようです。
今では「皮1枚残す」のではなく「皮に切り込む」感じでやっています。
時々、皮が切れちゃう・・・・

←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

TORUKI

まいど~!
おぉ!
高いハードルが現れましたね
確かに鱧の骨切りは匠の技でつ
んでも筋肉さんなら必ずクリア出来ますよね
湯引きした鱧は辛子味噌か梅肉ソースで
関西の夏の風物詩でつ♪
筋肉さんファイトー!

ブ~ビィ

こんにちは~。 筋肉料理人さん。
鱧って難しいんですね~。
でも見るからに、どこが失敗したんだろう・・。って感じ。
オレだったら大成功!!ってレベルですよ。
でもそこが料理人の考え方なんですね!
アナゴから練習しようかな~。

龍山マスター

こんばんわ!
筋肉料理人さん強敵、現るって感じですね。
すごいレベルの高い戦いですが、
この戦い勝てるよう頑張って下さい!!
そしてまたブログでの報告お待ちしています^^

おもちゃのひろくん

こんばんはー!
僕もプラモなんかでこのパーツを組むにはココがやりにくいとか壁にぶつかる事がありますが、魚を捌くのにもあるんですね!
がんばって乗り越えてください!(^o^)

ポン太

ハモの骨切りは難しそうですね~
出来るようになるまで、どれぐらいのハモを潰すのでしょうか??
数えて!なんて言いませんけど、頑張って下さい。

飛香庵

ブログから、来ると、ここは開くのに時間がかかるのに、今日は、mixiから来たら、直ぐに
開きました、わたくしのPCの機嫌がいいのかしら?
骨切り、難しそうですね~
はやく、食べたいですo(=^○^=)o アーン♪

あすとろ

たまたま京都の職人さんの
料理をみたことあります。
同じ間隔で、すっすっと切っていくのでした。
難しいんだってね。
(^o^)┘

筋肉料理人

TORUKIさん、こんにちは~
そうですね~難しいですが物にしたいです。
ですが困ったことにこちらではハモが売れない。
売れないと練習できないんです。
自費で練習しようと思ってます。

・・・売れないのに練習?
ええ、そうです。自己満足です!!

筋肉料理人

ブ~ビィさん、こんにちは~
ハモは難しいですよ~
今でも一応売れるレベルじゃあるんですが、
イマイチですね~落しじゃなくて唐揚げで売ってます。

筋肉料理人

龍山マスターさん、こんにちは~
ええ、そのうちに満足できるように頑張ります。
また記事を再掲載しますよ~

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
たぶん慣れの問題なんで、数をこなせば何とかなると思います。
筋肉ライダーRyouri目指して頑張ります~

筋肉料理人

ポン太さん、こんにちは~
今の所3本ですが、それまでにアナゴとかの長物を沢山捌いてます。
ですから問題は骨切りなんですね~
こちらには「エツ」って魚がいてこれも骨切り市内といけないんですが、
これは皮目から骨切りするんで、ハモよりも楽な感じです。
ハモは皮半分切るのが難しいですね~

筋肉料理人

飛香庵さん、こんにちは~
私のブログが重かったのは、ブログパーツをつけすぎてたみたいで、
パーツを外したら軽くなりました。
今まで困っていたんで原因がわかってよかったです。

大阪に遊びに行く時は腕前を披露できるように頑張ります。

筋肉料理人

あすとろさん、こんにちは~
同じ間隔で切るのは割りと行けるんですが、
皮ギリギリってのが難しいですね~
修行しかないようです。

ハモの皮結構硬いので

包丁を止めれば 止まりますよ

指を一本出して ストッパー代わりに

とめるのも良いですが

感覚ですよね 慣れで 

僕は最初は 尻尾ばかりもらい 練習しました

みり

ハモは難しそうですね!!
(ノ゜o゜)ノ オオオオォォォォォォ-1ミリでアウトなんや~
ハモの骨切りって芸術品のように等間隔で綺麗ですもんね~
頑張って下さい♪

筋肉料理人

竹さん、こんにちは~
アドバイスをありがとうございます。
止まる事は止まるんですが、時々行き過ぎちゃうんですよ。
修行しかないですね。

筋肉料理人

みりさん、こんにちは~
ありがとう!!頑張りますよ~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ