スポンサーリンク

エスニック豆腐スープ

エスニック豆腐スープ033

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はエスニック豆腐スープです。アジアンテイストのスープと豆腐を合わせました。干しエビをだしに使い、具材に鶏肉と殻付きのエビも使います。殻付きエビは殻をむかずに火を入れ、取り出して殻をむいてから戻すことでスープ、エビ自体も美味しくなります。

アジアンテイストのスープと言えばトムヤンクン等がおなじみですね。すっぱ辛いトムヤンクン程じゃありませんが、このレシピでもライムの酸味と香りを活かしました。ナンプラー、干しエビで味付け、旨味入れをしているので、ライムの風味が魚介の臭みをおさえて爽やかに食べられます。

エスニック豆腐スープ

材料 4人分
鶏もも肉     80g(1/3枚)
殻付きエビ    8尾
豆腐        1/2丁
ブナシメジ     1/2株
にんにく      1/2かけ
ライム       1/2個
パクチーもしくはパセリ 適宜
干しエビ      4g
鶏がらスープの素 小さじ2
ナンプラー    小さじ2
バター       5g
塩、黒こしょう  適宜
一味唐辛子   お好みで
サラダ油     小さじ2

作り方
1)にんにくはみじん切りにします。ブナシメジは石突きを切取り、小房に分けます。豆腐は2cm角位に切っておきます。

エスニック豆腐スープ045

201709122027226db_20180223102636197.jpg

エスニック豆腐スープ044

2)殻付きエビは身を折り曲げ、節の間に竹串を刺し込み、背わたを引っ掛けて引き出します。

エスニック豆腐スープ047

エスニック豆腐スープ048

エスニック豆腐スープ049

エスニック豆腐スープ050


3)鶏もも肉はサイコロのように小さく切り、塩と黒こしょうを少しふって下味をつけます。

エスニック豆腐スープ043

4)鍋にサラダ油と鶏もも肉、にんにく、干しエビを入れて弱火にかけます。鶏もも肉の色が変わったら水600mlを入れて中火にかけ、煮立ったら殻付きエビを入れます。2分茹でたら殻付きエビを取り出して冷まします。エビを触れるようになったら、殻をむいておきます。

エスニック豆腐スープ053

エスニック豆腐スープ054

エスニック豆腐スープ056

エスニック豆腐スープ058

エスニック豆腐スープ059


5)一度沸騰させてアクをすくいます。鶏ガラスープ、ナンプラーを加え、お好みで一味唐辛子をふります。味見をし、足りなければ塩で調えます。ぶなしめじ、豆腐を入れ、豆腐が温まったら殻をむいたエビを戻し、隠し味にバターを入れます。ライムを絞り入れたらできあがりです。

エスニック豆腐スープ060

エスニック豆腐スープ061

エスニック豆腐スープ062

エスニック豆腐スープ063

エスニック豆腐スープ064

エスニック豆腐スープ065

エスニック豆腐スープ067

エスニック豆腐スープの完成です! スープを一口飲むと分厚い旨味に驚きます。鶏、干しエビ、殻付きエビ、ナンプラー、バター等の旨味が重なり合い、重層的な旨味を感じます。過剰とも言える旨味なんですが、ライムの酸味とほろ苦さ、爽やかな香り、そしてパクチーの独特の香りで飲みやすくなっており、飲んで美味しい~って味になっています。エスニック豆腐スープ、お薦めです。



関連動画







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

please do not reprint without my permiss

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ