スポンサーリンク

しっとり系焼豚チャーハン 、 筋肉料理人のまかない料理

しっとり系焼豚チャーハン020

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理はしっとり系焼豚ラーメンです。焼豚を使ったパラパラチャーハンを作り、そこに中華スープを加えて高温の蒸気でチャーハンを蒸し、しっとり系のチャーハンに仕上げます。柔らかい口当たりのしっとり系チャーハンはアツアツでとても美味しかったです。

チャーハンですが、今はパラパラ系が主流になっていますが、昔はしっとり系のチャーハンが多かったような気がします。しっとり系のチャーハンは具材にキャベツなどの野菜を多めに入れたり、レタスチャーハンにすると作れますが、今回は焼豚チャーハンをパラパラに作り、仕上げに中華スープを加え、フライパンの高熱でスープを蒸気にし、チャーハンを高熱の蒸気で蒸す方法で作ってみました。この方法は昔ながらのラーメン屋さんの焼飯で使われる事があるようです。まずは作り方動画をご覧ください。



しっとり系焼豚ラーメン

材料1人分

焼豚       60g
卵         1個
温かいご飯   200g
長ねぎ     茎を5~6cm、葉を5~6cm
中華調味料(ペースト) 小さじ1弱
熱湯       大さじ2
塩、黒こしょう  適宜
サラダ油     小さじ2

作り方
1)長ねぎは縦十字に切れ目を入れ、5ミリ位の幅に切ります(動画を観てね)。にんじんはみじん切り、焼豚は小さめのサイコロに切ります。卵は溶いておき、熱湯に中華調味料(ペースト、シャンタンや香味ペースト)を溶いて濃い中華スープにします。

しっとり系焼豚チャーハン003

しっとり系焼豚チャーハン001

しっとり系焼豚チャーハン002

しっとり系焼豚チャーハン007

しっとり系焼豚チャーハン005

しっとり系焼豚チャーハン008

チャーハンは炒めはじめると短時間で調理しないといけないので、食材、調味料は事前に用意しておきます。

2)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、すぐににんじんのみじん切りを入れます。混ぜながら炒めて熱を通し、少し柔らかくなったら卵液の3/4を入れます。さっとかき混ぜ半熟になったらご飯を入れます。強火にし、木べら、もしくはお玉でほぐしながら炒め、ざっとほぐれたら長ねぎの半分を入れ、ほぐしながら炒めます。

しっとり系焼豚チャーハン006

P3150005 (2)

P3150005_1 (2)

P3150005_3 (2)

P3150005_4 (2)

P3150005_5 (2)


3)ご飯がほぐれてきたら、残りの卵液の半分を回しかけ、ほぐしながら炒めます。その後、残りの卵液を入れてまたほぐしながら炒めます。※卵液を複数回に分けて追加することで、ご飯粒を卵でコーティングし、パラパラのチャーハンにします。

P3150005_6 (2)

P3150005_7 (2)

ご飯がほぐれてパラパラになったら、残りの長ねぎ、焼豚を入れて混ぜ、中華スープを加えます。※中華スープを加えるとフライパン熱で激しく沸騰し、熱い水蒸気が出ます。この水蒸気でチャーハンを蒸しながら炒めます。

水分が飛んだら味見をし、黒こしょうと塩で味を調えます。皿に盛り付けてできあがり。

しっとり系焼豚チャーハン026

しっとり系焼豚チャーハン024

しっとり系焼豚チャーハン027

しっとり系焼豚チャーハン035

しっとり系焼豚チャーハンの完成です! 中華スープの蒸気で蒸したチャーハンはしっとり、ふんわりしていて食感がいいです。パラパラ系のチャーハンはのご飯粒がコロコロした食感とは反対側にある食感かな?優しい食感です。そして蒸気で蒸すので熱いです。チャーハンってできたてでも、そんなに熱くないものですが、これはアツアツなのでフーフーと息を吹きかけて食べたくなります。このアツアツは寒い時食べるのに良いですね。今回、普通に炊いたご飯で作りましたが、固めに炊いたご飯で作ればもっと美味しくなったと思います。




関連動画












スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ