スポンサーリンク

さばの照り焼き、フライパンで照り照りに仕上げます!

さばの照り焼き31

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はさばの照り焼きです。さばの切り身を使い、フライパンで美味しいさばの照り焼きを作ります。美味しく作るコツはいくつかありますが、いちばん大事なのは適度に熱を入れることです。少し慣れが入りますが、頃合いを掴んだら、一段美味しいさばの照り焼きが作れます。

照り焼きは魚や肉を焼き、焼き目がついたところで、しょう油を使った甘みのあるタレを塗っては焼きを繰り返して作ります。料理屋さんではブリなどの切り身に串打ちし、焼台で焼きながら作るのが本式の作り方です。家庭ではグリルを使って同じように作ることも出来ますが、グリルがタレで汚れるので、後始末が大変・・・簡単に作るにはフライパンを使った作り方が、後始末も簡単でお薦めです。


さばの照り焼き、フライパンで照り照りに仕上げます!

材料 4人分

さばの切り身※ 4枚 / 長ねぎ 2本 / タカノツメ 1本 / 塩 適宜 / 片栗粉 適宜 / サラダ油 大さじ1

A
しょう油、みりん、日本酒 各大さじ4 / 砂糖 大さじ2~4お好みで

※1枚100~120g位のを使っています。

作り方

1)さばの切り身に飾り包丁を入れます。皮のついている方に身の厚みの1/3くらいの深さに切れ目を入れます。切れ目を入れる訳は、焼いた時に皮が縮むので、皮が剥がれたり、身が反ったりするのを防ぐためです。

さばの照り焼き03


2)塩を振ります。塩はほんの少しでいいです。(身の重さの0.5%)位。


3)長ねぎは4~5cmに切ります。タカノツメはタネを取り出しておきます。Aは混ぜ合わせておきましょう。砂糖の量はお好みです。私は甘いのが好きなので、多めに入れてます。

さばの照り焼き01
さばの照り焼き04


4)塩を振ったさばの切り身からは水がっ出ているので、キッチンペーパーで吸い取ります。片栗粉を薄くまぶします。

さばの照り焼き05


5)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけます。熱くなったらさばの切り身の皮を下にしていれましょう。フライパンを前後左右に傾け、油を回しながら皮に焼き目がつくまで焼きます。2~3分焼いたら焼き目がつきますので返します。長ねぎとタカノツメを入れます。余分な油をキッチンペーパーで吸い取り、混ぜ合わせたAを入れます。

さばの照り焼き06さばの照り焼き10
さばの照り焼き12さばの照り焼き13
さばの照り焼き15さばの照り焼き17


沸騰してから2~3分煮ます。途中、煮汁をさばの切り身に何度かかけてやります。切り身には中骨がついたのと、ついてないのがあります。中骨がついていない方は早く熱が通るので早めに取り出し、骨付きの方は後から取り出して熱の入りを調節します。さばの切り身を取り出したら、フライパンに残ったタレにとろみが付くまで煮詰めます。長ねぎを皿に盛り、タレをさばの切り身にかけたらできあがりです。

さばの照り焼き34

さばの照り焼き20

さばの照り焼き26

さばの照り焼き28

さばの照り焼きの完成です! できたての熱々を食べると、脂ののったさばの身が柔らかく、ホクホクしていて美味しいです。フライパンで焼き目をつけ、タレを加えて適度に熱を通し、魚を取り出した後にタレを煮詰める。この方法でさばの切り身がふっくら焼きあがります。さばの切り身の大きさ、厚みによって熱の通りが違うので、一度で上手く行かないかもしれませんが、何度か作ってるうちに慣れると思います。美味しいさばの照り焼きをお楽しみ下さい。





 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)

ぶり照り丼、ぶりの照り焼き丼t35
ぶり照り丼

トンテキ丼44 
スパイシートンテキ丼

太刀魚蒲焼53 
太刀魚蒲焼き丼








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。