スポンサーリンク

手羽元のガーリックマヨネーズ焼き 、 マヨネーズ効果で美味しく柔らかに

手羽元のガーリックマヨネーズ07

 人気ブログランキングへ



こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は手羽元のガーリックマヨネーズ焼きです。手羽元に塩コショウをし、おろしにんにくを混ぜたマヨネーズに漬け込んでから焼きます。マヨネーズの効果で手羽元が美味しく、柔らかく焼きあがります。

マヨネーズ焼き

マヨネーズには肉を柔らかくする効果があるそうで、以前から色々な肉で試していました。鶏もも肉鶏むね肉レバー砂肝、豚肉で試しましたが、たしかにお肉が柔らかくなります。手羽元でも効果があると思われますが、まだ試した事が無かったので実験的にやってみました。手羽元は鶏肉の中でもお安い部位で、焼いたのはお酒のつまみにもお弁当にも良いので、美味しくなったら嬉しいです。

手羽元のガーリックマヨネーズ23

手羽元のガーリックマヨネーズ焼き

材料 4人分

手羽元  12本(大きめのものを使いました。12本で750gありました)
キャベツ、トマト、キャベツ用ドレッシング 適宜
塩 小さじ1と1/3
黒こしょう 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/2
マヨネーズ 大さじ4

作り方

1)手羽元をボウルに入れ、塩と黒こしょうをふります。手でもんでなじませたら、マヨネーズ、おろしニンニクを加えて混ぜます(ここは菜箸ね)。

手羽元のガーリックマヨネーズ24

手羽元のガーリックマヨネーズ25

手羽元のガーリックマヨネーズ27

手羽元は冷蔵庫から出した直後は骨の温度が低く、そのまま焼くと骨の周囲に熱が入りにくいです。このまま室温で30分から1時間馴染ませ、骨の温度を上げてやります。


2)フライパンに1)の手羽元の皮のぶ厚い方(手羽元には表と裏があって、表のほうが皮が厚く、脂が多い)を下にして並べます。中火にかけ、ジューッと音がしてきたら弱火にします。フタをして10分焼きます。

手羽元のガーリックマヨネーズ16

手羽元のガーリックマヨネーズ17

10分弱火で焼いたらフタを外します。火力を中火と弱火の中間くらいにして焼き目をつけます。焼き目がついたら手羽元を少しづつ回し、全体に焼き目をつけましょう。焼き目がついたほうが香ばしくて美味しですからね。

手羽元のガーリックマヨネーズ18

手羽元のガーリックマヨネーズ20

手羽元のガーリックマヨネーズ22

全体的に焼き目がついたらできあがり。皿に盛り付けて頂きます。付け合せの野菜はお好みで。この時はキャベツとトマトがあったのでつけています。

手羽元のガーリックマヨネーズ11

手羽元のガーリックマヨネーズ12

手羽元のガーリックマヨネーズ15

手羽元のガーリックマヨネーズ焼きの完成です! マヨネーズを絡めて焼いた手羽元は・・・まずは肉の柔らかさですが、普通にサラダ油で焼いたのより柔らかく焼きあがりました。そして味はいけます。普通に塩コショウ、サラダ油で焼いたのより旨味があって美味しいです。柔らかさに関しては、手羽元には筋があるので、筋は固いままなんですが、肉の部分はあきらかに柔らかいです。そして、冷えてからも食べてみましたが、冷えても柔らかく、旨味は冷えてからのほうが多く感じました。意外にお弁当向きかも?サラダ油で焼いたのと比べて落ちるのは食感です。サラダ油でカリッと焼くと皮が美味しいですが、あのカリカリ感はマヨネーズ焼きでは出ません。マヨネーズに絡めて焼くのでカロリーが心配なとこですが、結構、長時間焼くので油分はフライパンに落ちると思われるので、普通に焼いたのとカロリーは殆ど変わらないでしょう。マヨネーズ焼きは美味しいので、是非、お試しください。





スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。