スポンサーリンク

落とし卵(ポーチドエッグ)の作り方 、 にら豚丼

ニラ豚丼落とし卵012

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
今日の料理は落とし卵、ポーチドエッグの作り方です。和書では落とし卵、洋食ではポーチドエッグと言いますが、同じような料理です。たっぷりの湯を沸かし、塩、酢を入れた後に生卵を落とし、形を整えながら固まらせたもので、ゆで卵や温泉卵より短い時間で作れるのがいいところ。但し、綺麗に作ろうと思うと、一度に1個しか作れないのが難点?とも言えますが、私流の作り方を紹介させて頂きます。

落とし卵、ポーチドエッグの作り方

1)直径20cm位、深めの鍋にたっぷりの湯を沸かします。ここでは雪平鍋を使っています。沸騰したら塩を入れます。塩の量は湯の1%位。お湯が1リットルなら小さじ2杯位です。この位の塩加減にすると固まりやすいです。これに酢を加えるのが普通の作り方なのですが、酢を入れると酢の香りが強いので、私は入れずに作ることが多いです。※塩や酢を湯に加えるのは、タンパク質の凝固作用を強くするためです。

ニラ豚丼落とし卵036


2)火力をとろ火に落とします。菜箸で湯を一方向にかき回し、渦を作ります。下の写真、渦ができてるのがわかるでしょうか?

ニラ豚丼落とし卵038

卵をボウルなどに割り入れ、鍋の渦の中心に静かに落とします。湯に入った卵は鍋の中心で固まり始めるはずです。

ニラ豚丼落とし卵041

ニラ豚丼落とし卵042

固まってきたら、鍋を少し傾けます。すると卵が鍋の下の箸に移動するので、鍋の端っこの形を利用して形を整えます。2~3分で卵黄トロトロの半熟落とし卵になります。これを穴あきお玉ですくって使います。

こんな感じで簡単に落とし卵を作れます。これを使ったのがこちらです。

ニラ豚丼落とし卵004

落とし卵のっけ、にら豚丼

にら豚はにらとキャベツ、豚肉を甘めのしょうゆ味で炒めたものです。これがご飯にとても良く合います。これを丼飯にかけ、音にs卵をのせればごちそう丼のできあがり!

材料 1人分
にら豚     1人分※
落とし卵   1個

※にら豚の作り方→にら豚の作り方、大分の庶民派グルメ

1)丼飯に温めたにら豚をかぶせます。その上に落とし卵をのっけましょう。にら豚の汁をかけたらできあがり。

ニラ豚丼落とし卵046

ニラ豚丼落とし卵047

落とし卵のっけ、にら豚丼の完成です!

ニラ豚丼落とし卵020

ニラ豚丼落とし卵031

卵黄トロトロの落とし卵を潰し、卵黄をまぶして頂きます! これが美味い!にら豚とご飯だけでも美味しいのですが、トロトロ卵黄が加わると旨さが増しますし、見た目の豪華さ、たまご1個分の栄養価も嬉しいところです。美味しさだけなら生の卵黄を落とせばいいのですが、それでは卵白がもったいないし、卵白のタンパク質がもったいなさすぎます。落とし卵や温泉卵にしてのっけるのがお薦めです。




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。