スポンサーリンク

たたき長芋のイクラ丼 、 イクラのカサ増し?丼

たたき長芋のイクラ丼19

人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですかあ~
きょうの料理はたたき長芋のイクラ丼です。叩いて粗く潰した長芋とイクラのしょう油漬けを和え、丼飯にのっけます。温泉卵を添え、お好みでしょう油をかけ、わさびをつけて頂きます。たたき長いものシャキシャキした食感とイクラ、温泉卵の旨味がしょう油とわさびが一つになって、とても美味しい丼です。

イクラ丼

ネットでイクラ丼を検索すると、丼から溢れるばかりにイクラがのった写真がたくさん並び、イクラ好きな人が見たら思わず口の中にツバが溢れて来るようですが、その次に思うのがこれってお値段は・・・・お店に行っても高そう・・・業務用スーパーでイクラのしょう油漬けを買ってきても、家族全員の分を作ったら相当高そう・・・庶民感覚ではこうなっちゃいますよね。って事で、少ないイクラをカサ増し、美味しく食べる工夫をした丼の紹介です。

先日、あるレシピ制作の案件がありまして、イクラのしょう油漬けをスプーンに2杯使ったんです。少量あれば足りるので、小さなパックを買ってきたら、ちょっとぎょっとする位高かった。少量しか買ってこなかったのですが、使ったのが小スプーン2杯位なので中途半端に余ったんです。せっかく買ってきたイクラのしょう油漬けですから、カサ増しイクラ丼に使うことにしました。

たたき長芋

たたき長芋は、皮をむいた長芋を麺棒等で叩き、粗く潰したものです。粗く潰すことで半分とろろ、半分は長芋短冊のような状態になり、ぽん酢しょう油などかけて食べると、それだけで酒のツマミになります。そして、あっさりして癖がないので、他の食材と組み合わせやすいんです。イクラのしょう油漬けとはバッチリ相性いいですよ!


たたき長芋のイクラ丼

材料 1人分

イクラのしょう油漬け 50g / 温泉卵※ 1個 / 長芋 50g / 小丼飯 1杯 / もみ海苔、わさび、しょう油 適宜

※作り方はめっちゃ簡単です!買ってきてもいいし、自分で作ってもいいです。簡単温泉卵の作り方は→簡単温泉卵を本格温泉卵のように仕上げる方法

作り方

1)長芋の皮をむいて、ポリ袋に入れましょう。これを麺棒やすりこ木などで叩いて粗く潰します。

たたき長芋のイクラ丼01
たたき長芋のイクラ丼02

2)イクラのしょう油漬けと1)の長芋を混ぜます。イクラのしょう油漬けは水分が少なく、団子になってるものがあるので、そんな時は市販の濃縮麺つゆ、もしくはしょう油(分量外)を小さじ1/2位かけて、ほぐしてから混ぜましょう。

たたき長芋のイクラ丼03
たたき長芋のイクラ丼05

これを小鉢に盛り付け、お酒のつまみにしてもいいです。


3)少丼にご飯をつぎます。上にもみ海苔をたっぷりめにちらし、2)と温泉卵をのせ、わさびを添えます。

たたき長芋のイクラ丼06

お好みでしょう油をかけて頂きます。

たたき長芋のイクラ丼08

たたき長芋のイクラ丼12

たたき長芋のイクラ丼13

たたき長芋のイクラ丼18

たたき長芋のイクラ丼の完成です! たたき長芋の適度なシャキシャキととろみと、イクラの濃厚な旨味が合わさって美味しいです。温泉卵を潰して混ぜれば二重に美味しく食べられます。たたき長芋と温泉卵でカサ増ししたイクラ丼は、イクラがあふれるばかりにのったイクラ丼と比べるとインパクトは少ないですが、味的にはバランスが取れていてなかなか良かったです。色目も紅白鮮やかでとてもいいので、お正月やお客様を迎えてのお食事にお薦めです。


関連記事



台湾風豚丼t45
台湾風豚丼

海苔豚丼20
海苔豚丼、15分で作れる温泉卵

温玉豚丼30
温玉豚丼

牛丼25 
牛丼


人気ブログランキングへ




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。