スポンサーリンク

フライパンで簡単!殻付き牡蠣の蒸し方

殻付き牡蠣の蒸し方007

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は蒸し牡蠣、牡蠣の酒蒸しです。殻付きの牡蠣をフライパンを使って蒸す方法を紹介させて頂きます。

殻付き牡蠣の蒸し方033

牡蠣の旬は牡蠣の種類によって異なりまして、真牡蠣の旬は冬場から春、岩牡蠣の旬は夏場です。一般的には牡蠣と言えば真牡蠣のの事で、生牡蠣は11月から2月くらいまで、殻付きの真牡蠣(加熱用)は4月くらいまでって感じで、蒸し牡蠣や焼き牡蠣はこれから美味しくなると言われています。今回、料理するのは有明海、島原産の加熱用殻付き牡蠣です。有明海産の牡蠣は身が太っていて加熱しても縮みにくく、とても美味しいです。今月は月初めにJA佐賀さんの農業まつりで恵方巻きを作ってきまして、その時、産直売り場で有明海産の殻付き牡蠣を買ってきて、電子レンジで蒸して食べました。今回は電子レンジでなく、フライパンや鍋を使って作れる蒸し牡蠣の作り方を紹介させて頂きます。

用意するものは加熱用の殻付き牡蠣とフライパン、フタ、日本酒です。まずは日本酒1/4カップ(50ml)と水1/4カップをフライパンに入れます。フライパンは直径26cmのものを使っています。フライパンでなく底が広めの鍋でもいいし、土鍋でもいいです。鍋や土鍋を使う場合は日本酒、水の量を倍くらいに増やしたほうが良いでしょう。

殻付き牡蠣の蒸し方032

殻付き牡蠣の蒸し方034

牡蠣の殻の平らな方を上にしてフライパンに並べます。入りきれるだけ入れていいです。逆に少なくてもOK。フライパンのフタが閉まればOK。

※フライパンのフタはガラス製のものがお勧めです。ガラス製のものは気密性が高く、中がよく見えるので、加熱の具合を観察しやすいです。

殻付き牡蠣の蒸し方035

殻付き牡蠣の蒸し方036

フタをして強めの中火にかけます。

殻付き牡蠣の蒸し方039

沸騰してきました。

殻付き牡蠣の蒸し方041

ガラスフタなので中がよく見えます。幾つかの牡蠣の殻が開いてきたら火を消します。

殻付き牡蠣の蒸し方043

火を消して3分ほど余熱で熱を入れます。加熱用の牡蠣はノロウイルスが居る可能性があるので、牡蠣の中心の温度を85~90℃で90秒間以上保つ必要があります。牡蠣の殻が開いてきたということは十分に温度が上がっているということなので、念のため、フタをしたまま余熱で熱を入れて安全に食べられるようにします。余熱なら100℃より低い温度なので、加熱し過ぎによる身の縮みも少なくなります。ノロウイルスについての注意点は農林水産省のHPを御覧ください→ノロウイルス

殻付き牡蠣の蒸し方001

蒸しあがった牡蠣です。殆どの牡蠣の殻は開いていますが、開いていないのもあります。

殻付き牡蠣の蒸し方002

殻付き牡蠣の蒸し方005

開いていないのはテーブルナイフを射し込むか、ペンチで殻の端を割って開きます。

殻付き牡蠣の蒸し方014

殻付き牡蠣の蒸し方010

殻付き牡蠣の蒸し方017

殻付き牡蠣の蒸し方022

こちらが蒸しあがった有明海産(島原)の牡蠣です。見る人が見ればこの凄さをよくわかってもらえると思います。十分に加熱したのにこの身の大きさ!プリプリ感!まさに牡蠣の逸品です。濃厚な味で食感良く、食べごたえも抜群。海のスープを美味しくボリュームたっぷりに頬張れます。蒸した牡蠣はそのまま食べて美味しく、味に変化をつけたい時はレモンを絞ったり、ぽん酢しょう油をかけると良いですが、私的にお勧めはタバスコです。

殻付き牡蠣の蒸し方027

殻付き牡蠣の蒸し方025

殻付き牡蠣の蒸し方030

タバスコは生牡蠣を美味しく食べるために作られた調味料ですが、蒸し牡蠣にも合います。有明産の牡蠣は蒸しても身にボリュームがあり、強い旨味とあいまって味が濃すぎる、強すぎるほどなんです。タバスコをかけることで突き抜ける辛さと酸味がアクセントになり、とっても美味しい有明海産の牡蠣をより美味しく食べられると思います。有明海産の牡蠣は九州以外では手に入りにくいと思いますが、牡蠣好きの方なら食べる価値ありです。



関連動画








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ