スポンサーリンク

豆腐と茄子の炒めカレー 、 豆腐でカサ増し、ご飯少なめで低糖質!

豆腐と茄子の炒めカレー017

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は忙しい時にさっと作れる、豆腐と茄子の炒めカレーです。木綿豆腐を食べやすく切ってフライパンで焼き、カレーの具材に使います。木綿豆腐1丁を使うのでカサ増しになり、ご飯少なめでも大盛りになります。普通の男性ですとカレーを食べる時、ご飯を250~300g位は食べると思います。ご飯300gはカレー店の普通盛りと同じ量です。木綿豆腐でかさ増しすることで、通常の半分くらいの御飯の量でも満足できるカレーになります。しかも炒めカレーだから煮込みは短時間。さっと作れるカレーです。

豆腐と茄子の炒めカレー 、 豆腐でカサ増し、ご飯少なめで低糖質!

材料2人分
豚こま肉    160g
木綿豆腐    1丁
茄子       2本(300g位)
玉ねぎ      1/2個
にんにく     1/2かけ
塩、こしょう   適宜
カレールー   2かけ(40g)
カレーパウダーもしくはガラムマサラ 小さじ1~お好みで
鶏がらスープの素 小さじ1
水         300ml
サラダ油     こさじ2

作り方
1)茄子はヘタを切り取り、ピーラーで皮を縞模様にむきましょう。下の写真のような感じです。これを1cm位の厚みに切って水晒しします。玉ねぎは薄く切り、にんにくはみじん切りです。木綿豆腐は存在感が出るよう大きめに切ります。カレールウは溶けやすくなるように、包丁で刻んでおきます。

豆腐と茄子の炒めカレー023

豆腐と茄子の炒めカレー024

豆腐と茄子の炒めカレー025

豆腐と茄子の炒めカレー035


2)切った木綿豆腐の水分をキッチンペーパーで吸い取ります。フッ素樹脂加工フライパンにサラダ油小さじ1を入れて中火にかけ、木綿豆腐を入れたら、軽く塩とこしょうをふります。木綿豆腐の両面に焼き目をつけたら取り出します。

豆腐と茄子の炒めカレー026

豆腐と茄子の炒めカレー027

豆腐と茄子の炒めカレー028


3)同じフライパンにサラダ油を入れ、フライパンの片方に豚こま肉、片方に玉ねぎを入れて炒めます。豚こま肉の色が変わってきたら、にんにく、茄子を入れて炒めます。さっと炒めて、にんにくの香りが出たら水、鶏がらスープの素を入れてフタをし、茄子が柔らかくなるまで7~8分、弱火で煮ます。

豆腐と茄子の炒めカレー029

豆腐と茄子の炒めカレー031

豆腐と茄子の炒めカレー032

豆腐と茄子の炒めカレー033

豆腐と茄子の炒めカレー034

茄子が柔らかくなったら火を消します。刻んだカレールウを入れて溶かし、溶けたら豆腐を入れて中火にかけます。

豆腐と茄子の炒めカレー036

豆腐と茄子の炒めカレー037

豆腐と茄子の炒めカレー038

沸騰したら弱火にし、2~3分煮込みます。

豆腐と茄子の炒めカレー040

お好みでカレーパウダーか、ガラムマサラを加えてできあがり。木綿豆腐がたっぷりはいっているので、何時もより少なめにご飯を盛り付け、カレーを掛けて頂きます。


豆腐と茄子の炒めカレー019

豆腐と茄子の炒めカレー020

豆腐と茄子の炒めカレー016

豆腐と茄子の炒めカレーの完成です! 味的には普通に作るカレーと同じような感じですが、茄子が味を吸っているので薄めの味付けでも美味しいです。豆腐はフライパンで焼く時に軽く塩コショウするのがコツ!そして、仕上げにカレーパウダー、もしくはガラムマサラをふってスパイシーにするとより美味しくなります。




関連動画







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。