スポンサーリンク

アジの骨せんべい 、 カリッと美味しく揚げるコツ

アジの骨せんべい11

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はアジの骨せんべいです。アジの刺身やつみれを作った時に頭と骨が残ります。残ったあらは吸い物や味噌汁にするのもいいのですが、カリッと揚がった骨せんべいにするのも美味しいです。お酒のツマミにもいけます。ちょっとしたコツで簡単に美味しく作れます。

アジの骨せんべい、かりっと美味しく作る方法

アジの骨せんべい12

アジの骨せんべいを美味しくつくるコツは幾つかあります。

1)熱が通りやすいように頭を割る。
2)頭、中骨に塩を振って水出しし、水分を出してから油で揚げる。
3)中温の油でじっくり時間をかけて揚げる。

上の3つが大事なところかなと思います。サクッと揚げるには水分を飛ばさないといけないので、揚げる前に水抜きすると比較的に短い時間で揚がります。そして、時間をかけて揚げないといけないので、油の温度が高いと焦げてしまいます。頭を割るのも水分が飛びやすくなるようにするためです。

材料 
アジの頭、中骨
塩 少々
片栗粉 適宜

作り方

1)アジの頭を割ります。お店で出てくるようなアジの骨せんべいにするには、頭と中骨が繋がった状態で作ります。小出刃包丁や牛刀を使い、アジの頭の後ろから切り込みます。この時、左手でアジの頭を軽く押さえて切ります。すかされると手を切っちゃうので、慎重に切って下さい。

アジの骨せんべい13
アジの骨せんべい14
アジの骨せんべい15

割った頭を切り離さず、下顎の部分で繋がったまま開いて揚げると、お店で出て来るアジの骨せんべいと同じ形になります。

アジの骨せんべい16

ですが、この状態では家庭で揚げるには大きすぎるので、幾つかに切り分けて揚げやすくします。

アジの骨せんべい18


2)水抜きをします。切り分けたアジに塩を軽くふります。これを数枚重ねたキッチンペーパーで挟み、冷蔵庫で30分位置いて水分を抜きましょう。

アジの骨せんべい19
アジの骨せんべい20


3)中温の油で揚げます。
フライパンに2cm位の深さにサラダ油を入れて火にかけます。2)のアジに片栗粉を薄くまぶします。油の温度は170℃位、菜箸を差し込んだら、一瞬遅れて泡が出る温度です。これにアジの骨を入れて揚げます。このまま中温を保って10分から15分揚げます。

最初は水分が多いので大きな泡が大量に出ます。水分が抜けるに従って泡が小さくなります。泡が小さくなってきたら、時々、返しながら揚げましょう。

アジの骨せんべい22

アジの骨せんべい23

アジの骨せんべい24

泡が小さくなってくると、頭が弾けて油が跳ねることがあるので注意して下さい。それと、基本的なことですが、フライパンを使って揚げ物をする時は、フライパンの取っ手に引っかかって油がこぼれるのを防ぐため、上の写真のように取っ手を横に向けておきます。

アジの骨から細かい泡しか出なくなったら、油切りを敷いたバットに立てておいて油を切ります。

アジの骨せんべい26

皿に天ぷら敷紙を敷き、アジの骨せんべいを盛り付けてできあがりです。お好みで塩を振ったり、ぽん酢しょう油につけて頂きます。水抜きし、じっくり揚げたアジの骨せんべいはサクサクで美味しいですよ~サクッと軽い食感で美味しく食べられます。鯵の刺身、つみれ汁など作った時にお試しください。



  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)


 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)











アジのアクアパッツアt50
アジのアクアパッツア

s-あじの南蛮漬け46
アジの南蛮漬け

アジの唐揚げ、南蛮21
小アジの唐揚げ










スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。