スポンサーリンク

毛沢東風鶏むね肉の塩焼き 、 フライドエシャロットの使い方

毛沢東鶏むね肉046

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は毛沢東風鶏むね肉の塩焼きです。加熱しても固くならないように下処理した鶏むね肉をフライパンで焼き、スパイシーな辛味を入れたフライドエシャロットを山盛りかけます。ジューシーで柔らかな鶏むね肉塩焼きに、カリッとしたフライドエシャロットが食感と芳ばしい風味を入れてくれます。ビールがグイグイいける料理です。

毛沢東風

毛沢東風とは聞き慣れない名前ですが、孤独のグルメに登場した料理で、青山シャンウェイという中華料理屋さんの「毛沢東スペアリブ」が元ネタです。番組を見たところ、柔らかく煮込んだスペアリブを焼き、それにフライドエシャロットベースのふりかけと言うかトッピングを、山ほど盛り上げた料理でした。トッピングのふりかけはスパイスの他に干しエビが入り、中国のしょう油をふりかけ、中華鍋で乾煎りしたものと見受けました。孤独のグルメを観て、ああ、これはいいなあと思っていましたので、私は鶏むね肉と組み合わせた簡単レシピにしてみました。


毛沢東風鶏むね肉の塩焼き

材料2人分
鶏むね肉       1枚(300g)
フライドエシャロット 大さじ6
山椒粉、一味唐辛子、五香粉  適宜
刻みネギ        適宜
サラダ油        大さじ1/2

A
片栗粉      大さじ1
日本酒      大さじ1と1/2
塩         小さじ1/4
鶏がらスープの素 小さじ1
おろし生姜、おろしにんにく 各小さじ1/4

作り方

1)鶏むね肉は皮を取り、1㎝の厚みの一口大に切ります。切ったらまな板に並べてラップを被せ、瓶の底、もしくは麺棒等で両面をたたきます(下の画像では肉叩きを使っているので、ラップは被せていません)。肉の繊維が少し崩れるくらいに叩いていいです。これをポリ袋に入れてAを加え、口をとじて手でもみます。取り除いた皮は冷凍しておき、ある程度溜まったら鶏皮ぽん酢など作るといいです。レシピは→鶏皮のぴり辛ぽん酢

毛沢東鶏むね肉059

毛沢東鶏むね肉060

毛沢東鶏むね肉061

毛沢東鶏むね肉063

毛沢東鶏むね肉064

毛沢東鶏むね肉065


2)フライパンにサラダ油を入れ、中火と弱火の中間くらいの火にかけます。1)の鶏むね肉を広げて入れましょう。肉の細かくなった部分は手で一口大にまとめて入れるといいです。焼き目がついたら返し、反対側にも焼き目をつけます。両面に焼き目がついたらとろ火にし、4~5分、返しながら焼いて熱を通します。熱が通ったら皿に移します。

毛沢東鶏むね肉066

毛沢東鶏むね肉069

毛沢東鶏むね肉070

毛沢東鶏むね肉071

毛沢東鶏むね肉072


3)同じフライパンにフライドエシャロットを入れます。フライドエシャロットは台湾料理の食材で、赤ネギを油で香ばしく揚げたもの。カリッとした食感に香ばしさがあり、色々な料理のトッピングに使えて美味しいです。フライドエシャロットを入れたら、一味唐辛子を3~4振り、山椒粉または花椒を4~6振り(ここではハウスのミル付き山椒を使っています)、五香粉を2振りします。一味唐辛子はガツンとくる辛さ、山椒は痺れるような辛味と爽やかな風味、五香粉は中華料理独特の風味を入れてくれます。一味唐辛子と山椒、または花椒(中国山椒)は多めに入れても大丈夫ですが、五香粉は少量で効くので入れ過ぎに注意して下さい。調味料を振ったら、弱めの火で混ぜながら2~3分乾煎りして鶏むね肉にかけます。

毛沢東鶏むね肉073

毛沢東鶏むね肉074

毛沢東鶏むね肉075

毛沢東鶏むね肉001

毛沢東鶏むね肉003

毛沢東鶏むね肉004

毛沢東鶏むね肉017

刻みネギをちらしてできあがり。

毛沢東鶏むね肉025

毛沢東鶏むね肉034

毛沢東鶏むね肉049

毛沢東鶏むね肉046

毛沢東鶏むね肉045

毛沢東風鶏むね肉の塩焼きです。下処理して焼いた鶏むね肉は柔らかジューシーで、そのまま食べても美味しいですが、フライドエシャロットをたっぷりまぶして食べると食感が変わり、中華風のスパイシーな風味と辛味、痺れるような辛味が入ります。味付けが塩ベースなので、これはもうビールって味です。フライドエシャロットは中華の食材に力を入れているスーパー、もしくは業務用スーパーで手に入ります。使い方、保存法などは過去記事に書いてますので、そちらも読んでみて下さい。→過去記事





料理教室のお知らせです。

平成29年度 男性の家事参画促進講座
ひと味違う!男子ごはん(第1回)


日 時   2017年11月5日(日) 10時00分~13時00分(受付9時40分~)
■会 場 アバンセ3階 調理実習室(佐賀市天神3丁目2-11)
■講 師 筋肉料理人 藤吉 和男さん(料理ブロガー)
■対 象 男性(高校生以上)
■定 員 20名(先着順、定員になり次第締切)
■申 込 電話・FAX・Eメール・来館のいずれかでアバンセにお申込みください
参加決定次第ご案内を送付します
■一時保育(原則6か月以上就学前まで)を希望される方は、10月27日(金)までに別途お申込みください

昨年から担当させてもらっている男性料理講座が今年度も開催されます。初回は家庭で作りやすく、しかも美味しい!作れたらカッコいい!イタリアン料理です。アジのアクアパッツアを中心にサラダ、パスタ、スープを作ります。どのレシピも家庭サービス、ホームパーティに使いやすいレシピなので、マスターすればオトコが上がるはず!です。皆さんと一緒に楽しい料理教室にしましょう。

■詳しくは、こちらのちらし兼参加申込書(629KB; PDFファイル)をご覧ください








関連動画






スポンサーリンク

コメント

ニライ

カリカリ感、食べたい!
鳥胸肉の塩焼き、いや~、食材からいい感じですね。脂身がすくなく、カリカリ感がありそうな、もう、食をそそられまくりです。もう、ビールがぐいぐいという感じがイメージされます。レシピ、ありがとうございます!
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.