スポンサーリンク

マグロユッケ、ユッケたれの作り方、コチュジャンがあれば簡単!

まぐろユッケ005

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~今日の料理はマグロユッケです。マグロの刺身とアボカドを自家製ユッケ足れでユッケ風に料理します。

ユッケ、ユッケたれ

焼肉屋さんでお馴染みのユッケは、刺身用の牛肉を細く切ってユッケたれで和えたもの。漢字でかくと「肉膾」。膾の起源は古代の中国料理で、肉や魚を薄く細く切って調味したものらしい(日本のなますは野菜に変化)です。以前は割りと気軽に食べられたんですが、数年前にある居酒屋チェーン店で食中毒により死亡事故がおこり、生肉のユッケはとても高価なものとなってしまいました。そんならってことで、スーパーの鮮魚コーナーで売ってるマグロの刺身をユッケ風に調理しちゃいましょう。ユッケと言えばユッケたれをかけて作ります。ユッケたれはコチュジャンとしょう油ベースで簡単に作れるので、是非、自作してみて下さい。コチュジャンは韓国の甘味噌で、炒めもの等にも使えます。小瓶かチューブ入りを買うと便利。買ったら冷蔵保存しましょう。

まぐろユッケ028

上の画像はミナミマグロの赤身です。マグロはバチマグロでもキハダマグロでも何でもOKなんですが、脂がのった部分より赤身のほうがあっさり美味しいと思います。そしてマグロと相性のいいアボカドも一緒に盛り付けて増量しましょう。

まぐろユッケ030

アボカドはそのまま食べるとぼおっとした味ですが、わさびしょうゆで食べると味がしまって美味しい。マグロも当然、わさびしょうゆと相性が良いので、アボカドとマグロは相性が良いのです。

そのアボカドの選び方ですが、皮が青々したものはまだ熟してないので美味しくないです。皮が黒褐色になり、ヘタを触ると少し動く、もしくは外れるものがいいでしょう。下の画像はヘタが外れてるので、すでに完熟してると思われます。

まぐろユッケ033

ならば、ヘタが外れてるの変えば間違いない?と思うとそうでもなくて、熟しすぎて果肉が黒くなっているものがあるので難しいです。自信がない時は青果担当の店員さんに食べごろのを選んでもらうと良いでしょう。

マグロユッケ、ユッケたれの作り方、コチュジャンがあれば簡単!

材料 2人分
マグロの刺身用ブロック     120g
卵黄                  2個
アボカド                1個
長ねぎ                茎を5~6cm

A:ユッケたれ材料
コチュジャン、しょう油      各大さじ1 
酢、砂糖、ごま油         各大さじ1/2 
おろしにんにく           小さじ 1/4~ 
白いりごま             大さじ1

作り方
1)ユッケたれを作ります。長ねぎは粗目のみじん切りにしてAのユッケたれ材料と混ぜましょう。※長ねぎの茎に十字に切れ目を入れ、それを5ミリ位の幅に切るといいです。

レシピは作りやすい分量です。余ったら冷蔵しておき、焼肉や炒めものに使ってもいいです。

まぐろユッケ034

まぐろユッケ035

まぐろユッケ037


2)アボカドを切ります。アボカドは中心に種があるので、縦方向に種に当たるまで包丁で切り込みます。切れ目を入れたらひねると外れます。片方に種がついているので、包丁の刃元を刺してひねると取れます。

まぐろユッケ038

まぐろユッケ040

まぐろユッケ041

まぐろユッケ043

まぐろユッケ044

身をスプーンでくり抜きます。これを3ミリ位の幅に薄く切ります。切ったら皿2枚にドーナッツ状に盛ります。

まぐろユッケ045

まぐろユッケ046

まぐろユッケ050

まぐろユッケ052


3)マグロの刺身を切って盛ります。マグロの刺身用ブロックはパックからだし、キッチンペーパーで包んで水気を吸い取ります。水気を吸い取ったら刺身に切ります。ブロックの厚みのある方を向こうにしてまな板に置き、ブロックの右端から5ミリ位の幅に切ります。包丁の刃元から切先まで長く使い、引くように切って下さい。

マグロの刺身は通常、厚めに切るんですが、ここではアボカドと一緒に食べるので薄く切ります。

まぐろユッケ048

まぐろユッケ049

まぐろユッケ053

切った刺身を盛り付けます。アボカドの内側にすり鉢みたいに中央がくぼんだ形に盛ります。

まぐろユッケ055

ここに卵黄を落とし、お好みでユッケたれをかけて頂きます。

まぐろユッケ001

まぐろユッケ009

まぐろユッケ027

マグロユッケの完成です! マグロとアボカドをユッケタレ、卵黄に絡めて頂きます。ピリ辛、甘辛のユッケタレとマグロ、アボカドがよく合います。完熟したアボカドはとろりとして濃厚、赤身マグロのあっさりした食感と合わさって美味しいです。卵黄は全体の旨味をカサ増ししてくれます。ビールのつまみにバッチリだし、丼飯に海苔を敷き、上にマグロユッケをのっけ、多めにユッケタレをかけて食べるのも美味しいですよ。



関連動画









スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ