スポンサーリンク

スルメイカのイカそうめん風刺身、イカそうめんは角が命!

スルメイカのイカそうめん019

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~ 今日の料理はスルメイカのイカそうめん風刺身です。鮮度の良いスルメイカを捌いて刺身にしました。歯ごたえがよく、噛むほどに甘味が口の中に広がる美味しい刺身です。

スルメイカのイカそうめん039

上の画像が料理に使ったスルメイカです。スルメイカは日本で一番、食べられているイカで、本来は1杯100円前後で刺身用が買える、とてもありがたいイカです。ですが昨年から魚屋さんでスルメイカを見かけなくなり、たまに見かけたと思うとお値段が凄く高い・・・・何で?と思っていたら、北朝鮮の密漁漁船団が大量に獲ってるそうで、迷惑だなあと思っておりました。物が無いし、お値段高いので昨年後半から食べてませんでしたが、年を越してから200円位のを見かけるようになったので買ってきました。何で安くなったのかな~と思ったのですが、冬の日本海は波が荒いので、北朝鮮の小舟じゃ漁は無理?そんな理由なのでしょうか。色々、思いつつ買ってきたスルメイカは鮮度良しでした。

スルメイカのイカそうめん040

色が黒いもの、目が透明で澄んでるものがよろしいので、上の写真のスルメイカはかなりの鮮度良しです。このスルメイカを捌いて刺身にします。

スルメイカのさばき方、イカそうめんの切り方

スルメイカの捌き方は色々ありますが、私の得意なやり方で捌いていきます。

1)スルメイカの正面(目がついている方)を上、ゲソを手前にしてまな板に置きます。この状態で胴を縦に切り開きます。よく切れる刺身包丁を使い。切っ先を5ミリ位射し込んで切り開きます。ここには軟骨が入っているので、軟骨ごと切る感じになります。

スルメイカのイカそうめん041

スルメイカのイカそうめん042


2)切ったらゲソをつかんで持ち上げ、胴からゲソを取り外します。胴には内蔵、膜がついているので、手で取れる分は外しておきます。外したら流水でさっと洗います。

スルメイカのイカそうめん043

スルメイカのイカそうめん045


3)胴の裾を3ミリ位切ります。裾の端から皮をつまんでむきます。皮をむいてエンペラを引き剥がします。

スルメイカのイカそうめん046

スルメイカのイカそうめん047

スルメイカのイカそうめん048


4)皮をむいた身の両面をキッチンペーパーで強くこすり、薄皮をむきます。この時、身をよく見て、寄生虫がいないか確認します。

スルメイカのイカそうめん049

いました。下の写真に2匹映ってるのがわかるでしょうか?

スルメイカのイカそうめん050

拡大すると・・・下の写真の真ん中と右の方にいます。この寄生虫は人には害がない寄生虫ですが、キッチンペーパーで摘んで外します。

スルメイカのイカそうめん051

スルメイカのイカそうめん053

スルメイカのイカそうめん054


5)薄皮をむいたら刺身に切ります。包丁はよく切れる刺身包丁を使い、まな板は木のまな板が切りやすいです。木のまな板は使う前に水分を含ませ、清潔な布巾で拭いておきます。スルメイカの身を半分に切ります。

スルメイカのイカそうめん065

皮がついていた方を上にしてまな板に置き、手で押さえてイカの身をまな板に張り付かせます。

スルメイカのイカそうめん066

包丁を立てて構え、切っ先で切ります。包丁を瞬間的に手前に引き、2~3ミリ幅に切っていきます。

スルメイカのイカそうめん071

スルメイカのイカそうめん070


6)盛り付けです。切った刺身を包丁ですくい取ります。すくい取った刺身を折り曲げ、そのまま皿に盛り付けます(写真と動画を参考にご覧ください)。

スルメイカのイカそうめん073

スルメイカのイカそうめん074

スルメイカのイカそうめん076

スルメイカのイカそうめん074

スルメイカのイカそうめん076

スルメイカのイカそうめん078

わさび、もしくはおろし生姜を添えて出来上がりです。

スルメイカのイカそうめん016

スルメイカのイカそうめん010

スルメイカのイカそうめん風刺身の完成です!スルメイカは身の固いイカで、普通に切ったのでは固くて旨味を感じにくいです。イカそうめん風に極細に切ることで切り口が増え、口に入れた瞬間に旨味を感じます。そして薄いので噛みやすく、より旨味を感じやすいです。

スルメイカのイカそうめん037

このスルメイカは鮮度が良かったので刺身に角がしっかりつきました。上の写真をみてもらうとわかりますが、切り口に鋭角な角がついています。この角が鮮度の良さを表しています。


関連動画











スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ