スポンサーリンク

大根の大葉炒め 、 大根の大葉風味きんぴら

大根の大葉炒め33

 人気ブログランキングへ



こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は大根の大葉炒めです。大根を5ミリ角の拍子木に切り、塩でもんで水出しし、キンピラのように炒め、削り節、しょう油、みりんで味を調えます。シャキシャキの大根に大葉の香りがとても良い一品です。

きょうの料理は大根のキンピラ的なものです。大根のキンピラは、料理屋さんでは大根の皮を使って作ることが多いです。何故に大根の皮を使うかというと、大根けん(つま)を作る時や、大根の煮物を作る時に皮を分厚くむくからです。大きい店では毎日、大根を2~3本使うので、結構な量がでます。キンピラだけでは使い切れないので、干して切り干し大根にしたりもします。こんな感じでお店では大根の皮を使って作ることが多いキンピラですが、お家で作る時は皮だけ大量に出ることも少ないでしょうから、皮、身、両方を使ってキンピラを作ります。今日のレシピでは豚肉でボリュームと旨味、削り節で旨味、大葉で香りを入れます。大根はそのまま使うと水が大量に出るので、予め水出ししてから作りますよ!

大根の大葉炒め 、 大根の大葉風味きんぴら

材料 4人分(副菜として)

豚こま肉 100g / 大根 450g / 大葉 6枚 / タカノツメ 1本 / 削り節 小パック2 / サラダ油 大さじ1 / 塩 小さじ4/5

A
しょう油、みりん 各大さじ1

作り方

1)大根は5ミリ角の角棒にきります。輪切りにした大根を縦方向に5ミリ幅に切り、それを5ミリ幅に切ることで、角棒みたいな形にします。

大根の大葉炒め01
大根の大葉炒め02
大根の大葉炒め03

これをボウルに入れ、塩小さじ4/5をかけて混ぜ、時々混ぜながら30分置いて水出ししましょう。水が出たら手でぎゅーっと水気を絞ります。

大根の大葉炒め04
大根の大葉炒め05


2)大葉は裏側を内側にして丸め、それを千切りにします。豚こま肉は小さく切っておきます。タカノツメはタネを取って、キッチンハサミで細かい小口切りにします。

大根の大葉炒め06
大根の大葉炒め07
大根の大葉炒め09
大根の大葉炒め08


3)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、豚こま肉を炒めます。豚こま肉の色が変わってきたら、水気を絞った大根とタカノツメを入れて混ぜながら炒めましょう。大根が透き通ってきたら削り節を加え、混ぜ合わせたAをかけます。水分を飛ばすようにフライパンを煽りながら炒め、水分が飛んだら火を消します。刻んだ大葉の2/3を加えて混ぜ、皿に盛り付けます。

大根の大葉炒め11
大根の大葉炒め12
大根の大葉炒め13
大根の大葉炒め14
大根の大葉炒め15
大根の大葉炒め16

残った大葉をちらしてできあがり。

大根の大葉炒め17

大根の大葉炒め28

大根の大葉炒め34

大根の大葉炒め、大根の大葉きんぴらの完成です! 大葉風味のシャキシャキ大根が美味しいですよ~大根がほんとにシャキシャキ!これは予め水分を出していたので、加熱する時に水分が出なかったので、短時間の加熱で出来上がったからです。そして、味付けのしょう油は少なめですが、大根に塩をふって水出ししたので、それが下味になっています。豚肉はボリュームを入れ、削り節は旨味を入れる、美味しい料理になりました。






大根皮鶏ひき肉キンピラ03
大根皮とひき肉のきんぴら

大根皮こんにゃくの金平22
大根皮とこんにゃくのきんぴら

大根皮金平34 大根皮のきんぴら



人気ブログランキングへ  

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。